決断できない人が抱える不安に対処する3つの方法

決断するのが苦手、一歩を踏み出すのが難しい。そんなタイプの人はいませんか? 慎重さは大切なことですが、決断を下せないことに、自分自身で苛立ってしまっているようなら、改善する必要があるかもしれません。

  • やらない後悔は大きい
  • 3つの間違った考え方

やらない後悔は大きい

優柔不断で決断を下せないタイプの人は、リスクを取ることへの不安が大きい人が多いようです。ビジネスなどではリスクを取らないと、物事が進まないことが少なくありません。決断を避けているうちに商機を逃してしまったり、リスクに思いを巡らせている間に仕事を取られてしまったりといったこともあるでしょう。

もちろん無謀な行動がいいわけではありません。成功の可能性もほとんどなく、リスクしかないのに冷静さを欠いて突き進んでいくなど、ビジネスにおいて最も避けるべきでしょう。

ただし多くの人が死ぬ前に後悔して口にすることの一つが、「やっておけばよかった」だとホスピスの医師である小澤竹俊氏は指摘しています。よく言われることですが、やった後悔より、やらなかった後悔の方が大きいのです。

3つの間違った考え方

じつは不安から決断を下せないとき、間違った考え方のクセに影響を受けてしまうことがあります。リスクを大きく感じてしまうようなパターンに陥っているのです。
アリス・ボイズ博士は、このようなタイプの思考パターンを3つ指摘しています。順に説明していきましょう

①難しい部分に固執する
この仕事はとてもできないと感じたとき、仕事を分解してみるのもお勧めです。困難だと感じている仕事のほとんどは、それほど難しくないことを発見できるかもしれないからです。

人は難しいポイントに目を向けがちです。結果、全体を困難だと思い込んでしまう傾向があります。しかし物事を分解し本当に難しいところだけを切り出せれば、その解決法を誰かにたずねることもできるでしょう。

問題はこうした考え方の癖を知らず、自動的にリスクが大きくなってしまっている状態です。一歩を踏み出すかどうかを迷ったときは、本当のリスクが何なのかを捉えるためにも、作業ごとに分解してみましょう。

②サポートが得られないと考えがち
人は仲間からの拒絶に敏感です。それは仲間との協力が得られないことが死に直結する、古代からの人間の歴史と関係があるとアリス・ボイズ博士は指摘します。
結果、周りの人が拒絶する傾向を勝手に読み取り、助けてもらうのは申し訳ない、そもそも助けてくれるはずがないといった思い込みを作りだしてしまいがちです。

頼んでみたら意外にあっさりとサポートをしてくれたといった経験は、誰にでもあることでしょう。他人をサポートしたいという気持ちを持っている人は多いのに、そのお願いを口にする人が意外に少ないという現実もあるのです。

そこでサポートをお願いしたときの相手のメリットを考えてみましょう。拒絶されるかもしれない要素を探すのではなく、受け入れてもらえるポイントも探してみるのです。自分がサポートをお願いされたときに、プラスだと感じることなどを列挙してみるのもいいでしょう。

少しでもメリットがみつかったら、サポートの相談をしてみるのもいいでしょう。意外なほどあっさりと引き受けてくれるかもしれません。

③できない理由を思い描きすぎ
人はできない理由を並べがちです。しかし、よくよく考えてみると、「できない理由」の大半は、根拠のない不安だったりします。つまり実際に動き出したときには、ほとんど問題にならないものです。

もちろん、こうした心の警告によって、大きなリスクを回避できることはあるでしょう。ただ多くの場合、一歩を踏み出さないための言い訳になっています。

こうしたできない理由にとらわれてしまったときは、さまざまな問題に対処できる自分の力を思い出しましょう。さらに実際にどのように対処するのかを考えてみるといいでしょう。過度に不安を感じる必要がないと思えれば成功です。

一歩を踏み出せない不安を「打ち負かさなくちゃ!」と思っている人も少なくないでしょう。しかし不安を大きくする原因となる考え方のクセから不安に対処していくと、不安をコントロールすることができるようになります。ただただ決断を下せないままに時間を浪費しているなら、上記の3つの視点から問題を捉えしてみてはいかがでしょう。
新しい一歩を踏み出せるきっかけになるかもしれません。

仕事に役立つ心理学の知識に興味のある方は、こちらもご覧ください。

監修:日本産業カウンセラー協会

参考:「3 Anxiety-Based Thinking Mistakes I Still Constantly Make」(Alice Boyes Ph.D./Psychology Today)

関連記事

行動を起こすための6つのヒント 新年の目標を立てたのに、行動に移せないといったことに悩んでいる人もいるかもしれません。朝、走ると決めたのに、今日は気温が低いからと言い訳してやめてしまう。そんな人にお勧めの方法を紹介します。 行動するのが不安な人は要注意小さな行動をたくさん実行する5秒カウントダウンして動く宣言をする...
「人生の目的・目標」を見つけるための3つのテクニック... 「目的や目標が大切だ」とは、よく言われることです。しかし自分が本当にやりたいことを知っている人は、ほとんどいないでしょう。そこで人生の目的や目標を見つける方法をまとめてみました。 簡単には見つからない「人生の目的」子供時代を振り返る「やりたいことリスト」の作成エネルギーの流れを観察す...
職場の人間関係に効く3つの心理学的テクニック... 職場の悩みの多くは人間関係にあります。パワハラといった極端な事例でなくとも、気疲れしてしまうような人間関係は意外と多いもの。そうした問題を、なるべく簡単に解決する方法をまとめてみました。 職場の悩みのトップは人間関係いつでも笑顔で「ありがとう」を口癖に観察する 職場の悩みのトッ...
「人を動かしたい」ときに絶対に外せない相手の「価値観」と「ルール」... 人が思い通りに動いてくれないこと、ありますよね。どう説得しても反発をくらうだけ、あるいは心に届いてないなと感じるような反応が返ってくるだけ……。そんなときに試したい心理学的方法をまとめました。 確かめたいのは「価値観」と「ルール」自己開示が効果的なケースも立場を入れ替えてみる相手のニ...
本当にやりたいことを見つける3つのメソッド... 「やりたいことがわからない」と感じることはありませんか? 気が付けば、何もやりたいくなしほしくない、何も期待していないという状態は必ずしもいい状態ではないのかもしれません。そこで、今回は本当にほしいもの、やりたいことを見つける方法について考えてみました。 自分の選択に自信を持つために...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です