「攻撃的な人」の心理を理解し変えていく方法

敵対心むき出しの攻撃的な人とつき合いたいと思う人は、あまりいないでしょう。では、そんな損な性格を改善しない理由は何なのでしょうか? 攻撃的な人が性格を変えない理由と、その対処法についてまとめます。

2割以上がもっと攻撃的になりたい!?

すぐ怒り、攻撃してくるタイプを好きな人は少ないでしょう。このようなタイプは人付き合いが制限されるわけですから、実生活でのマイナスの影響も少なくないはずです。しかし攻撃的なタイプの人は一定数います。これはどうしてでしょうか?

米国のジョージア州の研究チームは、攻撃的な人を集めてアンケート調査したところ、多く人はもっと幸せになりたいと感じながらも攻撃的な姿勢を変えたいと思っている人の割合は、わずか15%でした。それどころか、もっと攻撃になりたいという人が23%もいたというのです。

じつは攻撃的な性格には、それなりの「利益」があるようなのです。そして攻撃的な性格を直させたいなら、その「利益」を得られないようにする必要があるというのです。

嫌な上司だと稼げる!?

ビジネスの現場では、人に優しいことが常に推奨されるわけではありません。特に厳しい上司の方が利益をあげやすいといった意識が、一部の組織にはあるようです。実際、ハーバードビジネスレビューに次のようなコメントが掲載されています。

「経営幹部クラスの上司に、力を発揮するために嫌なやつになれ、意地悪な人間になれと言われました。自分たちを真似ろ、とまで言われたのです」

タダ乗りさせない制裁

組織が攻撃的になるケースを、脳科学者の中野信子さんは「サンクション(制裁行動)」から説明しています。『ヒトは「いじめ」をやめられない』によれば、集団に属していることで得られる利益にただ乗りしている人を制裁して、集団から放り出すのだそうです。

例えば、全く働かないのにチームに所属しているだけで高いボーナスをもらい続けている人がいれば、チームのほかのメンバーは腹を立てるし、サボっている人を辞めさせようともするでしょう。逆にサボる人を容認していると、「それなら私も」と同じようにサボる人が出てしまいます。その意味では、攻撃的な排除は、組織にとっても利益があるともいえます。

ここでも攻撃性が、プラスに評価される可能性が出てきてしまうのです。

敵が巨大だと攻撃的に

Young woman in red jacket screaming in megaphone

また、高知工科大学の三船恒裕教授の研究からも、攻撃的な行動が利益をもたらす可能性を考えることができます。

三船教授は、集団での協力関係は「いつかいいことが返ってくる」という意識が生み出している一方で、集団での攻撃は、弱い集団が強い相手集団の攻撃を止めようとするときに発動されやすいと報告しています。

これは実際の状況を考えるとわかりやすいでしょう。

例えばライバル会社としのぎを削っている場合、自分たちの会社の体力が弱いときほど、相手の攻撃の気配があれば全力で相手に攻撃をしかけてしまうのです。確かに自分たちをひねり潰せるような相手の攻撃があれば、全力で対抗しなくてはと思ってしまのものでしょう。

つまり攻撃力が弱い自分が、攻撃される懸念があるときは、攻撃的な行動をとることが役立つといったことがあるようなのです。

バカにされたと思い込み

心理学研究者である榎本博明氏は、普段は礼儀正しく対応しているのに、自分が気に入らないことがあると、いきなりキレる中高年の心のあり方を、次のように分析しています。

「職場でお荷物扱いされ、家庭では軽んじられて居場所がない中高年男性は増えている。彼らは自信がないから他人の視線が気になって被害者意識が強まり、ちょっとしたことで自分がバカにされたと思い激高する」(『日本経済新聞』2011年11月30日)

こうした怒りによって、ますます周りの人から軽んじられ結果となるかもしれません。しかし少なくとも一時は、自分の怒りに相手が慄いて対応してくれるといった結果をもたらします。そうした対応は、バカにされていると思い込んでいた中高年にとっては、悪くない気分かもしれません。

攻撃以外の方法で「利益」を得る

ここまで攻撃的な人が、どんな利益を得るのかを書いてきました。もう一度まとめてみましょう。

・企業が利益をだすための攻撃性
・内部の人をフリーライドさせないための攻撃性
・攻撃力が低い組織が他から潰されないようにするための攻撃性
・バカにされないための攻撃性

サチューセッツ大学アマースト校のスーザン・クラウス・ウィットボーン教授によれば、攻撃的な人の性格を変えたいなら、攻撃的な態度で得られる「利益」が違う方法で得られることを教えるといいそうです。

例えば企業が利益を出したいなら、個人を攻撃するより意欲的に働ける風通しの良い環境が大切であるとか、相手からの攻撃が怖いなら相手ともっとコミュニケーションを取り、自分たちの優位性を磨くべきだとかといったことです。攻撃を止めさせるためには、例えば録音をするといった「反撃」が必要な場面もあるかもしれません。ただ、それだけではなく攻撃以外の問題の解決方法を教えるといったことも大切なのです。

今日は攻撃的な人の心理についてまとめました。身近に攻撃的な人がいるなら、どうしてなのかを考えてみるのもいいかもしれませんね。

人の心のしくみについて興味のある方は、こちらもご覧ください。

監修:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会

関連記事

攻撃的な人に振り回されない考え方 職場で不機嫌さを顔に出したり、声を荒げたりという攻撃的な人はけっこういるものです。ただ、それに振り回されてしまうのかどうかは、個人の物事のとらえ方も深くかかわっています。そこで攻撃的な人からダメージを受けないための考え方を解説していきましょう。 事実と解釈の違い全か無で考える一般化の...
言い方がきつくなってしまう人の心理と解決のための3ステップ... 言い方がきつくなってしまったと後悔することはありませんか? ついつい自分の意見は間違っていないんだからと正論を吐いてしまい場の雰囲気を壊してしまって後悔したりすることも。正しいことを言っているのに、言い方がきついので周囲に煙たがられるといったことも起きてしまうかも。そんな人に向けた対策をまとめまし...
かかわってはいけない攻撃的な人の「正義中毒」って?... 攻撃的な人にもいろいろなタイプがいますが、中には相手にしてはいけない人たちも!? 「正義中毒」と呼ばれるタイプも要注意です。その特徴と対策についてまとめておきましょう。 海外でも話題になる攻撃的なタイプ「正義中毒」が危険な3つの理由Webが引き起こす!?逃げるが勝ち 海外でも話...
フラストレーションが攻撃に変わるときの4つ法則って?... フラストレーション(欲求不満)が溜まると攻撃的になることが知られています。イライラして怒鳴られるというのは、最もよく目にする状況でしょう。このフラストレーションと攻撃には、4つの法則があるので紹介しましょう。 フラストレーションとは攻撃に変わるときは法則がある フラストレーショ...
心理学が教える!イラつかせる人の対処法... 他人の行動にイラつくことはありませんか?ついついイラつかせる相手に怒りをぶつけたくなるかもしれませんが、じつは自分のとらえ方に余裕がなくなっているのかもしれせん。 怒鳴っている理由は仕事の質ではない?他人を判断する3つの枠組み自分の幸福感と他人の行動の解釈 自分の幸福感と他人の...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。