人がたくさんいるからこそ、誰にも助けてもらえない恐怖!衆人環視のパラドックス

治安の悪い場所では人通りの少ない道などを歩かない方が安全です。でも、じつは人が多すぎるからこそ危険なこともあるのを知っていますか?

  1. こんなにたくさん人がいるのになぜ?
  2. 責任感の拡散によって援助行動の抑制が起こる?
  3. 「誰か助けて」ではダメ!迷わず相手を特定して!

こんなにたくさん人がいるのになぜ?

衆人監視の中で起こった事件はいくらでもあります。例えば、1985年に起こった豊田商事会長刺殺事件では、多くの報道関係者が見守る中、犯人は窓を破り、詐欺事件の首謀者を刺殺してしまいます。どうして誰も止めることができなかったのかという議論がわき起こりました。

しかし多くの人がいるからこそ、人は援助行動を取らなくなるということが心理学的に証明されているのです。

心理学者のビップ・ラタネは、次のような実験を行いました。舞台はリサーチ会社の一室で、被験者は18歳から22歳の大学生です。女性職員を装った実験者が、被験者を個室に通し、「ゲームに関しての質問に回答を記入してほしい。回答の間、私は隣室にいます」と言って、その場を立ち去りました。

このとき、個室の状況は次の4パターンに分かれていました。

パターン1:被験者が一人だけで個室にいる

パターン2:被験者はサクラの学生と2人で入室し、サクラはこの後何が起こっても黙々と回答を続ける

パターン3:お互いに面識のない被験者2人が通される

パターン4:友人同士の被験者2人が通される

さて、被験者が解答用紙に記入を始めると、先ほど個室に案内してくれた女性職員の悲鳴が隣室から突然聞こえてきました。女性職員は「助けて!」と叫び、その後はうめき声などをあげています。これは実は録音によるもので、全く同じ音声を130秒間、さまざまなパターンの個室に聞かせました。

いったいどれほどの被験者が、女性を助けに行こうとしたでしょうか。パターン1、被験者の他には誰もいない部屋では、約70%の確率で何らかの援助行動が起こりました。しかし、パターン4、パターン3の順で援助行動が起こった確率は下がっていき、無反応な他人といるパターン2では、7%の学生しか積極的な動きを見せなかったのです。

責任感の拡散によって援助行動の抑制が起こる?

この実験をもって、ラタネは「他者の態度が事態の緊急性の解釈に影響を与える」ことを提唱しました。パターン2で、ほとんどの学生に援助行動の抑制が起こったのは、サクラが何の反応もなく回答を続けているのを見て、「たいしたことないのかな」と自分の判断を変えてしまったと考えられています。

また、「他者の存在は責任感を拡散させる」ことも実証しました。たとえ気心の知れた友人同士であっても、自分一人ではなく複数で同じ場に居合わせた場合、「自分が助けなくても、誰かが助けるだろう」という心理が働き、結局誰も何もしなくなってしまうということです。

このように、人がたくさんいるからこそ、かえって援助行動が行われなくなることは、「衆人環視のパラドックス」といわれています。

「誰か助けて」ではダメ!迷わず相手を特定して!

電車内であなたが、困った事態に陥ったり、路上で事故に遭ってしまったとき、「誰か助けてください」ではダメなのだということを、ラタネの実験は教えてくれます。責任感の拡散を防止するには、相手を特定して助けを求めることです。

「そこのあなた、車掌さんを呼んでいただけませんか」「あなた、携帯電話を持っていたら救急車を呼んでください」と、人を指定して具体的に要望を訴えましょう。

また、助けを求める声が聞こえたら、その場でできることだけでいいですから、最悪な状況になる前に、まずあなたからアクションを起こしましょう。他者の態度が緊急性の解釈に影響を与えるなら、自分さえ動けば、周りの誰かが反応してくれるはず。「この人を助けよう」という空気を、作りだすことが大切です。

参考:『社会心理学ショート・ショート』p.34~

関連記事

なりたい自分になる!アファメーション6つのポイント... アファメーションを知っていますか?なりたい自分をフレーズにして何度も口にすることで、実現に導くといったもので、アスリートにより効果が確認されたという論文もあります。アファメーションの世界をちょっと覗いてみませんか? スポーツ競技で効果が!6つのポイント スポーツ競技で効果が! ...
脳を刺激して集中力を取り戻す!すぐに試せる6つの方法... 集中力がなく、何となくボーッとして、頭のキレがない。気づけば携帯やPCの画面を見てしまっている。そんな状態なのは、脳が疲れているからかもしれません。そこで脳の疲れを回復させる6つの方法を紹介しましょう。 脳が喜ぶ6つの対策 どれだけ健康的な生活をしていても、イマイチ頭の回転がよ...
集中力を取り戻す!散らかっている環境を整える6つのステップ... 忙しいから、疲れているからなどなど理由はさまざまですが、生活全般が整っていないと感じることはありませんか? 散らかった部屋は集中力を奪います。ベストなパフォーマンスを取り戻すための6つのステップを紹介します。 散らかっている環境は脳に負担 ボンド大学ビジネススクールのリビー・サ...
散らかった部屋をスッキリさせる3つの基準... 気づけば部屋が散らかり、「モノが多すぎるからだ」と心から思った人も多いことでしょう。片付けは面倒なものですが、新年度の始まりに合わせて、思い切って不要なものを捨ててみませんか?今日は断捨離に関連する情報と、その方法を紹介します。 人はモノをため込む性質がある精神にも経済にも悪影響まず...
悪い習慣を絶ち切るのに必要な4つのステップ... 直したい習慣の1つや2つは、だれにでもあるでしょう。週末のスナック菓子や睡眠時間を奪うネットサーフィン、食後に吸いたくなるタバコなどなど。そんな悪癖の数々を手放すための4つのステップを紹介しましょう。 悪習慣で「報酬」を得ている!?取り除いてはいけない 悪習慣で「報酬」を得てい...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です