海外でも大人気の「カワイイ」は「不気味の谷」の手前だった!?

日本の「kawaii」に世界から注目が集まるようになって、随分と時間が経ちました。すでに市場規模もかなりの額となっています。では、「カワイイ」とは、いったいどんなイメージなのでしょうか? 

  1. 300億円の市場規模も!
  2. 不完全で未成熟なもの
  3. ロボットと「カワイイ」

300億円の市場規模も!

女子高生たちがあらゆるものを「カワイイ」と表現するようになった当時、その言葉の貧困さを嘆く論調がメディアにはありました。しかし「カワイイ」はその後どんどん拡大していきます。

2015年8月には原宿に「カワイイ モンスター カフェ」がオープン。ここは、いまだに外国人の人気観光スポットとなっていますし、カワイイおもちゃを手に入れることができるカプセルトイは2017年には約300億円の市場規模を持っています。また「加熱式たばこ」のシェアは「カワイイ」ケースなどで決まるといった記事も出るほど、いまや「カワイイ」は国内外でビジネスを引っ張る力を持っています。

では、実際のところ「カワイイ」とは、どのようなものを指すのでしょうか? 何となくわかっているけれど、いまさら聞けない「カワイイ」について説明しましょう。

不完全で未成熟なもの

比較文学者の四方田犬彦氏は『「かわいい」論』(ちくま書房)で、「カワイイ」を「不完全・未成熟であり、小さい」、そして「グロテスクな要素が含まれている」と説明しています。

この未成熟の部分を拡大し、徹底的に成熟を拒否したのが「ロリータ・ファッション」や「ゴスロリ・ファッション」(ゴシック・アンド・ロリータ・ファッション)であり、装飾過多な要素も「カワイイ」の大きな特徴になっています。

じつは日本のアニメなども、極端に目と頭が大きいなどといったキャラクター設定により、未成熟さを持つようにデザインされています。それどころかアニメのダンスなども、モーションキャプチャーで作ったスムーズなアニメを、わざわざ動きがぎこちなくなるように変えて放送していたというのです。こうした動きの不完全さも、「カワイイ」の大きな特徴の1つなのです。

海外のアニメでは、わざわざ動きを劣化させることはないので、これは日本のアニメの特徴といえそうです。

ロボットと「カワイイ」

こうした「カワイイ」の概念は、将来的にはロボットの製作に関わってくるかもしれないと、考えさせる論文もあります。尚絅大学の畠山真一准教授が書いた「カワイイ概念と『不気味の谷』現象について」です。

そもそも「不気味の谷」とは、ロボットの見かけを人に近づけていくと、あるところまでは親和感が高まるのに、一定の範囲を超えるといきなり「不気味の谷」と呼ばれるゾーンに突入して気持ち悪くなるというのです。

人間と区別がハッキリつくぐらいのロボットはかわいく感じるのに、似せすぎると不気味に感じることは、多くの人が知っているのではないでしょうか。この原因については諸説ありますが、人に似すぎたロボットに死を感じたり、未知なものとしての違和感を覚えるのでは、という説もあります。

いずれにしても、人間と見分けがつかなくなるまで似せすぎると、人はこの不気味さを感じ続けてしまうので、人間に似せたロボットを作る際には問題になりそうです。

しかし顔や動きを不完全な形にデフォルメする「カワイイ」ロボットなら、「不気味な谷」に入る直前の高い親和性を得られるかもしれません。

日本人はもともとロボットを人と同じように扱う感覚を持っており、自動車工場にある産業用ロボットですらアイドルの名前がついていたと話題になったことがあります。こうした意識に加えて、「カワイイ」外見を好む感性を持つ日本人は、ロボットの導入に他国より抵抗が少ないかもしれません。

つまり、ものによっては、「カワイイ」がさらに市場規模を拡大するかもしれないのです。若い人だけの感性と決め付けないほうがいいかもしれませんね。

関連記事

『「むなしさ」を感じたときに読む本』から学ぶ「むさしさ」との付き合い方... 最近、むなしいと感じたことはありますか?理由があってむなしいと感じるときもあれば、特に原因もなくむなしさを感じてしまうこともあるでしょう。そんな「むなしさ」の正体と対処法を「対人関係療法」の第一人者である水島広子医師の書籍から紹介していきましょう。 「むなしさ」が社会を覆うようになっ...
疲れる人とつき合わない!心に優しい新習慣... 精神的に疲れるのは、どんなときですか?根を詰めて仕事したときより、人間関係に疲れてしまうことが多いのではないでしょうか。会うだけで疲れるような人から距離を取る新習慣を身につけましょう。 時間とエネルギーを奪う「パワー泥棒」代表的な3タイプ自分の順位を1番にする自分の時間とエネルギーを...
脳科学者・中野信子さんに学ぶ「サイコパス」の見抜き方... 「サイコパス」を知っていますか?魅力的な外面と、冷酷で人を人とも思わない態度。関わった者が不幸になるとも言われる気質について、脳科学者である中野信子さんの著作から、その特徴と現代社会での暮らし方について学んでみましょう。 共感しにくいサイコパスサイコパスなのか注意したいポイント ...
「生産性の向上」に夢中になり過ぎないように注意して!... 働き方改革で大きな問題となっているのは「生産性」でしょう。現在でも多くの人が生産性の向上に努めています。欧米でも生産性はビジネスパーソンにとって重要なためか、その行き過ぎが問題になっているようです。 離婚やメンタルヘルスの悪化に6つの兆候に注意「生産性依存」的傾向の3つタイプ ...
性格はオフィスや部屋からわかる! 友人や恋人の性格を知りたいと思ったことは、誰にでもあるのではないでしょうか。意外な一面を見つけたとき、「本当の性格は、どうなんだろう?」と考えたりしてしまいませんか。そんな人にお勧めなのはその人の部屋を見ること。じつは心理学でも証明されている方法です。 部屋を見た印象はけっこう当たる...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です