ウソだとわかっていても効果がでる「プラシーボ効果」を活用する

「プラシーボ効果」という言葉をきいたことがありますか? 薬効成分のない偽薬であっても、効果が出てしまう現象を指します。「病は気から」を地でいくような話ですが、近年、その効果の高さに注目が集まっており、日々の生活に活用しようといった動きもあるのです。

  • 偽薬でも効果がある!
  • フリをする
  • 行動の理由を考える
  • 儀式をつくる

偽薬でも効果がある!

薬効を確かめるときに、偽薬(プラシーボ)を混ぜたりします。ただ偽薬であっても効果が出てしまうことがあり、人によっては副作用の症状を訴えることもあるそうです。

こうした思い込みの「効果」がバカにできないものであることが、近年、さまざまな研究からわかってきています。痛み、不眠、下痢などへの効果は有名です。さらに不思議なことには、偽薬だとわかった上で服用しても効果があることです。腰痛などに、何らかの効果があったというレポートもあります。


プラシーボに関するおすすめ記事をチェック

どうしても頑張りたいときの栄養ドリンク、効果を高める2つの方法
潜在意識に働きかけるポジティブな言い換え10選


では、どうしてこのような効果が生まれるのでしょうか?

複合的な要因だと言われていますが、その要因の一つとしてよくあげられるのがアメリカの社会学者ロバート・K・マートンが提唱した「予言の自己成就」です。「予言の自己成就」とは、根拠のない噂や思い込みであっても、人々がその状況が起こりそうだと考えて行動することで、事実ではなかったはずの状況が本当に実現してしまうこと。

例えば、合意が難しそうな案件だと思っていると、相手を説得する粘りが足りなくなったり、妥協点を求めて可能性を探る動きが少なくなるため、結果的に失敗してしまうことがあるのです。このようなケースでは、成功を疑わずに行動していればうまくいった可能性があります。

病気へのプラシーボ効果については、医師以外には活用が難しいものです。しかし日常生活であれば、「プラシーボ効果」を活用できるのではないかといった指摘があります。特にオープンラベルプラセボと呼ばれる、偽薬だとわかっていても効果があるいった現象は、日々の行動改善に役立つと期待されています。

今日は、世界的なプレゼンターが集うTEDの発表者であり、作家のタニア・ルナ氏の提言を紹介していきましょう。

①フリをする

現実を動かすのは前向きな行動です。成功間違いなしと積極的に行動したり、楽しいフリをして会議に臨んだりといった振る舞いによって、現実が変わってくるそうです。だからこそ前向きになれる環境が整っていると「思い込んで」動いてみることで、何かが動き出すかもしれません。

実際。大変な仕事であっても、楽しそうに作業している人がいると携わる人のモチベーションも変わってくるものです。プラシーボ効果を信じて、フリをしてみましょう。

②行動の理由を考える

なぜ行動をしようとするのか、その理由をしっかり考えましょう。

なぜ仕事をするのか、なぜ新しい技術を学ぼうとするのか、なぜ健康的な食事にするのか、なぜ運動をするのか。明確な理由があれば、より強いプラシーボ効果を期待できます。いまの行動の重要性を、しっかり認識しましょう。

③儀式をつくる

タニア・ルナ氏は、寝つきをよくしたいと思ったら、ラベンダーのスプレーを散布して就寝すればいいと解説しています。眠くなった時にラベンダーの香りを繰り返しかぐことで、逆にラベンダーの香りで眠くなるからです。これは心理学では条件付けと呼ばれるもので無意識の連想を強めるものであり、プラシーボ効果の要因の一つとも言われるものです。

ただ、こうした行動自体、珍しいものではありません。集中力をアップするために就業前にコーヒーを飲む、営業前に手順通り服装をチェックするなど、多くの人が日常的に使っているテクニックです。

また儀式が定着すると、同じ動きでもスピードや滑らかさが変わるため、その日の体調などがわかるとも言われています。日々同じ動作をしているだけに、その日は集中力が足りない、体調がイマイチといったことも感じるようになるというのです。

精度を上げたい行動や継続したい行動に、自分なりの「儀式」を付け加えてみましょう。

今日はプラシーボ効果の活用法について紹介しました!

心理学を活用して行動を改善したいと感じている方は、こちらもご覧ください。

監修:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会

参考:「Surprise! Mind Over Matter: The Power of Placebo」(Tania Luna/Psychology Today)

関連記事

集中したい人に絶対おすすめしたい3つのテクニック... 仕事を素早く終わらせるために、多くの人は集中力を欲します。しかし集中しようと思っても、簡単には集中できないものです。そこで集中力を発揮するためのテクニックを紹介します。 どうすればフロー状態に近づく?制約を追加する謎を見つける作業の時間を決める どうすればフロー状態に近づく? ...
集中力の大敵「仕事の中断」と「出社直後」を克服する方法... 仕事を短時間に片付けるには集中力が必要です。ただ、集中力をアップさせるのは意外に大変なもの。そこで「仕事の中断」や「出社直後」でなかなか上がらない集中力を取り戻す方法をまとめてみました。自分に合った方法を試してみてください。 仕事が中断した場合には出社後に集中力が上がらない人は ...
テレワークで途切れがちな集中力をアップするコツ... 急速に定着したテレワーク。出勤しないで働ける、自分のペースで働けるなどのメリットがある一方、自宅だと集中力が下がってしまう…といった声も。そこでテレワーク時に集中力をアップさせる方法をまとめてみました。 集中力が切れたときのスマホは要注意休息時のストレッチは効果的余計なものが目に入ら...
脳を刺激して集中力を取り戻す!すぐに試せる6つの方法... 集中力がなく、何となくボーッとして、頭のキレがない。気づけば携帯やPCの画面を見てしまっている。そんな状態なのは、脳が疲れているからかもしれません。そこで脳の疲れを回復させる6つの方法を紹介しましょう。 脳が喜ぶ6つの対策 どれだけ健康的な生活をしていても、イマイチ頭の回転がよ...
今すぐ集中したい人のためのタイプ別6つの方法... 集中力を上げることは、ビジネスパーソンにとってますます重要になっています。テレワークが進む中で、結果が求められる傾向も強まりつつあり、時間内に仕事こなすことが求められるようにもなってきているからです。そこで集中力の高め方について調べてみました。 左脳タイプか右脳タイプか調べるBGMや...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。