自分の能力を120%発揮する方法 ~心理実験でも証明されたおまじない効果~

おまじないやお守りを、「なんだか子供騙しみたい」と、ちょっと軽く見てしまっていませんか。でも、ジンクスを信じることが、自分の能力以上の力を発揮できる方法だとしたらどうでしょう。心理実験でも、ゲン担ぎにハッキリとした効果があることが実証されています。

  1. ジンクスはあなどれない
  2. ラッキーボールの実験
  3. スポーツ選手は自分の弱さに気づいている
  4. 自分なりのジンクスを見つけよう

ジンクスはあなどれない

とくにビジネスで成功しようとしている人は「ジンクスに頼らなくても、実力を発揮できる」と考えるかもしれません。でも、 ジンクスを信じている自分のほうが、信じていない自分よりも明らかに強くなれるなら、信じますよね。

どうしてもジンクスやお守りのような科学的でないことは信じられないという人には、証拠をお見せしましょう。その効果は、心理実験できちんと証明されていますよ。

ラッキーボールの実験

ドイツ・ケルン大学の心理学者、ダミシュを中心とした研究チームは、パターゴルフの実験を行いました。集まった実験参加者たちに、あるボールでパターゴルフをしてもらったのです。参加者の半分には、「このボールは、幸運なゴルフボールなのです」と言ってボールを手渡し、もう半分には「このボールは、普通のゴルフボールです」と言って渡しました。

すると、幸運のゴルフボールを使ってパターゴルフを行った参加者群のほうが、パットを成功させる確率が明らかに高いという結果が出ました。「自分はラッキーボールをもらったのだから、きっといい結果が出る」と信じた人たちは、プラスの実力を得たことになります。

スポーツ選手は自分の弱さに気づいている

イチローが朝は必ずカレーを食べていることや、浅田真央が必ず左足からリンクに入ることは、スポーツ選手が行うゲン担ぎとして広く知られています。イチローといえば、バッターボックスに入ったときに必ず同じ動きをすることも有名ですね。ああいったルーティーンは、体操の内村航平、ラグビーの五郎丸歩なども取り入れているものです。

スポーツ選手のジンクスやルーティーンは、他にも「勝ったときにしていたものと同じネックレスをする」、「アンダーシャツは必ず同じ銘柄にする」など、枚挙にいとまがありません。スポーツ選手は強靭な肉体にたくましい精神を宿した人と思われがちですが、強い人ほど自分の弱さやもろさに気づき、打ち勝つために何かの力を借りているのです。

自分なりのジンクスを見つけよう

ジンクスやお守りは、自分にとって信じられるものであれば、何でもよいのです。これから何かラッキーなことがあったときに、偶然身につけていたものややっていた動作を覚えておいてください。勝負が近づいたとき、不安になった朝などに同じものごとを活用すれば、驚くほど気持ちが休まっていくのを実感するでしょう。

参考:『本当は怖い59の心理実験』

関連記事

『「むなしさ」を感じたときに読む本』から学ぶ「むなしさ」との付き合い方... 最近、むなしいと感じたことはありますか?理由があってむなしいと感じるときもあれば、特に原因もなくむなしさを感じてしまうこともあるでしょう。そんな「むなしさ」の正体と対処法を「対人関係療法」の第一人者である水島広子医師の書籍から紹介していきましょう。 「むなしさ」が社会を覆うようになっ...
「めんどうくさい」と感じなければ、仕事は一気にラクになる!... 誰にでも「めんどうくさい」と思ってしまうことはありますよね。でも、それが生活全般に及ぶようなら要注意。本来すべきことにまったく手をつけられないまま、時間が過ぎ去ってしまうかもしれません。そこでこの「めんどうくさい」という感情を押さえ込むスキルを探してみました。 「めんどうくさい」をな...
最新アンケート結果で分かった「コロナがメンタルに与えるストレス」の対処法... 新型コロナウイルスがメンタルヘルスにどのような影響を与えているのか、統計資料がいくつも発表されました。そうした統計資料の結果とストレスの対処法を紹介していきたいと思います。 8割を超える人が感じているストレス先の見えない不安がストレスに米国では世帯収入との関連もストレス対処法を紹介 ...
危機に強いとも言われるHSSの「冒険心」って?... 繊細で心配性なきらいがあるのにチャレンジ精神が旺盛。こうしたちょっと矛盾したような行動をする人は、HSS(High Sensation Seeking)かもしれません。そんなHSSの「冒険心」について調べてみました。 リスクも克服すべき課題日常生活がつまらない!?コロナ禍でも力を発揮...
テレワーク疲れを防ぐ4つの習慣 「最近、なんか疲れるな」と感じたことはありませんか?もしかしたら、それはテレワークが原因かもしれませんよ。米国ではテレワークによるバーンアウト(燃え尽き症候群)も起きているとか!?「テレワーク疲れ」の原因と対策を紹介します。 バーンアウトも引き起こすテレワークメンタルヘルスにも影響が...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です