夫婦関係を良くする3つのテクニック

ずっと夫婦仲よくやっていけるかな、と心配になることはありませんか? 相手のちょっとした言動に、不安を感じたり……。そんなときに知っておきたい仲の良い夫婦であり続けるためのテクニックを紹介しましょう。

  • 3人に1人は離婚!
  • 余計なことを言わない
  • ポジティブな話の比率を考える
  • 「ストッパー」を探す

3人に1人は離婚!

日本の離婚率は35%前後で推移しており、3人に1人は離婚する時代です。

とはいえ「夫婦関係調査2021(リクルートブライダル総研調べ)」によれば、「夫婦関係に満足している」割合は67.2%となっており、必ずしも日本人の夫婦仲が悪いわけではなさそうです。

ただ「夫婦関係に満足している」と答えなかった32.8%がすべて離婚するとは考えられないので(関係が悪化しても離婚しない人も!)、時間とともに夫婦が仲悪くなって離婚してしまう人達も少なくないのでしょう。つまり夫婦仲が悪くないときから、関係を悪化させないように気を配る必要があるのかもしれませんね。

そこで、まだ夫婦仲が悪いとは言えないけれど、ちょっと将来の関係性に不安を感じた人が実行すべきテクニックを順番に紹介していきましょう。

①余計なことを言わない

夫婦仲の基本は誠実さにあることは間違いないでしょう。しかし情報を何でも共有すべきかどうかは難しいところです。

オランダのユトレヒト大学、キャトリン・フィンケナウアー氏は、夫婦の秘密について調査しました。昔の秘密を告白することが夫婦関係にとって壊滅的な危険があると考えた人は、結婚生活を20年以上継続している夫婦の62%にのぼったそうです。このような結果を受けて、夫婦でも秘密にしておいた方がいいことがあると、キャトリン・フィンケナウアー氏は結論付けています。

自分の過去に言えないことがあるのは、珍しいことではないかもしれません。「あのときは、どうかしていた」と思うことだってあるでしょう。そうした過去の後悔を、パートナーに話して認めてもらうのは理想ですが、その危機を乗り越えられるとは限りません。むしろ墓場まで持って行く決意を持つことが大切なのかも。

旅行口コミサイトトリップアドバイザーが調査した「世界の結婚事情」では日本より離婚が多いオランダ。そこで20年以上夫婦を続けている人たちの意見なのですから、信憑性があるように感じる人も多いでしょう。

②ポジティブな話の比率を考える

ワシントン大学の心理学名誉教授、ジョン・ゴッドマン博士は、夫婦の会話を聞くことで、将来の離婚を9割以上の確率で当てたと言われている人です。そんな夫婦仲の専門家が、好ましい人間関係を築くため見つけた黄金比は「ゴットマン比率」と呼ばれています。

夫婦の場合、「ポジティブ5 ネガティブ1」を会話の基本にすべきとのこと。

つまりネガティブな話を1つしたいなら、ポジティブな話を5つすべきというわけです。ちなみに仕事関係でもボスと部下なら、「ポジティブ4 ネガティブ1」です。

相手の嫌がることは、なるべく口にせず、言うならばしっかりと誉め言葉も口にすべきというわけです。

親しい仲だからこそ耳の痛い話をすべきと思う人も多いでしょう。しかし心理学の調査によれば、やはり耳の痛い話は人間関係を損ねる可能性があります。夫婦仲を維持しつつ、耳の痛い話もする必要があるなら、パートナーをしっかり誉めましょう。

逆にあら捜しをしているようなら、要注意です。

ジョン・ゴッドマン博士は、結婚が長続きしない4つの兆候として、「批判」「軽蔑」「防衛」「無反応」を挙げています。パートナーとの会話について、このような兆候がないかを考えてみるのもいいでしょう。

③「ストッパー」を探す

夫婦ケンカをしたとき、ひょんなことで仲直りをしたり、いい争いが激しくなるのを防げたりしたことがありませんか? 例えば、パートナーの手を握ったり、「ちょっとコーヒーでも飲まないか?」と誘ったり。

オーシャンカウンティカレッジのニール・J・ラベンダー准教授は、恋人や夫婦のケンカをくい止める行動を「ストッパー」と呼んでいます。それはユーモアを交えたもので、何となくお互いに笑って相手を許してしまうような行動のようです。

この「ストッパー」は、カップルや夫婦によって、それぞれ異なります。一緒に見た映画の一場面を思い出させるようなものもあれば、旅行の思い出をヒントにしたといったものもあるそうです。

そして良い関係性を続けているカップルや夫婦は、こうした「ストッパー」を持っていることが多いようです。互いがエキサイトしてしまったケンカを終わらせる「ストッパー」のヒントは、一緒に過ごした幸せな時間の中にありそうです。過去の思い出の中から、つい笑ってしまうような行動をパートナーと話し合いながら見つけるのは、ちょっと楽しいイベントになるかもしれません。

時間が空いたときに、パートナーと一緒に「ストッパー」を探してみませんか?

人間関係を改善するコミュニケーションについて興味のある方は、こちらもご覧ください。

監修:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会

参考:参考:『世界最先端の研究から生まれた すごいメンタル・ハック』(内藤誼人/清談社Publico)/「The “End Marital Spats in Less than 5 Seconds” Hack」(Neil J. Lavender, Ph.D.,/Psychology Today)

関連記事

あなたはどの段階? 離婚に向かう3つのステップと対処法... 夫婦の溝が広がる危険性のある年末年始を前に、夫婦関係を改めて考えてみませんか? 離婚に向かっていく心理的な過程と離婚を回避するためのコミュニケーションの方法を学びましょう。 リスクが高まる年末年始幻滅と失望の時期不満の時期無関心の時期コミュニケーション4つのポイント リスクが高...
離婚に直結する5つのサインって? パートナーとケンカすることは、誰にでもあることでしょう。ただ、それが離婚にまで発展するかどうかは、当事者でもなかなかわからないのではないでしょうか。だからこそ知ってほしいのが、離婚に繋がるケンカのパターンです。 熟年離婚の件数は高止まり離婚の危機を9割当てる心理学者①繰り返し批判する...
夫婦を危機から救う3つのポイント 良好な夫婦関係を維持するために、どんなことが大切なのか知っていますか? 今回は夫婦の関係満足度について調べてみました。もしかしたらあなたのパートナーへの気配りは、夫婦関係にプラスに働いていないかもですよ!? コミュニケーション的確なサポート財産の共有 ①コミュニケーション ...
結婚しても仲良く暮らせる相手なのかを判断する3つのポイント... 夫婦は仲良くありたいものですが、現状は3組に1組が離婚しています。離婚を避けようと思うなら、信頼関係を築ける人を選ぶ必要があります。そして夫婦の信頼関係には遺伝子が関係していることが発見されています。 ①感謝・信頼・許容からチェック アーカンソー大学、フロリダ州立大学、マルギ大...
「結婚生活は幸福なの?」の疑問に答える... 結婚が幸福をもたらしてくれるのかは、なかなか判断しづらい問題でしょう。個人差も大きいですし、何よりパートナーの文句を口にする人が必ずしも結婚生活に満足していないとも言い切れないからです。そこで結婚生活の心理について調べてみました。 7割以上が結婚に幸福感結婚している方が長生きお金が離...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。