夫婦円満のために「やってはいけない4つのポイント」と「お勧めなケンカ2つのルール」

夫婦関係が簡単ではないのは、多くの人が知っていることかもしれません。一緒に生活していれば、お互いどうしても気にくわないこともあるでしょう。だからこそ夫婦円満の秘密を知りたい人は多いのではないでしょうか。そこで心理学的な観点から効果のある夫婦円満の秘訣を紹介します。

  1. 結婚生活を破綻させる4つのポイント
  2. 「夫婦ゲンカ」でストレス発散
  3. 「良いケンカ」をするための2つのルールとは

結婚生活を破綻させる4つのポイント

夫婦関係についての研究の世界的な権威と言えば、ワシントン大学のジョン・ゴットマン名誉教授でしょう。夫婦の会話を聞くだけで、将来離婚するかどうか9割以上の確率でわかってしまうというのですから。

そんなゴットマン名誉教授は、結婚生活を破綻に導く4つの要素を発表しています。それは以下の4点です。

①非難
②侮辱
③自己弁護
④逃避

つまり夫婦関係を円満にするには、相手を攻撃しないのはもちろんのこと、面倒だからと関わらないといった態度も大いに問題になるということです。

じつはカウンセラーにとって大切な「傾聴」の技術を学んでから夫婦仲が良くなったという話をよく聞きます。しっかり相手と向き合って、話を聴けるようになると二人の関係性が変わってくるのだそうです。

逆に言えば、夫婦がいかに相手の話を聴いていないのかを表しているかもしれません。生返事をして「逃避」をしていると、そのツケを払わなければならない日がくるかもしれませんね。

「夫婦ゲンカ」でストレス発散

目白大学の渋谷昌三教授は『面白いほどよくわかる! 他人の心理学』という著書で、面白い夫婦円満の秘訣を書いています。

それは「夫婦ゲンカ」。

ケンカをすることで互いのストレスを発散し、カタルシスを得ることができるというのです。たしかに一緒に生活することで溜まってしまうストレスを溜め込むよりは、ケンカという形で発散した方がはるかにマシなのかもしれません。

「良いケンカ」をするための2つのルールとは

ただし重要なのは、仲直りしやすい方法でケンカすること。渋谷教授は、そのためのポイントもまとめてくれているので、抜き出してみましょう。

①「私は」「俺は」で語る
これは相手を傷つけない主張方法「アサーション」の基本的なコミュニケーション手法でもあります。「あなた」や「お前」を主語にすると、内容はどうしても攻撃的になってしまいます。ところが自分を主語にすると、主張になります。

実際に書いてみましょう。
「私は家事を手伝ってほしい」
「あなたはなんで家事をしないの?」
同じような状況でも主語を変えるだけで、随分と印象が変わるのがわかるでしょう。ケンカで頭に血が上っても、比較的、実行しやすいコミュケーションスタイルなので、ぜひやってみてくださいね。

②仲直りの仕方を決めておく
もう互いに仲直りしたいのに、どこか意地を張って元の状態に戻れない。よくあることでしょう。仲直りの方法を決めておけば、そんな気まずい時間を過ごさなくて済みます。

「◯◯の店で食事しよう」など、歩み寄れる合図をケンカする前に決めておきたいですね。

しっかり相手と向き合って話を聴き、相手を傷つけないように主張することが夫婦円満の秘訣と言えそうですね。

「傾聴」に興味のある方は、こちらをクリック

関連記事

夫婦関係を良くする3つのテクニック ずっと夫婦仲よくやっていけるかな、と心配になることはありませんか? 相手のちょっとした言動に、不安を感じたり……。そんなときに知っておきたい仲の良い夫婦であり続けるためのテクニックを紹介しましょう。 3人に1人は離婚!余計なことを言わないポジティブな話の比率を考える「ストッパー」を探...
夫婦の危機を救うのは大切な友人 幸せな結婚生活を続けていくために、重要なポイントの一つが友人だという調査結果があります。そこでどうして友情が大切なのかを、各種のアンケート調査から考えてみました。 夫婦の危機を友情が救う話を聴かないパートナーへの不満は高まっていく独身時代の友人は維持できる? 夫婦の危機を友情が...
あなたはどの段階? 離婚に向かう3つのステップと対処法... 夫婦の溝が広がる危険性のある年末年始を前に、夫婦関係を改めて考えてみませんか? 離婚に向かっていく心理的な過程と離婚を回避するためのコミュニケーションの方法を学びましょう。 リスクが高まる年末年始幻滅と失望の時期不満の時期無関心の時期コミュニケーション4つのポイント リスクが高...
「コロナ離婚」につながりかねない夫婦の心理とは?... 「コロナ離婚」という言葉を耳にすることが多くなりました。自宅で顔を合わせる時間が多いだけに、いさかいも多くなり離婚に……。では、こうした離婚のバックグラウンドには、どんな心理があるのでしょうか?その秘密を探ってみました。 東日本大震災の時の離婚率は?熟年夫婦ほど相手のことを知らない相...
パンデミックが「復縁」を後押しする!?... 緊急事態宣言も一部解除され、ようや平穏な日常を取り戻す道筋が見えてきたようにも感じましたが、このパンデミックが大切な人の関係を見直す契機になるのではといった論調もあるようです。紹介していきましょう。 ブルース・ウィリスとデミ・ムーアが20年ぶり一緒に生活残された時間への意識で変わる人...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。