挫けそうになったときにも頑張れる独り言の魔法

独り言の内容を気にしたことがありますか? じつはそのほとんどが自分への激しい非難です。こうした独り言がメンタルヘルスを不安定にしているという指摘もあります。そこで自分を傷つけるような独り言を、自分に有益な独り言に変える方法をまとめました。

  • ポジティブな独り言の推奨も
  • 独り言をポジティブに変える4つのステップ

ポジティブな独り言の推奨も

とても大きな失敗をしたときや、気持ちが暗くなってしまったとき、どんな独り言を発しているのか、試しに聞いてみましょう。「ダメだな」「許せない」「最低だ」などほとんどが、自分を傷つける言葉です。無意識に発していることの多い独り言ですが、じつはこの独り言が気持ちをネガティブにしているという報告もあります。

逆にポジティブな独り言で成功をおさめた人がいることも知られています。

有名なプロゴルファーであるジャスティン・ローズは、「うーん、前よりよくなっている」「悪いパットではなかったな」「順調に進んでいるな」などとつぶやきながらプレーしていたことが知られています。ミスショットをしても落ち込むことが少なく、常に前向きだった理由の一つが、このポジティブな独り言にあるという指摘があります。

ゴルフはメンタルが重要なスポーツとも言われているので、ミスをしても自分を肯定的にとらえる独り言が、プレーの質を上げていたというのはありうる話でしょう。

また経済人のデール・カーネギーも独り言で自分を鼓舞することを推奨しています。毎日のルーティンにすべきだと主張していたそうなので、その効果に自信を持っていたのでしょう。

独り言をポジティブに変える4つのステップ

独り言をポジティブなものに変えるのは、意外に難しいものです。というのも先にも書いた通り、ほとんどの人は自分を責めるようなネガティブな独り言を無意識に発することが多いからです。

そこでネガティブな独り言をポジティブな独り言に変えるように、次の4つのステップを実行してみましょう。

①ネガティブな独り言に気づく
まず最初にすべきことは、自分の独り言に気づくことです。失敗や思い通りにいかない展開ときに、無意識に出る独り言に気づくようにしましょう。自分に失望を感じたとき、少しだけ冷静になって自分の行動を観察してみるといいでしょう。

②「ストップ」と言う
「本当にバカだ」「ダメだ」「使い物にならない」など、自分を傷つける言葉が出たら、「ストップ」と言って自分の言葉を遮りましょう。あえて自分を傷つける必要はありません。

③事実と評価を分ける
自分を攻撃したくなる状況について、事実と評価を分けてみましょう。
例えば仕事に失敗したのは事実でしょう。しかし周りが失望したというのは評価です。そうした評価は自分の思い込みかもしれませんし、そもそも他人がどのように考えているのかは正確にはわかりません。

あるいはプレゼンでミスをしたのは事実ですが、恥ずかしかったというのは自分の評価です。もしかするとミスをしたことが、人間らしく映り高評価につながった可能性もあるのです。

じつは自分を攻撃してしまうことの多くは評価の部分です。しかし評価は自身の思い込みが反映される可能性があることを知っておきましょう。

④自分を励まそう
失敗した事実から何を学び、どうしたいと思っているのかを考えながら、二人称で自分を励ましてみましょう。
「このミスがなければ、あなたはかなりいい内容だった」「経済的な損失にはならなかったのだから、全体としてはあなたの仕事は順調だ」「あなたはもっとできる。大丈夫」などなど。

二人称を使うのは少し違和感があるかもしれませんが、じつは一人称から二人称に変えるだけで、より冷静に自分に声掛けができるようになるそうです。自分の失敗は冷静にとらえられなくても、他人の失敗だとしっかり分析できたといった経験はありませんか? 自分と少しだけ距離置くことで、より的確な声掛けができるようになるそうです。

人の心のしくみについて興味のある方は、こちらもご覧ください。

監修:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会

参考:『DO IT NOW いいから、今すぐやりなさい』(エドウィン・ブリス/ダイヤモンド社)/「7 Ways to Leave Negative Self-Talk Behind」(Margaret Moore/Psychology Today)

関連記事

人生を変える独り言の効果 独り言を言う人を、どう感じますか?多くの人がマイナスのイメージを持っていることでしょう。しかし近年、独り言を口にする効果が確かめられています。今日から活用したい独り言の心理的な効果についてまとめてみましょう。 独り言でパフォーマンスがアップする! 独り言をつぶやいている人を見る...
「本当にしたいこと」で人生を成功させるための3つの習慣... 成功のためにどんなことをすべきなのかをまとめた書籍は少なくありません。しかし100個のもの習慣を集めたものは珍しいでしょう。今日は『成功者がしている100の習慣』(ナイジェル・カバーランド/ダイヤモンド社)からメンタルに関連する習慣を紹介します。 成功に必要な3つのメンタル何が成功な...
「何だか面白くない」と感じている人に!喜びのある生活を取り戻す5つのメソッド... 声を大にして言いたいわけではないけれど、「何だか面白くないな……」と思っている人は少なくないでしょう。あるいは幸福だけど、心が震えないと思っている人に教えたい5つのメソッドを紹介しましょう。 幸福よりも喜びがほしい?5つのメソッドで喜びを取り戻す 幸福よりも喜びがほしい? ...
自分の気持ちを無視しないための3つのメソッド... 自分の感情に鈍感になっていませんか?大人になれば怒りや悲しみは抑えるものだと思い込んでいる節があります。しかし自分の感情を無視することで、大きな問題を引き起こしてしまうこと……。「最近、何だか無感情になってきたかも」と感じたら要注意です! ツライ気持ちは何かの警告長年、自分の気持ちを...
回避できない危機に直面したときに憶えておきたい エリクソン2つの教え... 3万人以上に催眠をかけた精神科医ミルトン・エリクソン。その事例から見える苦境への対処の仕方を、ご紹介します。 親指と頭しか動かせなかった患者がトラック運転手に完璧を目指さない努力を忘れない 親指と頭しか動かせなかった患者がトラック運転手に ミルトン・エリクソンは有名な...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です