「推し」をつくって幸せになる! 

「推し」という言葉を知っていますか?NHKの「あさイチ」でも紹介され、最近、にわかに注目が集まっています。じつは心理学的に見ても、「推し」のいる生活は幸福感が強くなるようなのです。

  • 老若男女問わず広がる「推し」
  • カップルや親子で楽しむアイドルライブ
  • 3つの欲求から「推し」の幸福感を考える

老若男女問わず広がる「推し」

「推し」とは、「人にすすめたいほど気に入っている人や物」(デジタル大辞泉)という意味です。もともとはアイドルなどの「一推しのメンバー」が短くなり「推しメン」に。それがさらに短くなって「推し」になったと言われています。

じつはアイドルなどの熱狂的なファンである「オタク」の用語として「推し」が使われていたときは、かなり激しい熱狂を指す言葉だったようです。しかし現在は、もう少しライトな「推し」を多くの人が持つ傾向にあるようです。

NHKの番組「あさイチ」で、「あなたの“推し”を教えて!」というアンケートを実施したところ、番組史上最高4万4,690件もの回答が届いたそうです。「推し」の対象も、アイドル・アーティスト・俳優・芸人・スポーツ選手・アニメやゲームのキャラクターなど多様でした。

カップルや親子で楽しむアイドルライブ

では、どうして「推し」がここまで広まったのでしょうか?

じつは「推し」が生まれたアイドルの世界でも、環境がかなり変わってきたという指摘があります。

もともとアイドルはマスメディアを通してファンになるものでしたが、AKB48が秋葉原に劇場を持ち「『会いにいける』アイドル」として売り出しました。より身近な存在になったのです。さらに近年、インスタグラムやツイッター、SHOWROOMなどでプライベートのアイドルの生活が見られるだけではなく、動画配信などを通してチャットなどでコミュニケーションを取ることができるようになりました。

こうしてアイドルへのアクセスが増える中で、男性だけではなく、女性もアイドルのファンとなり、最近ではカップルでアイドルのライブに一緒に行くといった行動も珍しくなくなったのです。

また、ジャニーズ事務所に代表されるようにアイドルの「寿命」も長くなり、母と娘の二代で同じアイドルのコンサートに行くといった行動も広がっています。

つまり現在は年齢や性別に関係なく「推し」を楽しむ環境が整ったといえそうです。

さらに時代は「モノ消費」から「コト消費へ」へと変わったと言われるように、消費者が経験にお金を支払うようになり、ライブや動画配信などの「投げ銭」、応援としてのグッズ購入などが、より時代のニーズに合ってきたともいえるでしょう。

3つの欲求から「推し」の幸福感を考える

NHK番組「あさイチ」のアンケート調査では、「推しがいてよかったコト ベスト3」は次のようになっています。

1.「推し」に出会って考え方がポジティブになった
2.かけがえのない「推し仲間」に出会えた!
3.家族との関係性がよくなった!

どれも幸せに直結するようなアンケート結果ですね!
このアンケート結果を少し心理学的に分析してみましょう。

じつは人が幸福感を高めるためには、次の3つの要求が満たされればいいことがわかっています。

①関係性欲求:周囲の人との良い関係でありたい
②有能性欲求:有能な人間でありたい
③自律性欲求:自分の行動を自分で決定したい

「あさイチ」のアンケート結果の2・3は、①関係性欲求の関係性欲求に関連することだとわかります。また2の「かけがえのない推し仲間に出会えた!」というのは、自分と共通点のある人に親近感を抱く「類似性の法則」にも合致しており、一般的な出会いよりも親近感が湧きやすい状況が「推し」でつくられたといえそうです。

さらに他人のためにお金を使うときには、上記の①~③すべてが働くとされています。
「推し」を応援するためにグッズを買うことは、「推し」との関係性がよくなるのはもちろん、他人に有能さを示すことにもなるので、自分がほしい商品を買うより幸福感を高める可能性が高いのです。また自分でグッズ購入を決定しているので、③の自律的要求も満たすことができます。

もちろん「推し」に力を入れすぎて、お金を使いすぎたり、家族との関係が微妙になるなどには注意する必要があります。しかし適度な「推し」のいる生活は幸福感を高め、生活を豊かにする効果がありそうです。

心理学の自身の生活をよりよくしたいと思った方は、こちらもご覧ください。

参考:「ファンにみる現代人の心理自分自身を大切にしてあげたいという想い」(松井豊)/「他人のためにお金を使う方が幸せになる」(心理学ミュージアム/日本心理学会)/「アイドル・エンタテイメント概説(3)」(植田康孝)

関連記事

幸福になる方法を行動科学から解説!... 何だか毎日楽しくない……。そんな気分になることありますよね。理由はいろいろでしょう。恋人がいない、仕事がうまくいかない、ちょっと太ったなどなど。でも、原因は本当にそこにありますか?行動科学の観点から解説します。 行動が感情にどう影響するのかに注意を向けるポイントは「快楽」と「やりがい...
成功のカギとなるハッピーな気分になる4つのテクニック... 仕事で成功するコツは、さまざまなビジネス書で紹介されています。しかし心理学は意外なところに成功の秘訣を見つけていました。今日はちょっと面白い成功の秘訣と、その対策を紹介しましょう。 成功は幸福な気持ちについてくる太陽を浴びる経験にお金を使う友達の近所に住む笑う 成功は幸福な気持...
いつも幸福でいるための4つの質問とは?... 人はおいしい食事を食べれば幸福ですし、恋人と一緒にいるときも幸福感を味わうでしょう。ただ問題は24時間すべてを、食事や恋人に費やすわけにはいかなということです。では、持続的な幸福はどうすれば手に入るのでしょうか? 最新の研究を紹介します。 幸福のポイントを刺激して人生を豊かに誇りと自...
心理実験が教える簡単に生産性をアップする方法... 仕事をしていると、生産性の向上を求められることも少なくありません。しかし、これまでも怠けてきたわけでもないのに、「生産性アップと急に言われても……」と思ってしまうことも。そんな人にお勧めしたい方法を紹介しましょう。 生産性アップのポイントは「楽しさ」楽しい気持ちで仕事するための3つの...
落ち込んでいるときに試したい、ハッピーになれる4つの行動習慣... 何となく気分が落ち込むときは、誰にでもあるものです。たいした理由がないときもあれば、小さな負荷が重なって精神的にまいってしまうこともあるでしょう。そんなときに試したい、少しハッピーになれる行動をまとめてみました。 科学的に解明されている幸福度の高め方自分のポジティブな面をあげていくい...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。