赤色が持つ6つの効果とは

赤色の効果を知っていますか?

よく勝負服などに使われる赤色。自然界でも特別の効果を持つ色として知られています。その心理的効果について、まとめてみました。

  1. 赤色のリングで鳥の生存率と繁殖率がアップ
  2. 赤と緑の組み合わせは食欲増進の鉄板
  3. トランプ大統領も赤色のパワーを活用

赤色のリングで鳥の生存率と繁殖率がアップ

赤色が闘争本能を刺激する色だということはよく知れています。例えば、縄張り争いの激しい魚ベタは、赤い方が強い個体として認識されます。

もっと興味深いのは鳥を使った実験です。『意識的な行動の無意識的な理由』(越智啓太 著/創元社)によれば、足首に黄緑の輪を付けた鳥と赤い輪を付けた鳥では、赤い輪を付けた方が生存率も繁殖率も高いという研究結果があります。

人間でいえば、赤の色のアンクレットを着けただけでモテたし、ケンカにも強かったという話もあるので、自然界における赤色の効果は絶大といえるでしょう。

実際、赤色は次の6つの効果があると言われています。

1.アドレナリンを分泌して興奮を促す

2.ポジティブな気持ちにさせる

3.食欲を刺激する

4.目を引く

5.温かさを感じる

6.時間経過を早く感じさせる

1の効果に関連して、色によって変化する筋肉の緊張度合いを計測するという実験があります。「ライト・トーナス値」と言われているものですが、赤色は橙色を抑えてダントツの緊張状態を作ることがわかっています。ベージュや青が通常の状態と変わらない弛緩状態なのに、赤色だけは20ポイント近く数字が跳ね上がっているのです。

この赤色の効果は、スポーツの結果にも影響を与えているだろうという実験結果もあります。

ダラム大学のラッセル・ヒルは、2004年のアテネオリンピックの格闘技の勝敗を分析。赤色のウェアを着た選手の方が5%ほど勝率が高いことを発見しています。

確かに同じぐらいの実力であれば、闘争本能が引き出され、筋肉も緊張状態にある赤色のウェアの方が勝率が高くなるのも頷けそうです。

赤と緑の組み合わせは食欲増進の鉄板

食欲を刺激する色であることも、覚えておきたい情報です。真っ赤なトマトやマグロの赤身などは、食欲が自然にわき出す色なのです。食欲が落ちたときなどは、赤色の食材を使うとより食べやすくなるでしょう。

ちなみに赤から最も遠い色である補色の緑を付け合わせに使えば、赤はより引き立つようになります。

逆に食欲を減退する色として知られているのが青色です。

その物珍しさから青色のラーメンが話題になったことがありましたが、写真などで見ても食欲がわく感じがするでしょうか?

トランプ大統領も赤色のパワーを活用

注目を集める、ポジティブな気持ちになるといった効果もあるため、赤を勝負服にする人も少なくありません。さすがに男性で赤のスーツを着る人は少ないですが、トランプ大統領をはじめとする米国の歴代大統領も赤いネクタイを好んで付けています。

パワーや熱を感じさせる色だけに、米国という大国のパワーを一身に背負う大統領という役職にはピッタリとマッチするのかもしれません。

実際、ここ一番は赤色のパワーを借りて勝負するというのは、赤色が持つ生理学的な効果を考えても有効といえるのでしょう。

ただし攻撃的すぎる色だけに、ときに鼻についてしまう場合もあるようです。じつはトランプ大統領でさえ、赤色だけではなく、「知的や誠実さ」を示す青色のネクタイを締める機会が増えてきているのです。

エネルギーを見せつける単純な力学では、政治を乗り切れないと思っているのかもしれません。

とはいえ、赤色が生物にとって特別な色であることは間違いありません。ここ一番のアイテムとして活用してみる価値がありそうです。

参考:『意識的な行動の無意識的な理由』(越智啓太 著/創元社)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です