人生を変える独り言の効果

独り言を言う人を、どう感じますか?多くの人がマイナスのイメージを持っていることでしょう。しかし近年、独り言を口にする効果が確かめられています。今日から活用したい独り言の心理的な効果についてまとめてみましょう。

独り言でパフォーマンスがアップする!

独り言をつぶやいている人を見ると、ちょっと不安な気持ちになることもあるかもしれません。実際、独り言を人前で口にしないように気を付けている人も多いでしょう。

ただ、ほとんどの人が独り言をいっさい言わないのかというと、そういうわけでもなさそうです。人がいない部屋やトイレ、一人で運転しているときの車中など、他人の目が気にならないところで独り言をつぶやいている人も多いそうです。

実際、独り言をつぶやくことで、パフォーマンスが上がることが立証されています。心理実験の成果を順番に紹介していきましょう。

①短時間の集中力アップに

英国のウルバーハンプトン大学のアンディー・レーン氏の実験では、数を見つけるオンラインゲームを4つのグループに分けて実施しました。独り言をつぶやくグループ、より速く反応する自分をイメージするグループ、起きるかもしれない状況を予測して反応を考えながらゲームするグループ、特に何もしないグループです。

スポーツの世界ではイメージトレーニングが当たり前になっているので、この実験でも高得点を取ると思うかもしれませんが、最も効果があったのは独り言でした。しかも「90点をとるぞ」といった具体的な目標をつぶやくのではなく、「一番になりたい」「できるかぎりがんばるぞ」といった独り言が最も有効だったのです。

この実験結果から、短時間の集中力を高めるのに、自分への声掛けは有効なことがわかりました。例えば、「あと少しは我慢できる」といった独り言によって、自身のパフォーマンスを良くすることができるようなのです。

②二人称で行動や気持ちを変える

ミシガン大学の研究チームは、実験参加者にメモの使用を禁じて5分の準備時間で独り言をつぶやかせてからスピーチさせました。すると「私はなぜ緊張しているのか」と一人称でつぶやくより、「あなたはなぜ緊張しているのか」と二人称でつぶやいた方が落ち着いて説得力のあるプレゼンをすることができたというのです。

二人称で独り言をつぶやくと、自分を客観的に見て、有益なフィードバックを得ることができるそうです。特に以下のようなルールに従って独り言をつぶやくと、より効果があるそうです。

(1)二人称でほめる
「あなたはよくやった」と自分の行動をほめて評価することで、モチベーションをよりアップすることが可能になります。独り言で自分をほめることで、企業の離職率が22%から8%に縮小したという事例もあります。ぜひ、試してみたい行動です。

(2)批判ではなく改善を促す
「失敗した」ではなく「今回は最善を尽くさないから失敗した。もっと頑張らないと」といった形でつぶやくことで、前向きな気持ちで臨むことができるようになります。

(3)無意識につぶやけるように訓練する
一つの独り言が無意識に出てくるように訓練しましょう。じつは気づかないうちにネガティブな独り言をつぶやいていることは多いもの。そうしたマイナスの効果を発揮する独り言をやめ、プラス効果のある独り言を無意識につぶやけるようにしましょう。

(4)短く明確な独り言をつくる
長い独り言は無意識でつぶやくのに向いていません。短くて、あいまいではない独り言をつくりましょう。

③記憶を刺激する

ペンシルバニア大学のダニエル・スウィングリー教授の実験は、独り言を言いながら探し物をしたとき、見つけるまでにどれぐらい時間がかかるのかといったものです。結果、独り言を言いながら探した方が、探し物の時間が短いことがわかりました。

これは独り言が記憶を刺激するからだと言われています。独り言を言うことで、その単語と関連のある記憶が引き出されてくるのだそうです。探したいものを独り言で唱えると、それに関連する記憶が引き出されるので、正解にたどり着く時間も短くなるというわけです。

度忘れした人名を、エピソードなどをつぶやくことで、思い出した経験はありませんか? 関連の記憶が刺激されると、思い出せない記憶も浮かび上がってくるのです。

また、独り言は自分の思考を整理する効果もあると言われています。周辺情報を刺激し、思考を整理する効果があるのですから、独り言を言いながらの勉強や仕事は、より能力を発揮できる可能性が高まります。

周りに迷惑にならない程度の独り言をつぶやいて、仕事をするのも一つの方法かもしれませんね。

日々の生活に使える心理学の活用法に興味のある方は、こちらもご覧ください。

監修:日本産業カウンセラー協会

参考:「’Self Talk’: When Talking to Yourself, the Way You Do It Makes a Difference」(Elizabeth Bernstein/THE WALL STREET JOURNAL)

関連記事

「本当にしたいこと」で人生を成功させるための3つの習慣... 成功のためにどんなことをすべきなのかをまとめた書籍は少なくありません。しかし100個のもの習慣を集めたものは珍しいでしょう。今日は『成功者がしている100の習慣』(ナイジェル・カバーランド/ダイヤモンド社)からメンタルに関連する習慣を紹介します。 成功に必要な3つのメンタル何が成功な...
「何だか面白くない」と感じている人に!喜びのある生活を取り戻す5つのメソッド... 声を大にして言いたいわけではないけれど、「何だか面白くないな……」と思っている人は少なくないでしょう。あるいは幸福だけど、心が震えないと思っている人に教えたい5つのメソッドを紹介しましょう。 幸福よりも喜びがほしい?5つのメソッドで喜びを取り戻す 幸福よりも喜びがほしい? ...
自分の気持ちを無視しないための3つのメソッド... 自分の感情に鈍感になっていませんか?大人になれば怒りや悲しみは抑えるものだと思い込んでいる節があります。しかし自分の感情を無視することで、大きな問題を引き起こしてしまうこと……。「最近、何だか無感情になってきたかも」と感じたら要注意です! ツライ気持ちは何かの警告長年、自分の気持ちを...
回避できない危機に直面したときに憶えておきたい エリクソン2つの教え... 3万人以上に催眠をかけた精神科医ミルトン・エリクソン。その事例から見える苦境への対処の仕方を、ご紹介します。 親指と頭しか動かせなかった患者がトラック運転手に完璧を目指さない努力を忘れない 親指と頭しか動かせなかった患者がトラック運転手に ミルトン・エリクソンは有名な...
成功への近道!自分をコントロールするための4つのポイント... ダイエットや資格試験の勉強など、さまざまな場面で自分をしっかりコントロールできたらと思うことも少なくないでしょう。成功を引き寄せる「自己制御」について、心理学の観点から考えてみました。 セルフ・コントロールが成功を引き寄せる自己主張できることも重要自己制御を発揮するための4つのポイン...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です