イヤなことを積極的に実行できるテクニック3選

大人になると、イヤなことをしなければならない機会も出てくるものです。ただ我慢を重ねればいいというものではありません。そこでなるべく楽しく積極的に、イヤなことを実行できるような方法を調べました!

  • ①楽しく実行する自分を思い描く
  • ②楽しそうに実行している人を意識する
  • ③少額のお金をご褒美に

①楽しく実行する自分を思い描く

イヤなことを全て避けられるなら、それは幸せなことです。しかし、ほとんどの人は、そんな幸運には恵まれません。何かに我慢しながら、イヤなことをこなしているものです。

とはいえただ我慢をしつづければいいというものではないようです。というのも人は我慢すればするほど、我慢のためのエネルギーを使ってしまい、自制が効かなくなってしまうからです。夜になると、ついついテレビやネットを見てダラダラしてしまい、資格の勉強が進まないといった現象は、我慢のためのエネルギーを昼間に使い果たしてしまっているケースが少なくないのです。

もちろん我慢を重ねることで、より我慢強くなるという研究結果もありますが、できれば本当に重要なことに自制のためのエネルギーを残しておきたいですよね。

英国ポーツマス大学の研究者は、トライアスロンの選手を対象に、面白い実験をしています。それは辛い練習が楽しくなるように、メンタルトレーニングを指導したのです。方法は簡単。楽しく練習している自分の姿を思い描いたり、「私は練習が好きなんだな」と自分に話しかけるようにしただけ。
しかし、こうしたメンタルトレーニングをした選手は、しない選手に比べて練習時間が延びたというのです。

このテクニックを使わない手はありません。嫌いな作業を楽しくやっている姿を頭に思い描いたり、「私は○○が好きなんだな」と感情を込めて自分に語りかけてみましょう。

②楽しそうに実行している人を意識する

イヤな作業を楽しく実行する2つめのテクニックは、まず自分にとって苦痛な作業を楽しげに楽々と終わらせている人を見つけます。そして、どうして楽しげにできるのかをたずねてみるのです。

作業を早く終わらすことができるコツを見つけた人もいれば、意外な楽しみを感じている人もいるでしょう。いずれにしても、その詳細を聞き、その姿を思い描けるようにします。もちろん聞いた話を活用して、楽しく作業ができるようになればベストですが、聞いたことが自分に合わなくても問題ありません。
実は頭に思い描いたことは、無意識のうちに行動にも影響を与えます。オランダのユトレヒト大学の研究者は、図書館という単語を意識させた人の声が小さくなるのを確認しています。また老人を意識した人は、歩く速度がゆっくりになったという研究結果もあります。これはプライミング効果と呼ばれており、自分で無自覚のままに行動が変わることがわかっています。

つまり自分が目指しているような行動をしている人を意識すれば、自動的に同じような行動を取ろうとするようになるのです。しかも上手くすると、楽しく作業ができるコツまで身に付けられるかもしれません。

③少額のお金をご褒美に

ご褒美があれば楽しく作業ができるとしても、気になるのは経済的な負担かもしれません。例えば、350円のコーヒーを日々の勉強のご褒美にすると、30日で1万円を超えてしまうのです。日々のランニングコストはバカにならないのです。

ただノースカロライナ州の取り組みでは、1日1ドルのご褒美で、8割以上が5年間も努力を続けられたという研究結果もあります。

どうやら人は金銭の多寡ではなく1日100円、50円でも頑張ることができるようなのです。家族などに月初に3000円を預けて、実行したら100円ずつ取り戻すといった約束をするだけでも、イヤな作業へのやる気が高まります。

今日はイヤなことを、積極的に実行できるテクニックをまとめました。

人の心のしくみについて興味のある方は、こちらもご覧ください。

監修:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会

参考:『世界最先端の研究が教える新事実 心理学BEST100』(内藤誼人/総合法令出版)

関連記事

元気がない人に贈るモチベーションアップ4つのヒント... どうもエネルギーが足りないというときは、誰にでもあるもの。ただ、そこからどうやって抜け出すのかは、意外にわからないものです。そこで元気がでない状態にヒントになる方法を探してみました。 ①トラブルを解決した後の目的地を考える②意識を他人にシフトする③願望を定義する④人生のリストをつくる...
成果は出るのに不幸になる「強迫的情熱」を知っていますか?... 情熱に2つの種類があるのを知っていますか? 情熱さえあれば、状況は好転できると考えているなら考え直した方がいいのかもしれません。状況も好転しない、自分をも幸福にしない情熱について考えてみました。 仕事だと見過ごされる危ない情熱成果は出るけれど笑顔が消えて、違法行為も…… 仕事だ...
「やる気が続かない」ときに活用したい感情の力... やる気はどうして続かないのでしょうか?多くの人は意志が弱いからだと考えています。しかし重要なのは感情を使い方ではないかという研究が進んでいます。紹介しましょう。 意志力の限界感謝日記をつけてみる小さな成功を祝う 意志力の限界 やる気を継続して、努力し続けることの重要性は改...
やる気を引き出す4つのステップ! どうしてもやる気が出ない。そんな日は誰でもあるもの。でも、待っていてもやる気が出てくることはないそうで?!そこでやる気を引き出す方法について調べてみました。 「やる気」なんて存在しないできるだけタスクを細かくわける報酬を設定するやることをイメージする「イエスセット」を自分に仕掛ける ...
元気を取り戻すための4つのステップって?... 落ち込んでいるとき出口が見つからないと思うことはありませんか?何をするのも面倒だし、すべきことははかどらない。何だか人と話すのも面倒だったり。そんな人にお勧めしたい元気になるための4つステップを紹介します。 落ち込んでいる人の目標の特徴って? 英国リヴァプール大学のジョアン・デ...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です