男性も産後うつに?追いつめられる前に知っておきたい育児休暇

子どもが生まれたら、夫婦の生活は金銭的にも時間的にも負担が大きくなります。それはママだけでなく、パパも同じです。「赤ちゃんが生まれてから、不安やイライラで眠れない」と感じたら、男性もうつを疑ってください。そして上手に育休をとりましょう。

  • 産後うつとは
  • 男性も産後うつになる可能性がある
  • 女性には産後サポートがあるが、男性はほったらかし?
  • 男性が産後うつになる前に、思い切って育休を!
  • 家族全員が健やかに過ごせるような働き方を

産後うつとは

産後うつとは、出産後に抑うつ状態が数週間から数か月続くものです。なぜか極端に悲しくなる、怒りっぽくなる、何もかもに興味がなくなるといった状態になり、周囲から「出産おめでとう」と言われる祝福された状態にもかかわらず、暗い気分で過ごすことになります。

産後うつ病の原因は、さまざま考えられます。、産後エストロゲンや甲状腺ホルモンといった女性特有のホルモンが急激に低下することなどが作用していると言われています。また、夫やその他家族からのサポートが得られないと本人が感じてしまうことも、一因に挙げられるようです。

男性も産後うつになる可能性がある

産後うつは、その原因の一端を産後のホルモン分泌に求める説があることから、出産を経験する女性に特有のものと捉える人が大多数でしょう。しかし、新生児を世話する慣れない生活に疲労するのは、男性も同じようです。

兵庫医療大学の西村明子教授らが2012年から15年にかけて行った研究では、およそ2000組の乳児の親に調査を行ったところ、13.6%の父親がうつ状態と診断されました。女性が産後うつにかかる割合が10~15%程度とされているので、父親も母親と同様、うつに陥る危険性があるといえます。

女性には産後サポートがあるが、男性はほったらかし?

女性の産後うつは比較的よく知られており、各自治体の保健福祉窓口など、健康支援機関がサポート体制を敷いているケースが多く見られます。女性が母子手帳を取得申請しに行くと、自治体によっては30分から1時間程度、不安なことについての聞き取りや食事指導が行われ、精神科への通院経歴があるかなども調査されます。

また、産後1ヶ月ほど経つと、自治体による新生児訪問が行われます。新生児の体重測定と授乳指導、そしてうつ状態に陥っていないかをチェックするためのアンケートが渡されます。アンケートでうつ傾向にあると判断された母親については、定期的に電話相談などでのサポートを行うなどして見守り体制が敷かれるのです。

一方で、今の日本で男性が産後うつに陥ると、認知度の低さゆえ、サポートしてくれる仕組みがなかなかありません。母親は妊娠や出産によって自治体から認知され、サポート情報が集まってきますが、父親は孤立してしまいがちで、情報もうまく集められないのが現状です。

男性が産後うつになる前に、思い切って育休を!

子どもが生まれると、夜中も赤ちゃんの世話をしなければならないことから、寝るのは深夜でまた早朝からの出勤が続き不眠になりがちです。それを抜きにしても、不安が頭をよぎって眠れなかったり、イライラすることが多くなったり。子どもと向き合うのが辛く感じるようになったら、思い切って育休をとってみてはどうでしょう。

育児・介護休業法により、子どもが一歳に達するまでの間は、性別を問わず育児休業を取得できると定められています。また、子どもが一歳を超えても、保育園に入れないなど休業が必要とされる場合には、子どもが最長2歳に達するまで取得可能です。

また、夫婦で取得すれば、「パパ・ママ育休プラス制度」により、子どもが1歳2ヶ月になるまで育休期間を延長できます。雇用保険に加入していれば、原則として賃金の67%の給付を受け取ることができるため、経済的な不安もやわらぐのではないでしょうか。

家族全員が健やかに過ごせるような働き方を

育児休暇は男女問わず利用できる制度にもかかわらず、厚労省の調査によれば男性の育休取得率は6%程度にとどまっています。いくら給与の3分の2は保障されるといっても、キャリアが止まってしまう育休を選ぶのは、勇気がいることかもしれません。

しかし、産後うつに陥ってしまっては、働きたくても働けなくなります。うつ状態がひどくなれば、育休どころか退職に至ってしまうかもしれないことを考えれば、自分のためにも家族のためにも早目に育休をとることが肝心なのではないでしょうか。

不調が続いたら、まずは自分の心の訴えをじっくり聞いてみてください。そして、家族全員が健やかに過ごせる働き方を考えてみてはいかがでしょう。

相手の気持ちを理解し、丁寧に聴く力「傾聴力」を身につける「産業カウンセラー養成講座」に興味のある方はこちらをご覧ください。

参考:父親・母親に対する産後うつ病予防統合プログラムの開発/平成30年度雇用均等基本調査(速報版)

関連記事

繊細すぎる子どもHSCって?特徴と子育てのポイントを紹介!... 自分の子供を敏感過ぎなのでは、と思ったことはありませんか?大きな音やまぶしい光に驚いて泣き出したり、すごく臆病だったり。そんな繊細な子ども「HSC」の特徴と、その子たちが生き生きと力を発揮できるようになるポイントを紹介します。 知っておきたい6つの特徴とは 繊細すぎる人である「...
「働きたい」と「働けない」を行ったり来たりの産後女性の心理とは... 出産後、仕事復帰する女性社員にどんな仕事を割り振るべきか悩む経営者も、ワーキングマザーと一緒に働くとき気を遣う社員も、考えていることは一つです。そう、「育休復帰後の女性は仕事についてどう考えてるのか?」。仕事復帰したワーママを取材して、わかったことをお伝えします。 産後、仕事復帰した...
暴力的シーンがある番組は、本当に子どもの暴力を助長する?行為そのものより大事なこと... 暴力的なシーンがある番組は、本当に子どもの暴力を助長するのでしょうか。実は、心理実験でそれを確かめた人がいます。興味深い実験をひもといていくと、暴力行為そのものよりも大事なことが見えてきました。 バンデューラのポポ人形実験暴力行為の後は、きちんと叱ることが大事バイキンマンは、いるだけ...
心理学から考える引きこもり傾向の人たちの攻撃性... 2つの事件によって引きこもり傾向の人たちへの注目が高まっています。では、引きこもりの心理状況は、どのようになっているのでしょうか?専門家のインタビューや心理系の論文から説明します。 心配なのは事件ではなく餓死 家庭内暴力は起こしやすい家族と他者は違う他者からの評価に敏感 心配...
健やかな心理環境を育てるために、子どもにかけたい言葉7選... 子どもの健やかな心理環境を育てられるような言葉をかけてあげたいですよね。子どもは、ポジティブな言葉で明るく育つもの。いつでもかけてあげられる、また簡単に変換できる言葉を中心に集めてみました。 「大好きだよ」(存在の全肯定) 「○○なら大丈夫だよ」(根拠を必要としない信頼)お手伝いを...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です