性格は遺伝と育ち、どちらで決まる?

      性格は遺伝と育ち、どちらで決まる? はコメントを受け付けていません。

人の性格を決めるのは、「氏か育ちか」という論争に決着が付いているわけではありません。ただ、どちらがどれだけ影響するのかはわかってきています。説明していきましょう!

  1. 性格の約半分は遺伝子で決まる
  2. 家庭や親は性格に影響を与えない?
  3. 育児が遺伝子の働きを変える

性格の約半分は遺伝子で決まる

慶応義塾大学の安藤寿康教授は、双子研究の権威として有名な心理学者です。安藤先生によれば、性格の約半分は遺伝子によるものだそうです。

性格を示す理論でも最も知られている理論のビッグ・ファイブセオリーで遺伝子の影響を調べると、以下のような数字になるというのです。ビッグセオリーについて『心理学ビジュアル百科』(越智啓太 著/創元社)を引用しながら遺伝子の影響力について記していきます。

外向性                  46%

→「知らない他者や事柄に興味を持って、積極的に新しいことに関われるかどうか」

神経症傾向           46%

→「感情の起伏の激しさ」

誠実性                  52%

→「信頼できる人なのか、あてにできる人なのか」

調和性                  36%

→「不平や不満をコントロールして人や組織に協力的に振る舞えること」

開放性                  52%

→「興味・関心の幅が広い人、言い換えればいろいろな知識や経験を持っていておもしろい人」

この結果をみれば、「調和性」をのぞけば、性格の約半分が遺伝子で決まることがわかると思います。そして残り50%が環境によるものだというのです。

家庭や親は性格に影響を与えない?

でも、多くの人は思うかもしれません。環境の中で大きな要因は親や家庭ではないかと。しかし安藤教授は、「性格は遺伝子で決まるって本当ですか?」という記事の中で、次のように述べています。

「親の影響や家庭の影響(これを共有環境といいます)は先にも述べたようにほとんどみられません。むしろ一卵性のふたごですら一人ひとりに独自な非共有環境が重要なのです。これは状況により時間とともに変わる影響です」

つまり学校で出会う双子それぞれの友達や経験が、個人の性格を決定していくのだそうです。

安藤教授は、別々の親で育てられた兄弟でも遺伝子が同じ一卵性の双子の性格が、同じ両親に育てられた二卵性の双子よりも性格が似ていることを証明しています。

子育てをしている人にとっては、少し残念に感じる結果かもしれませんね。

【関連リンク】聴くスキルと心理学・メンタルヘルスの専門知識に興味のある方はぜひご覧ください。

育児が遺伝子の働きを変える

ただ、親の存在が遺伝子の発現に影響するという実験もあるので紹介しておきましょう。

まず、知っておいてもらいたいのは、「エピジェネティクス」という聞きなれない遺伝子のシステムです。じつは「遺伝子の配列」が同じでも、環境によって遺伝子が装飾され、その働きが違ってくることがわかっています。

幅広い分野の専門家の講演会TEDで話したマギル大学の遺伝学者モシェ・シーフ教授の話は、この「エピジェネティクス」の影響についてでした。

モシュ教授はネズミを2つのタイプの養母にあてがいました。良くなめる母親とあまりなめない母親です。その結果、遺伝子に関係なく、子ねずみの性格が変わったのです。

またサルをつかった実験では、母親と育ったサルはアルコールにも興味を示すことがなく、性的な攻撃性も強くありませんでした。ところが母親がいなかったサルは、ストレス耐性が弱く、攻撃的でかつアルコール依存の傾向を示したのです。

そして母親のいたサルといないサルでは、「エピジェネティクス」の影響で遺伝子の働きが違っていることがわかったのです。

ここで「氏か育ちか」という疑問は、さらにわからなくなります。

ただ、50%は遺伝子の影響があるにせよ、人の性格も環境によって変えられることだけは間違いないようです。

参考:公益社団法人日本心理学会 心理学ってなんだろう 性格は遺伝で決まるって本当ですか?/NATIONAL GEOGRAPHIC「研究室」に行ってみた。/行動遺伝学・教育心理学安藤寿康/第3回パーソナリティも遺伝で決まる?日本語TED新着/モシェ・シーフ: DNAへ人生初期の経験が刻まれる


性格についてもっと知りたい方はこちらをクリック

性格は遺伝子で決まる!? 米軍で活用される性格診断と遺伝子の話

「自分の性格を変えたい、でも……」と思っている人に

自分の性格を口にした相手は要注意!その奥にある願望を心理学が教えます


関連記事

男性も産後うつに?追いつめられる前に知っておきたい育児休暇... 子どもが生まれたら、夫婦の生活は金銭的にも時間的にも負担が大きくなります。それはママだけでなく、パパも同じです。「赤ちゃんが生まれてから、不安やイライラで眠れない」と感じたら、男性もうつを疑ってください。そして上手に育休をとりましょう。 産後うつとは男性も産後うつになる可能性がある ...
「働きたい」と「働けない」を行ったり来たりの産後女性の心理とは... 出産後、仕事復帰する女性社員にどんな仕事を割り振るべきか悩む経営者も、ワーキングマザーと一緒に働くとき気を遣う社員も、考えていることは一つです。そう、「育休復帰後の女性は仕事についてどう考えてるのか?」。仕事復帰したワーママを取材して、わかったことをお伝えします。 産後、仕事復帰した...
暴力的シーンがある番組は、本当に子どもの暴力を助長する?行為そのものより大事なこと... 暴力的なシーンがある番組は、本当に子どもの暴力を助長するのでしょうか。実は、心理実験でそれを確かめた人がいます。興味深い実験をひもといていくと、暴力行為そのものよりも大事なことが見えてきました。 バンデューラのポポ人形実験暴力行為の後は、きちんと叱ることが大事バイキンマンは、いるだけ...
心理学から考える引きこもり傾向の人たちの攻撃性... 2つの事件によって引きこもり傾向の人たちへの注目が高まっています。では、引きこもりの心理状況は、どのようになっているのでしょうか?専門家のインタビューや心理系の論文から説明します。 心配なのは事件ではなく餓死 家庭内暴力は起こしやすい家族と他者は違う他者からの評価に敏感 心配...
健やかな心理環境を育てるために、子どもにかけたい言葉7選... 子どもの健やかな心理環境を育てられるような言葉をかけてあげたいですよね。子どもは、ポジティブな言葉で明るく育つもの。いつでもかけてあげられる、また簡単に変換できる言葉を中心に集めてみました。 「大好きだよ」(存在の全肯定) 「○○なら大丈夫だよ」(根拠を必要としない信頼)お手伝いを...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。