人はじわじわ来る危機に対応できない! 正常性バイアスの心理

震災やそれに伴う津波、豪雨による浸水、土砂災害など災害が頻発しています。各地で犠牲者が出てしまうことは、とても痛ましいことです。災害が起こったとき、何としても早めに避難して被害を最小限に食い止めたいです。その早めの避難の難しさを垣間見ることのできる、正常性バイアスの心理をご紹介します。

  1. 豪雨で浸水被害、そのときなぜ人は避難しないのか
  2. 正常性バイアスの心理とは
  3. 「他人事ではない」を頭に叩き込もう

豪雨で浸水被害、そのときなぜ人は避難しないのか

災害に遭ったことのない人からすると、「浸水被害で犠牲者が出た」と聞けば、「どうしてもっと早く避難しなかったのか?」と疑問を持つかもしれません。雨による浸水といえば「じわじわ来る」イメージがあるため、避難できる時間は確保できるだろうと思ってしまうのかもしれません。

しかし、実際に被害にあった人は、「あのときは、とうてい避難できなかった」という人が殆どなのではないでしょうか。庭にちょっと雨が溜まってるな、と思い始めてから、家に水が浸入してきて浸水するまで、そう時間はかかっていないというのです。

それにしても避難指示などは出ていたはずだから……と考えそうになりますが、人間には人間の心理的なバイアスが働きます。ものを考える力があることによって、かえって逃げ遅れてしまうと、心理学では考えます。

正常性バイアスの心理とは

東京女子大学の広瀬弘忠教授は、テレビ局の依頼により、次のような実験を行いました。若者たちのいる実験室に煙を流し込み、反応を観察します。2分間にわたり急速に煙を流し込むと、若者たちの半数以上が外へ逃げ出しました。しかし、次に同じ量の煙を4分かけて流し込んだところ、若者たちは実験終了を告げるまで、部屋にとどまっていました。

広瀬氏はこの結果を「人はじわじわと進行する危険に対しては反応が鈍くなる」と結論付け、この結果には「正常性バイアスが働いている」としました。正常性バイアスとは、リスクを「危険ではない」と捉えてしまう心理のことです。そして正常性バイアスには、人間特有の心理傾向が働いています。同調性バイアスと、同化性バイアスです。

同調性バイアスとは、周りが行動しないと自分も行動しない心理傾向のことです。ちょっと慌てても、誰も避難しようと言い出さないと「たいしたことないのかな?」で済んでしまう心理です。同化性バイアスとは、周りの状況に危険や異常がまぎれてしまって気づかない心理傾向を指します。

正常性バイアスには同調性バイアス、同化バイアスが働き、自分が感じている異常や危険を見ないふりして心を平静に保とうとします。日常生活を平穏無事に過ごすには欠かせない能力ですが、こと災害に遭遇すると「まさか、ここまでの事態になるとは思わなかった」という状況に陥ってしまうのです。

「他人事ではない」を頭に叩き込もう

私たちには、数々の災害から得た教訓があり、それらが正常性バイアスに打ち勝つための知恵になります。自分に迫る危険を過小評価してしまう心の傾向を取り払って、「他人事ではない」を頭に叩き込みましょう。他の人よりも早めに避難へ動き出すのは、少し勇気のいることです。しかし、何事もなければそれで何よりなのですから、自分の内側から聞こえる非常ベルに聞き耳を立て、迅速な行動を心がけましょう。

参考:『きちんと逃げる。』広瀬弘忠、アスペクト

関連記事

レジ袋有料化で急増中!「レジハラ」(レジハラスメント)を起こす心理とは... 7月1日からコンビニエンスストアなどでもレジ袋が有料になり、レジ袋を巡るハラスメント「レジハラ」が急増しています。どうして数円のレジ袋代にキレてしまうのでしょうか?その心理を探ってみました。 レジハラ3つのパターン近年増加する「カスハラ」欲求不満が怒りに火をつける レジハラ3つ...
不幸の原因は注意の配分にあった!幸福になるための行動記録とは!... 何だか毎日楽しくない……。そんな気分になることありますよね。理由はいろいろでしょう。恋人がいない、仕事がうまくいかない、ちょっと太ったなどなど。でも、原因は本当にそこにありますか?行動科学の観点から解説します。 行動が感情にどう影響するのかに注意を向けるポイントは「快楽」と「やりがい...
うつ病からの復職した人との接し方に迷ったときに読みたい3つのヒント... コロナ禍によって気分が落ち込み気味だという人も少ないかもしれません。また「元気ないな」と感じる同僚を見かけることもあるでしょう。中にはうつ病になってしまい休職した人もいるかもしれません。とはいえ、うつ病から復職した人にどうやって声をかけたらいいのかわからない人が大半かもしれません。今日は、そんな疑...
金銭交渉で負けたくないなら、絶対に知っておきたい3つのルール... 経済環境が苦しくなると、金銭交渉もシビアになることが少なくないでしょう。そんな金銭交渉で負けないためのルールを紹介します。心理学が教える意外なポイントです。 心理学は金銭交渉も研究対象 金銭交渉はいつもスムーズにいくとは限りません。限られた利益を配分するのですから、互いに簡単に...
職場の人間関係を改善する2つのワーク... 人間関係は円滑にしたいものです。しかし現実にはなかなか厳しいのではないでしょうか。そもそも人間関係がうまくいくコツがわからないという人も多いでしょう。そこで良好な人間関係を築くワークを紹介しましょう。 人間関係に大きな影響を与える「NF領域」自分の「NF領域」を確認長所を見つけて口に...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です