【産業カウンセラーとは】働く人たちが抱える問題を自ら解決できるよう、心理的な手法を用いて支援します!

「産業カウンセラー」とは産業現場を中心に活躍し、働く人たちが抱える問題を自ら解決できるよう、心理的な手法を用いて支援するカウンセラーです。

「働く人の心ラボ」を運営する一般社団法人日本産業カウンセラー協会は、1960年の創立以来60年、「働く人と組織を支えるための活動」を続けています。
1971 年に始まった「産業カウンセラー」試験から現在まで、約70,000人の産業カウンセラーが誕生しており、カウンセラー養成にも長い歴史と実績があります。産業カウンセラーの呼称を使用して活動できるのは、当協会の資格試験に合格し、資格登録会員となられた方のみです。

産業カウンセラーの3つの活動領域

1.メンタルヘルス対策への支援

いま、雇用状況は相変わらず厳しく、多くの人の心の健康が脅かされています。個人および組織を対象としたメンタルヘルス対策への支援は緊急課題です。メンタル不調の予防から危機介入、職場復帰への支援、ストレスチェック後のフォローなど産業カウンセラーの受け持つ領域は幅広くなり、産業カウンセラー協会は、働く人々のために研修やカウンセリング(面談・電話)を行っています。

2.キャリア形成への支援

社会の大きな変化とともに働く人々の意識や働き方は多様化しています。人生の節目毎の悩み相談をはじめとして、現実に仕事を選択するための相談や研修など個人のキャリア形成への支援の必要性が大きく広がっています。 産業カウンセラー協会は、働く人々のキャリア教育およびキャリア・カウンセリングなどを行うとともに、キャリア形成の支援を担うキャリアコンサルタントの養成にも力を入れています。

3.職場における人間関係開発・職場環境改善への支援

働きがいのある職場や、働きやすい職場をつくるためには、個人のコミュニケーション力等個の成長の促進だけではなく、職場環境を改善していくことも必須の要素です。産業カウンセラーは人と組織と協働し、グループファシリテーション能力の開発などの研修に加え、組織診断による職場環境改善の提案などを行っています。

ストレスチェック制度における産業カウンセラーの役割※

1.社内のストレスチェック制度の構築をサポート

2.高ストレス者の選定における補足的面談

3.労働者からの相談対応

4.集団分析結果に基づく職場改善にかかわる助言

※厚生労働省「心理的な負担の程度を把握するための検査及び面接指導の実施並びに面接指導結果に基づき事業者が講ずべき措置に関する指針」にも産業カウンセラーの役割が明記されています。

産業カウンセラー養成講座とは

一般社団法人日本産業カウンセラー協会の「産業カウンセラー養成講座」は、カウンセリングの基礎である「傾聴」の態度・技法と、支援活動に必要な知識を学べる講座です。カウンセリング教育60年の実績を持つ独自プログラムにより、理論だけでなく、「現場で活かす」チカラを身につけることができます。

産業カウンセラー養成講座の特徴

●その1
すべての人の支援に必須「傾聴力」の習得
104時間に及ぶ面接の体験学習では、カウンセラー役・相談者役・観察者を体験します。相談者が自分の感情や思いを理解し、自ら決断し、行動できるように支援するための態度とスキルを実践的に習得します。

その2
実用性の高い「心理学・メンタルヘルスの専門知識」
45時間相当のe-Learningによる理論学習と2日間のライブ理論講義で、メンタルヘルスや産業組織心理学、労働関係法など、個人だけでなく組織の支援に活用でき、現場で役立つ専門知識を学ぶことができます。

●その3
人間関係・職場環境改善に活かせる「調整力」の習得
面接の体験学習では、グループワークや事例検討など、カウンセリングスキルだけでなく、コミュニケーション力を磨くカリキュラムが多数用意されています。仲間とのディスカッションを通じて「調整力」が身についていきます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です