ラベリング効果を使って、自主的な行動ができる子どもに!

落ち着きがない、忘れものばかりする、ゲームで夜更かしばかりしている……。子どものそんな行動を、「あなたはいつも、●●ばかり!」と怒ってしまっていませんか。自分が悪いと思うところを指摘してばかりだと、その癖が治るどころか、どんどん強化されてしまうかもしれません。ラベリング効果の理論を正しく使って、自主的に行動ができるように育ててみませんか。

  1. ラベリング効果とは
  2. ミラーの実験
  3. 良い部分を見つけたら、すかさず褒める!
  4. 悪いところは「あなたはもともとそういう人」という決めつけを避ける
  5. ラベリング効果を正しく使えば、親も子どもも気持ちが健やかになる!

ラベリング効果とは

ラベリング効果とは、他人から「あなたはこういう人だよね」と言われ続けると、本当にその通りの人間になってしまう現象を指します。日本語では、「レッテル貼りをする」なんて言われることもありますね。

例えば、素行の悪い「不良少年」は自らの性格傾向によって不良になると思われがちです。「あいつは昔から粗暴だった」などと言われてしまいがちですが、実は、不良少年はなるべくして不良になるわけではないのです。不良のレッテルを貼られることで、そのあとも非行を繰り返してしまうようになるのだと、ラベリング理論は警鐘を鳴らしています。

一方で、ラベリング効果はポジティブなレッテル貼りにも使えます。アインシュタインが、幼少期には学校の先生から「知的障害がある」とされていたことをご存知でしょうか。9歳になるまでめったにしゃべることがなく、アルファベットも正確に書けなかったというのです。

しかし数学の才能はずば抜けており、両親は息子の才能を信じて学校の評価から幼いアインシュタインを守り、誉め言葉をシャワーのように浴びせて育てたといいます。彼が「知的障害」のレッテルを貼られたまま育っていたら、20世紀最大の科学者は生まれなかったかもしれません。

ミラーの実験

ノースウェスタン大学の心理学者であるミラーは、ラベリング効果を実証するため、次のような実験を行いました。小学校のあるクラスで、先生が「みんなは、とってもきれい好きだよね」と、繰り返し褒めるようにしたのです。一方、また別のクラスでは、このラベルづけは行われませんでした。

すると、「きれい好き」のラベルを貼られたクラスにおいては、約82%の生徒がゴミを自ら拾うようになりました。一方で、何もラベルづけをしていないクラスでは、約27%の生徒しか、自主的にごみを拾わなかったといいます。この差はとても大きいですね。子育てをするにあたり、ラベリングは非常に有効であることを、この実験は物語っています。

良い部分を見つけたら、すかさず褒める!

せっかくですから、ラベリング効果は良いほうに使いたいものです。とはいえ、散らかしっぱなしで片づけをしない子どもに「あなたはきれい好きだから」と繰り返しても、何も根拠がなければ不自然なままですよね。良いところを見つけたら、すかさず褒めるのが大事です。

「そうはいっても、わが子の悪いところを見つけるのは簡単だけど、良いところを見つけるのは難しい」と嘆く方は、その意識にこそ課題があるといえます。「この子は、こんな問題がある子」というレッテルを、自ら貼っていないでしょうか。

子どもの能力を信じ、良いところを観察する力を持ちましょう。良いところを見つけたらすかさず褒めるようにしていけば、「自分はいい子」という意識が育ち、問題のあるところも正そうと、子ども自身が自然に思えるようになりますよ。

悪いところは「あなたはもともとそういう人」という決めつけを避ける

さらに、ネガティブなラベリングを増やさないことも重要です。「あなたは、本当に●●してばかり」と、問題行動を本来の性格傾向と結びつけて叱ってしまっていませんか。それでは、ネガティブなラベリングが子どもについて回ってしまいます。

子どもがうっかりなにかをしてしまっても、その行為だけを指摘して、「次から気をつけようね」と言うにとどめましょう。「珍しいね、いつもはできるのに」という言葉もいいですね。「あのときもこうだった」などと、過去の失敗をあげつらって「だからあなたはこういう人間」とまとめてしまっていたとしたら、変えていきましょう。根深いネガティブなラベリングは、大人になってもついて回り、仕事や人間関係での失敗に結びついてしまう可能性もあるのです。

ラベリング効果を正しく使えば、親も子どもも気持ちが健やかになる!

ラベリング効果を正しく使えば、子どもは自主的に行動を起こしてくれるようになります。親の側から「こうしなさい」とわざわざ促さなくても済むため、ストレスがありません。子どもの側も、自ら正しい行動ができたことで、自分への信頼が高まり、自信が持てるようになります。

その結果、親も子どもも気持ちが健やかになり、日々の生活に幸せを感じやすくなることでしょう。ラベリング効果は、親子が気持ちよく暮らせるための手段です。「叱ってばかりで生活に笑いがない」「私がああしろ、こうしろと言ってばかり」と感じている人は、ぜひ活用してみてください。

参考:『手にとるように社会心理学がわかる本』内藤誼人、かんき出版

関連記事

アドラーから学ぶ 5つの問題行動とその解決法... どうしてこんな行動を取るんだろうと、パートナーの行動を不思議に思ったことはありませんか?子どもの「不適切な行動」を説明したアドラーの理論から、大人の問題行動について考えてみましょう。 アドラーの解説書『勇気づけの方法』(野田俊作/創元社)には、次のような一文があります。 人間の...
結婚しても仲良く暮らせる相手なのかを判断する3つのポイント... 夫婦は仲良くありたいものですが、現状は3組に1組が離婚しています。離婚を避けようと思うなら、信頼関係を築ける人を選ぶ必要があります。そして夫婦の信頼関係には遺伝子が関係していることが発見されています。 ①感謝・信頼・許容からチェック アーカンソー大学、フロリダ州立大学、マルギ大...
「結婚生活は幸福なの?」の疑問に答える... 結婚が幸福をもたらしてくれるのかは、なかなか判断しづらい問題でしょう。個人差も大きいですし、何よりパートナーの文句を口にする人が必ずしも結婚生活に満足していないとも言い切れないからです。そこで結婚生活の心理について調べてみました。 7割以上が結婚に幸福感結婚している方が長生きお金が離...
「もしかして?私って毒親??」どんな親が「毒親」なのか調べてみました!... 「毒親」という言葉を見聞きするようになるにつれ、「自分が毒親かも」と不安になってしまう人も多くなっているようです。そこで毒親の定義などについて報告します。 「毒親」を日本に広めたセラピストは7タイプに分類子どもの愛着スタイルから考える自信過剰な親は危ない!? 「毒親」を日本に広...
いじめられた子どもを救うために大人ができること... いじめに悩む子どもは少なくありません。その一方で、大人がどんな援助をできるのかに、頭を悩ませてしまう人もいることでしょう。大人にいじめの相談をしない子ども多いからです。子どもをいじめから救うための方法をまとめてみました。 子どもの3割は相談しない相談の訓練も必要相談を受けたときのNG...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です