パンデミックが「復縁」を後押しする!?

緊急事態宣言も一部解除され、ようや平穏な日常を取り戻す道筋が見えてきたようにも感じましたが、このパンデミックが大切な人の関係を見直す契機になるのではといった論調もあるようです。紹介していきましょう。

  • ブルース・ウィリスとデミ・ムーアが20年ぶり一緒に生活
  • 残された時間への意識で変わる人生観
  • 東日本大震災後も人間関係を問う動きが

ブルース・ウィリスとデミ・ムーアが20年ぶり一緒に生活

最近、話題になっているハリウッドスターといえば、ブルース・ウィリスと元妻デミ・ムーアでしょう。新型コロナウイルス感染拡大による自主隔離生活の様子をインタグラムにアップしているからです。20年前に子どもを置いて離婚したブルース・ウィリスが、デミ・ムーアとの間に生まれた3人の娘などと一緒に、元妻のアイダホの別荘で楽しそうに過ごしています。緑と白のそろいのボーダーの上下を着て、犬5匹を含む家族たちが勢揃いしている写真は、なかなかのインパクトです。

ブルース・ウィリスの現在の妻と子どもが写っていなかったことから、ちょっとした騒ぎにもなったようですが、少し遅れてデミ・ムーアの別荘に合流したそうです。

離婚した後もブルース・ウィリスとデミ・ムーアの仲は悪くなかったようですが、20年ぶりに家族が一緒に生活することは、当事者にとっても驚きだったとも報じられています。

結婚や家族問題を専門とするセラピスト、Jane Greer博士は、パンデミックがさまざまな復縁を後押しすると分析しています。互いに譲れないものがあって別れたカップルも、この大きな危機を前に歩み寄ることができるというわけです。

「過去に問題となった大きな価値観の違いを受け入れることが容易になり、相手の行動を許容しようという意欲も見えます」(「Love in the Time of COVID-19」/『Psychology Today』)

というJane Greer博士の言葉は、この大変な日々の中で希望になるかもしれません。

残された時間への意識で変わる人生観

こうした人間関係の変化は、「社会情動的選択性理論」で説明できるという説があります。

このちょっと難しい名前の理論は、スタンフォード大学のLaura L. Carstensen教授が唱えたもので、死を意識し、残された時間について考えるようになると、情動的に満足できるような目標や活動に時間を費やすようになるというものです。

結果、新しい人間関係の構築よりも、重要な人との関係性を深めることに重きを置くようになるらしいのです。

家族の疎外を研究しているコール大学のKarl Pillemer博士は、自身や親類の健康問題に直面した人は、仲たがいした相手との隙間を埋めようと、相手を許し謝罪してコンタクトを取ろうとすることがわかったと述べています。また家族問題の解決に、次のような言葉が効果があるとも書いています。

過去の行き違いや恨みに価値がありますか?今、連絡が取れないとパンデミックによって関係修復への対応が難しくなるかもしれません。

実際、このパンデミックによって、数年ときには数十年疎遠になっていた関係だった親族が連絡を取るようになったとも書いています。

家族の疎遠と和解について1,700人以上を調査してきたKarl Pillemer博士にとって、人生の短さを感じさせる新型コロナウイルスの問題が復縁を促すことは、当たり前のことだったようです。

東日本大震災後も人間関係を問う動きが

じつは日本でも東日本大震災のときに、復縁ではないものの、大切な人との関係を育みたいといった想いが強まったという報道があります。

東日本大震災のときは、結婚ブームだと話題になりました。「絆婚」という言葉がはやったのも懐かしいですね。

災害をきっかけとして、本当に大切なものが何かを問う動きは強まる傾向にあるようです。今回のコロナ禍も人間関係について考えるきっかけになるかもしれません。

心理学やカウンセリングに興味のある方はこちらをご覧ください。

参考:「Love in the Time of COVID-19」(Jane Greer/『Psychology Today』)
「Estrangement, Reconciliation, and the Virus」(Karl Pillemer/『Psychology Today』)
「ブルース・ウィリス、家族はどこに…コロナ自主隔離の元妻デミ・ムーアとパジャマで団らん」(『Movie Walker』)

   

関連記事はこちら (画像をクリック)

関連記事

夫婦円満のために「やってはいけない4つのポイント」と「お勧めなケンカ2つのルール」... 夫婦関係が簡単ではないのは、多くの人が知っていることかもしれません。一緒に生活していれば、お互いどうしても気にくわないこともあるでしょう。だからこそ夫婦円満の秘密を知りたい人は多いのではないでしょうか。そこで心理学的な観点から効果のある夫婦円満の秘訣を紹介します。 結婚生活を破綻させ...
離婚に直結する5つのサインって? パートナーとケンカすることは、誰にでもあることでしょう。ただ、それが離婚にまで発展するかどうかは、当事者でもなかなかわからないのではないでしょうか。だからこそ知ってほしいのが、離婚に繋がるケンカのパターンです。 熟年離婚の件数は高止まり離婚の危機を9割当てる心理学者①繰り返し批判する...
どうしてマリッジブルーに? 対策と特に注意すべきポイントを解説!... マリッジブルーに悩んでいる人は少なくありません。しかし、つい最近まで幸せだと感じていたのに、どうしていきなり不安に襲われるのでしょうか?その心理と対策を解説していきます。 マリッジブルーの原因は「距離」日にちが近づくにつれて捉え方が変わるこんなマリッジブルーは気を付けて!マリッジブル...
新型コロナで増加が予想されるDV・児童虐待とその対策... コロナウイルスの猛威による影響は、広範囲に及んでいます。その一つが家庭内の暴力です。国連なども警戒を促すDVや子どもへの虐待について、都市封鎖などによる外出制限が行われている海外の状況などを参考にお伝えしたいと思います。 パンデミックでDV・児童虐待が増える3つの理由3月末には首相に...
夫婦が似てくる理由は、心理学的にも、遺伝子レベルでも説明できる!... 「あの夫婦、なんだかどんどん似てくるみたい……」と思ったことはありませんか。それ、気のせいではありません。心理学的にも、遺伝子レベルでも、夫婦が似てくる理由を説明できます。理由を知ったら、誰かに話したくなりますよ。 夫婦の顔や性格が似てくるのは当たり前?心理学的には、親しい仲だと「ミ...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です