「もったいない」にご用心!サンクコスト効果が会社とも個人を破滅に導く

ダイエットをしているのに、料理が余ると「もったいない」と食べてしまう人はいませんか?うなずいた方はサンクコスト効果の影響を目の当たりにしています。ときに会社も個人も破滅に導く、サンクコスト効果について解説します。

  1. 時間や費用をかけている物事を途中でやめられる?
  2. サンクコスト効果がコンコルド効果ともいわれる理由
  3. 損切りできない経営者にはご用心!
  4. 第三者の冷静な意見に耳を傾けよう

どんな物事でも、時間や費用をかければ、自分にとって価値あるものと感じるでしょう。しかし、まさにその物事が、これからの自分にとって「お荷物」にしかならないとしたら、どうしますか。バッサリと切り捨てることができるでしょうか?

時間や費用をかけた出来事を、「せっかくだから」「もったいないから」と感じてやめられなくなってしまうことを、サンクコスト(埋没費用)効果といいます。今までに払ったコストをムダにすることが惜しくなり、結局は損失が大きくなってしまうのです。

身につける機会のない高価なブランド品はなかなか捨てられませんが、そのぶん空間コストを何年にもわたって失っていることになります。たった今「あと60分待ち」と言われたのに「もう20分も並んだのだし」とそのまま行列に並べば、合計80分の時間的コストを失います。それでもやはり、人は自分が今まで払ったコストを棒に振ることができない傾向があります。

サンクコスト効果がコンコルド効果ともいわれる理由

サンクコスト効果は、コンコルド効果とも呼ばれています。イギリスとフランスが共同で開発を進めた旅客機「コンコルド」にちなんで名づけられたものです。1962年に開発がはじめられたコンコルドは、常識を超える高性能が画期的で、開発当初は世界各国から注文が集まりました。

しかし、開発が始まると、さまざまな問題が露呈してきました。コンコルドは燃費が非常に悪く、通常よりも長い滑走路を別に用意する必要があり、他の旅客機に影響を与えないよう航路を別に用意しなければならないことが分かったのです。そして、価格は膨れ上がりました。

これらのことが判明してからコンコルドはキャンセルが続き、ついには開発予算の回収すら不可能な状態まで追い込まれました。つまり、大赤字です。しかしプロジェクトは進み、しまいには数兆円の赤字を抱えた旅客機が誕生してしまったのです。

コンコルドの開発が進んでしまった背景には、「ここで開発をやめたら、今までの労力がすべて無になる」というプロジェクトチームの意識が働いたといいます。やめなければ、今までのコストよりもはるかに膨大な時間的、費用的コストを払うことになるのに、チームは退くことができませんでした。

損切りできない経営者にはご用心!

経営者がサンクコスト効果に陥りやすい性格をしていると、会社がだんだん傾いてくる恐れがあります。「この事業には今までこれだけの投資をしてきたのだから、多少不振でも続けよう」などという口癖のある経営者には注意が必要です。投資を続ける理由が「そのうち上向きになる根拠があるから」ならいいのですが、「もったいないから」では、完全に過去のコストに引きずられています。

事業を進めるにあたっては、埋没費用には思い切って目をつむり、これからの利益を考えなければなりません。なかなか損切りできない経営者についていくと、破滅は目に見えています。社長の言動に目を配りつつ、自分も今までの苦労を無にするのは「もったいない」という意識に縛りつけられていないか、常に思考を巡らせましょう。

第三者の冷静な意見に耳を傾けよう

自分がサンクコストに惑わされていないか確かめるには、第三者に意見を求めるのが最も有効です。実際に時間的、費用的コストを払っていない人のほうが、状況について冷静に判断できるからです。このとき、どんな厳しい意見を言われたとしても、「これまでの努力を知らないくせに」などとムッとしてはいけません。そう思うこと自体が、サンクコスト思考に陥ってしまっていることの証拠になってしまいますよ。

参考:『手にとるように社会心理学がわかる本』内藤誼人、かんき出版

関連記事

「何だか面白くない」と感じている人に!喜びのある生活を取り戻す5つのメソッド... 声を大にして言いたいわけではないけれど、「何だか面白くないな……」と思っている人は少なくないでしょう。あるいは幸福だけど、心が震えないと思っている人に教えたい5つのメソッドを紹介しましょう。 幸福よりも喜びがほしい?5つのメソッドで喜びを取り戻す 幸福よりも喜びがほしい? ...
ビジネスの現場でも注目されている「無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)」!... 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長だった森喜朗氏の女性蔑視発言の騒動を受けて、無意識の偏見に警鐘を鳴らす記事も出ていました。そこで無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)について調べてみました。 「それって常識でしょう」は危険自分の偏見は気づきにくい自分から直したと思わせ...
不安や現実逃避から抜け出すための重要な方法... 何となく不安を感じて、いろいろなことが億劫になってしまっている人もいることでしょう。そんな不快な気分を取り除きたいと思っていませんか?それは逆効果かも!?不安に悩まないための重要な方法をお伝えします。 不安が強いと現実逃避に気分に注目すると不安が高まる願望に注目する 不安が強い...
自分の気持ちを無視しないための3つのメソッド... 自分の感情に鈍感になっていませんか?大人になれば怒りや悲しみは抑えるものだと思い込んでいる節があります。しかし自分の感情を無視することで、大きな問題を引き起こしてしまうこと……。「最近、何だか無感情になってきたかも」と感じたら要注意です! ツライ気持ちは何かの警告長年、自分の気持ちを...
「苦手な人」が気にならなくなる心理テクニック... どうにも気に食わないという人はいるものです。では、どうして嫌いだと感じてしまうのでしょうか?人を嫌いになる心理を逆手にとって、「嫌い」を「気にならない」に変えるテクニックを紹介しましょう。 二択から三択に長所に注目してみる「嫌い」なのは自分と似てるから? 二択から三択に ...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です