仕事のやりがいと満足度を高めるジョブ・クラフティングって、なに?

「いまいち仕事がつまらない」と感じている人にお届けしたいのが、「ジョブ・クラフティング」です。人生をより充実したものにするための研究「ポジティブ心理学」から生まれた、仕事のやりがいを見つける手法です。

  • ジョブ・クラフティングとは
  • 3つの方法とは
  • 仕事の満足度と関係しているポイントは?

ジョブ・クラフティングとは

自分はちっとも面白いと感じていないのに、目を輝かせて仕事する同僚がいたりしませんか?面白ければやる気も湧くし、より高い目標に向けた努力も惜しまないものです。そう、問題は仕事への熱量なのです。

ただ多くの人は「退屈だと感じる仕事を面白くするなんて……」と、諦めています。そんな人にお勧めなジョブ・クラフティングは、「つまらない」という仕事への意識を修正していく理論なのです。

ジョブ・クラフティングは、米イェール大学経営大学院のエイミー・レズネスキー准教授とミシガン大学のジェーン・E・ダットン教授により提唱されたものです。たった3つの考え方の修正で構成されています。その3つを変えれば、仕事内容が同じでも、自分にとって価値を持つと感じられるようになるそうです。

3つの方法とは

それでは、「ジョブ・クラフティング」の3つの方法を説明していきましょう。

①社会的な交流の質や量を修正する
仕事に関わる人に注目する方法です。人間関係の性質を変えたり、範囲を広げることで、仕事の手応えが変わり、業務もスムーズになり、仕事の面白みも増していくそうです。

上司・部下・同僚・お客などの人達と、少し違った関係を構築できるのか考えてみましょう。他人と結びつきを変えることによって、自分の仕事の意義ややりがいを見つけることができるそうです。

例えば自社商品のエンドユーザーと話してみるといった機会があれば、自分の仕事が社会にどのように役立つのかを実感できるでしょう。また営業であれば、クライアントとの人間関係を深めることで、自分の仕事の意義を理解できるかもしれません。

「一歩近づいてみる」「一歩広げてみる」といった仕事における人間関係の見直しが、仕事を面白くする扉になるかもしれませんよ!

②仕事を自分と周囲の環境や状態を広げた視野でとらえてみる
例えば、消防士を考えてみましょう。仕事は目の前の火を消すことです。しかし、もう少し視野を広げてみれば、消火は命や財産を守ることにつながり、ご近所を守ることでもあり、もっと言えば地域全体、日本全体を守ることにつながります。

介護でもお世話しているのは目の前の高齢者かもしれません。しかし、目の前の高齢者を救うことは、その家族が働き、子どもを育てるサポートしているのであり、地域社会はもちろん日本を支える大きな力となっています。

自分の仕事は何につながっているのかを、視野を広げて考えることで、意義ややりがいが生まれてくるかもしれません。ほんの少しだけ視野を広げて、自分が社会にどのように役立っているのかを考えてみませんか?

③仕事内容に手を加える
裁量権の小さい仕事だとしても、その範囲で工夫できることはあるものです。ほんの少し価値を高める行動、やりがいを持てる行動を加えていくことで、仕事のやりがいは高まっていきます。

ルーチンワークと感じる仕事でも、効率化できるポイントをみつけたら嬉しくなるものです。与えられた仕事を、一工夫で自分の仕事に変えていく。そんな方向性を目指してみてはいかがでしょうか?

仕事の満足度と関係しているポイントは?

従業員が職務そのものから受け取る満足感を「職務満足」と呼びます。

この「職務満足」と関連している項目を、 桃山学院大学の西川一廉教授が研究しています。さまざまな項目があるのですが、ここでは「会社・仕事」の項目に挙げられた7つを紹介しましょう。

・会社の業績やモラール(勤労意欲)はすぐれている

・自分の考えや判断の発揮できる職場である

・会社に誇りをもっている

・今の仕事は将来の地位を築くのに役立つ

・直属の上司は部下の仕事を認めてくれる

・部課の人々はよくあいさつをかわす

これらの項目に該当する人は、「職務満足」が高いことがわかっているので、自分の仕事が7つの項目に当てはまるか考えてみましょう。当てはまるものがないなら、例えば「あいさつをかわす」といったことから努力してみるのも一つの方法でしょう。

あるいは仕事への満足感や集団との一体感を示す「会社のモラール(勤労意欲)」の源について調べたり、現状の仕事がキャリアにどうつながるのか考えたりすることも、満足度を上げることにつながるでしょう。

仕事内容が同じでも、認識が変われば面白みも違ってきます。今日は、そのヒントを集めてみました。参考にしてください。

心理学に興味のある方はこちらもご覧ください。

参考:『「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱教室』(エリザベス・ダン ロバート・ビスワス=ディーナー/KADOKAWA)
「職務満足の心理学的研究(2)」(西川一廉)

関連記事

ベイビーステップで行こう!辛くて前に進めないと感じたときの「ちょこっとプラス」アイディア... 目標が大きすぎて、前に進めなくなっていませんか。仕事をしていると、新しくて大きな案件を任されることもあるのでないでしょうか。今回は、どんなにやる気のでない人でも一歩を踏み出せる「ベイビーステップ」についてご紹介します。 ベイビーステップとは、目標達成のための無理のない「一歩」ベイビー...
モチベーションアップに必要な2つのポイントとは!... 「モチベーションが上がらない・・・・」。そうつぶやいてしまうこともあるのではないでしょうか。多くの人が困っているのか、対策本も数多く出版されています。そこでモチベーションを、どうしたら上げることができるのか紹介します。 そもそもモチベーションって?モチベーションの上げ方モチベーション...
無気力な自分から脱する効果的な方法とは... 「何もしたくない」と思うことは、誰にでもあることではないでしょうか。では、そのようなやる気が起きない無気力状態は、どうして生じるのでしょうか? 心理学実験の結果から、その原因と対策について説明しましょう。 コントロールできないことが無気力に コントロールできない状況を3つの側面から...
やる気の出ない自分に喝!仕事に関する格言でモチベーションアップ... 気力、体力不足で全くやる気が出ないときでも、たった一つの言葉に動かされることがありますよね。仕事に関する格言で、自分に喝を入れましょう。成功者の言葉ほど、重いものはありません。気に入った言葉があったら書き留めて、ぜひ壁紙に!あるいは財布に常備を! 「もっとも重要な決定とは、何をするか...
心理学が教える「飽きた」を克服する4つの対策... 「もう、飽きた」と感じることは誰にでもあるでしょう。仕事、会議、ママ友とのおしゃべり、時には妻や恋人まで……。そんな「飽きた」のメカニズムと対策を心理学の観点から説明します。 人はあらゆるものに慣れる4つの対策 人はあらゆるものに慣れる そもそも人は飽きる生き物です。単純...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です