「ウチはみなし残業制だから残業代は支払わない」はウソ!

ブラック会社だということに、入社してはじめて気づくケースも少なくありません。特に夜遅くまで働かされ、かつ残業代がイマイチ支払われない会社で、よく使われるのが、「ウチはみなし残業制だから残業代は一切出ないよ」です。

でも、それって間違っているケースがほとんどです。ブラック企業に心身共に追いつめられないためにも、みなし残業制についてしっかり知っておきましょう。

  1. まずは固定残業代の金額と時間を確認する
  2. みなし残業制で、想定されている残業時間を超えた残業代はどうなる?
  3. 「給料出てるんだから、想定されてる残業時間分は働け」も間違い
  4. 「先月は残業してないから、今月はそのぶん働かなきゃ」もおかしい
  5. 上司も勘違いしているかも! 早めの確認が吉

まずは固定残業代の金額と時間を確認する

就業規則や雇用契約書をよく見てください。みなし残業を導入しているのであれば、給与関係の項目に固定残業代についての記載があるはずです。例えば、「月給25万円(30時間分の固定残業代5万円を含む)」など。

地域によって格差はありますが、最低賃金を下回っていないかを確認しておくことが必要です。「月給20万円(40時間分の固定残業代3万円を含む)と記載してある場合、一時間当たりの残業代は750円です。自分の地域の最低賃金と比較してみてください。

また、労働基準法に基づく「36(サブロク)協定」では、一ヶ月における残業時間の上限を45時間と定めています。よって、45時間以上の固定残業代は違法となるケースがあります。

みなし残業制で、想定されている残業時間を超えた残業代はどうなる?

月々の固定残業代に対して、実際に自分がどのくらい残業をしているのか確認してみましょう。みなし残業制でも、想定されている残業時間を超えた場合、残業代が支払われなければなりません。

みなし残業を行う会社でよくあるのが、タイムカードがないケースです。そうした場合でも労働時間は自分できっちり管理してみましょう。また、深夜労働手当や休日出勤手当は、「みなし」扱いにはなりません。残業実際の労働時間に基づき、別途の支払いが必要となります。

「給料出てるんだから、想定されてる残業時間分は働け」も間違い

みなし残業制を採用する場合、固定残業代は毎月必ず支払わなければなりません。つまり、残業時間がゼロであったとしても、固定残業代を含んだ給与の全額を受け取る権利があるのです。

「給料出てるんだから、想定されてる残業時間分は働け」なんて言われて、毎日必要のない残業を続けているとしたら、それは必要のない労働です。

「先月は残業してないから、今月はそのぶん働かなきゃ」もおかしい

みなし残業の場合、固定残業代はそのぶん働いていなくても確実に支払われる給与です。よって、今月は残業が少なかったからといって、翌月で帳尻を合わせるように長時間労働をする必要はありません。「先月は残業してないから、今月はそのぶん働かなきゃ」との思い込みは、間違いです。もし、あなたがそうした思い込みで残業をしているなら、やめましょう。あなたの行動が周りの人を帰りにくくさせているかもしれません。

上司も勘違いしているかも! 早めの確認が吉

「みなし残業だから、残業代はナシ!」と言い張っているような上司こそ、働き過ぎて胃が悪そうな顔をしている場合も多いのです。上司自身、思い違いをしているケースもあるかもしれません。自分たちはもちろん、上司や部下の労働環境を改善するためにも、疑問を覚えたときは早めに上司や総務などに確認してみましょう。

関連記事

残業代は全部割り増し料金じゃなきゃ違法?... 企業の残業代未払いでメディアが賑わうと、「ウチはちゃんと計算してくれているのかな?」と、少し不安になりませんか? 給与明細を確認してみるその前に、まず残業代についての知識をつけておきましょう。そもそも残業代はすべてが割増料金になるわけではないって、知ってましたか? 給料明細を見てみ...
【ついに始まる】同一労働同一賃金って?キホンを解説、ギモンを解消... 2020年から、「同一労働同一賃金」が始まります。正規労働者と非正規労働者の不合理な待遇差をなくそうという取り組みで、働き方改革関連法の一つです。基本的なことを理解して、疑問を解消しておきましょう。 なんていう法律なの?どんな内容なの?いつから始まるの?誰が対象になるの?守られなかっ...
雇い止め解決について 2018年あたりから雇い止めの問題がメディアで取り上げられることが多くなりました。 2015年に労働者派遣法が改正されて3年たったからです。そこで過去に雇い止めがどう決着したのかを紐解いてみましょう。 雇い止めの和解解決が難しい雇用問題早く解決したかった労働者 雇い止めの...
医師の労働環境は改善されるの?時間外手当の判決から考えてみた... 医師の不足による長時間労働は、問題になり続けています。働き方改革でも検討会が設置されたほどです。しかし、なかなか状況は改善しません。このような状況で、司法がどのような判断を下したのかを紹介します。 時間外手当を1億円と算定ずっと緊急事態に備えているのに労働ではない!?50時間以上の連...
そもそも労働者ってなに?ちょっと法律的な解釈を調べてみました!... 労働者かどうかなんて、普通は考えたことがない人がほとんどでしょう。でも、労働組合に入って会社側と交渉するときなどには、大きな意味を持ってきます。ちょっと不思議な「労働者」の定義をお伝えしますね。 労働者じゃないと団体交渉できない労働者の要件は3つプロ野球選手もオペラの合唱団員も「労働...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です