ネガティブな感情は続かない!仕事に臆病な人のための心理学

      ネガティブな感情は続かない!仕事に臆病な人のための心理学 はコメントを受け付けていません

「責任の大きい仕事をやってみたいけれど、失敗したらヘコんじゃうしな……」としり込みしているあなた。ヘコんでしまったら、どのくらいその感情を引きずると思いますか?人は早く立ち直れると証明した心理学実験を紹介します。

  • 人にはネガティブ感情から早く回復しようとする力が備わっている
  • ギルバートの不採用通知実験
  • 「正直ムリかも?」と思う仕事にも、積極的に飛び込んで!

人にはネガティブ感情から早く回復しようとする力が備わっている

嫌な出来事を体験したとき、私たちはショックを受けますが、心理学では、人にはそのショックを癒す力があらかじめ備わっているとされています。つまり、ネガティブな感情を体験しても、一定期間のうちに立ち直ることができるのです。

しかし、ネガティブ感情に対するこの免疫力を、人は過小評価する傾向があります。つまり、「嫌なことがあったら、自分はこのくらいの期間は立ち直れないだろうな」と考えていても、実際にはもっとずっと早く立ち直ることが可能だということです。

本当でしょうか。人は心のダメージからの回復力を的確に予測することができないと推論を立て、検討を行った実験について見てみましょう。

ギルバートの不採用通知実験

ハーバード大学の心理学者、ダニエル・ギルバート教授は、高額アルバイトの面接を装い、次のような実験を行いました。不採用通知を受け取る前の実験参加者に「もし面接を受けて不採用だったら、あなたはどのくらいがっかりすると思いますか?」「不採用通知を受けた10分後の気分は、どうなっていると思いますか?」と問います。そして、実際に不採用通知を受け取った後の気分と、10分後の気分について尋ねたのです。

すると、実験参加者の「気分の予測」はことごとく外れました。不採用通知をもらった直後でさえ、予測していたよりもずっと心のダメージは少なく、またその10分後には、ダメージを引きずっていると予測していたにもかかわらず、ほとんどの参加者がショックを感じなくなっていました。

このように、実際にショックを受ける度合いは小さく、また立ち直りも早いにもかかわらず、私たちはなぜ「失敗したらかなり落ち込んでしまうだろうな。引きずるだろうな」と考え、恐れてしまうのでしょうか。答えは出ていませんが、一つの可能性として、自己防衛システムが働いていると考えられます。

例えば、「失敗してもすぐに立ち直れる」とわかっていれば、「失敗しないように努力しよう」という気持ちが薄まってしまうでしょう。こうした楽観が続くと、致命的な失敗をおかしやすくなるかもしれません。「失敗したらかなり落ち込む」と思い込むことで、失敗を避けているといえるのです。実際には、そう大きなダメージを受けないにもかかわらず、です。

「正直ムリかも?」と思う仕事にも、積極的に飛び込んで!

「失敗を恐れるな」という言葉がありますが、本当に、失敗は恐れなくてもよいものなのかもしれません。実際に失敗しても、自分が恐れているほどのダメージを受けることはないためです。そう考えれば、度胸がなくてチャレンジすることができなかった仕事にも、取り組んでみようと思えるのではないでしょうか。

「いや、自分はけっこう引きずるタイプだけどな……」と思う人は、もしかしたら自分の心にブレーキをかけてしまっているのかも。本当は気分が回復傾向にあるにもかかわらず、「次の失敗」や「これ以上、心が傷つくこと」から身を守っていると考えられています。

自分が成長するために、困難な仕事にチャレンジしたいと考えたら、迷わず飛び込んで。成功しても、失敗しても、それが自身の経験であることには変わりありません。ステップアップのために、こうつぶやきましょう。「私は、私が思うよりも、ずっと打たれ強い!」

コミュニケーションや心理に興味のある方はこちらをご覧ください

参考:『社会心理学』(池田謙一ほか 著/有斐閣)

関連記事

がっかりしたときに読みたい!失望から立ち直る4つのポイント... 心の底からがっかりする体験は、誰にでもあるでしょう。失望を超えて絶望的な気分になることも……。そんなときに知っておきたい、失望から立ち直るためのポイントをまとめました。 失望後の衝動的な行動に注意失望を絶望に変えない4つのポイント 失望後の衝動的な行動に注意 がっかりして...
むなしさにも意味が!?心理学が教える対処法って?... なんだか「むなしいな」と思うことはありませんか?周りの人は輝いて見えるのに、自分はどうもイマイチ……。そんな日々が少し続いたときには、そのむなしさに対処した方がいいかもしれません。今日はむなしさへの対策法を紹介します。 むなしさは大切なサインだった人生を変えるのは行動の意味浸るのをや...
プレゼンで聞き手の心をつかむ3つの方法... プレゼンがどうもうまくいかないと思っている人は、意外に多いかもしれません。資料づくりは得意なのに、実際に話すとイマイチの反応しか返ってこない。だからといって練習を繰り返してもうまいくいかない。それは練習の方法が悪いのかも! プレゼンの練習が失敗の原因に①聞き手に心を開く練習を②聞き手...
ミスを生む「朝から憂鬱」を解消!快適な朝を迎えるための5つのコツ... 起きた時に、何だか憂鬱だと感じることもあるでしょう。しかし最近の研究によれば、そうした感情が仕事の効率を悪化させてしまうのだそうです。そこで気持ちのよい朝を迎えるための方法を紹介します。 ワーキングメモリへの悪影響寝る前と起きた後に ワーキングメモリへの悪影響 ペンシルベ...
断られてもヘコまない ピンチをチャンスに変える交渉術... 通常、交渉事は相手に否定されないように話を進めるものです。むしろ断りにくいように先回りして、やや無理にでも承諾するような交渉をする人もいるかもしれません。しかし交渉は「ノー」からスタートするといった説もあるようです。 「ノー」が交渉の始まり!?「拒絶」にめげずに進む説得のポイントは「...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。