200人に1人といわれる「共感覚」。 VRの進化であなたも体験できるかも!

共感覚って知っていますか? 一つの感覚の刺激によって別の感覚が引き起こされるというもの。そんな共感覚について調べてみました。

  1. 音を聴いて色を感じる? 共感覚の不思議
  2. 芸術家には共感覚の持ち主が多い。あのアーティストも…
  3. 共感覚を持たない人でも共感覚を体験できる?

音を聴いて色を感じる? 共感覚の不思議

共感覚の具体的な例としてはモノクロの文字や数字を見たときに色がついて見えたり、音楽を聴くと色が見えたりするという現象があります。

色に限らず、においや音や形など、何の感覚から何の感覚が引き起こされるかというパターンは個人によってさまざまで、これまでに150種類以上の共感覚のパターンが発見されているそうです。

こんな説明を読んでも、共感覚を持たない人にとってはあまり理解できない内容なのではないでしょうか。薬などの影響で幻覚を見るのと、どうちがうのと思われるかもしれません。実際、共感覚自体は100年以上前から知られている現象ですが、脳の活動を客観的に観察できるようになるまでは、非科学的なものとされ研究が進んできませんでした。

しかし、ここ30年ほどでfMRIのような脳機能イメージング技術と呼ばれる技術が進化したことで、たとえば音楽を聴いたときに本来反応する脳の聴覚野という部位以外に、視覚野の色知覚野が活動している様子が客観的にみてとれるようになりました。共感覚が単に変わった人たちの幻覚などではないということがわかってきたのです。

共感覚はインドの神経外科医ヴィラヤヌル・ラマチャンドラン氏によれば、200人に一人の割合で存在するといわれています。一説にはもっと高い割合で存在するともいわれ、芸術家により高頻度で出現する、遺伝性があるなどといった情報もありますが、なぜ共感覚が生まれるのかといった詳しいメカニズムについては、いまだ研究途上です。

芸術家には共感覚の持ち主が多い。あのアーティストも…

芸術家には高い頻度で共感覚の持ち主が生まれるといわれていますが、具体的にはどんな顔ぶれなのかを見てみましょう。

有名どころでいえば、音楽の「神童」ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。彼は音に光が見えるという共感覚の持ち主でした。また、フランスの詩人アルチュール・ランボーや、ロシアの作家で『ロリータ』を書いたウラジーミル・ナボコフは、文字に色がついて見えたそうです。彼らのような芸術家が共感覚を持つ場合、通常では関連付けられないようなアイデア同士を結び付け、それを創作や物事の記憶に活かすことで素晴らしい作品を生んでいるのではないかといわれています。

昔の有名人だけではなく、最近の有名アーティストにも共感覚の持ち主は存在します。ニューヨークを中心に活動する気鋭の若手キーボード奏者で、ブルーノート東京での演奏も大好評だったジェイムズ・フランシーズは、音を聴くと色を感じるという共感覚を持っています。そして2019年最大の新人といわれるシンガーソングライターのビリー・アイリッシュは、音を聴くとにおいや色や感触がついてくるという、複数の感覚が引き起こされるタイプの共感覚の持ち主だそうです。

二人ともその共感覚をアーティストとしての活動に活かしているようで、ビリー・アイリッシュについては新作のアルバムを宣伝するイベントとして、収録されている曲ごとに部屋を作り、そこに彼女が楽曲制作時に感じていた世界を再現するという体験型ミュージアムをロサンゼルスで企画・開催しました。期間限定のミュージアムだったことから短期間で終了してしまった企画ですが、訪れた人は映像や音、におい、温度などからビリーの頭の中の世界を体感することができました。

共感覚を持たない人でも共感覚を体験できる?

ビリー・アイリッシュの体験型ミュージアムのように、共感覚の人の世界を他の人も体験できる装置が、2019年に日本で登場しています。クリエイターでゲームデザイナーである水口哲也氏が中心となって生んだ「シナスタジア X1 – 2.44」は、「共感覚的体験装置」といわれる椅子型の装置で、音・光・振動によって、共感覚そのものではないものの「共感覚的」と呼べる体験を可能にしました。水口氏は2016年にも共感覚的体験ができるアイテムとして、「ゲームをプレイしながら音楽と共鳴できる」という全身スーツを開発しています。

これからVR技術のような新技術の進歩によって、よりリアルに共感覚を体感できたり、音・光・振動といったもの以外の感覚についても体感できたりするようなアイテムが、どんどん生まれてくるかもしれませんね。

参考

イミダス 時事オピニオン「なぜ音や文字に色が見えるのか?」

心理学ビジュアル百科(越智啓太 著/創元社)

関連記事

「ひらめき」を生み出す心理学的行動5選... 「ひらめきがあれば……」とも思うことはありませんか? 新しい何かを生み出すため、あるいは問題を解決するため、何かアイデアが必要だと思うことは以前より増えているかもしれません。そこで「ひらめき」を得るための方法について調べてみました。 社会が「ひらめき」を求めている視線を動かすボーっと...
犬派と猫派の性格の違いを最新研究で分析... 皆さんは犬派ですか、猫派ですか? 犬派と猫派では性格が違うのではないかという予測は昔からあり、心理学の研究者が大規模調査をしてきた項目でもあります。そこでイヌ派とネコ派の研究結果をまとめてみました。 日本のアンケート調査から犬派と猫派の性格特性犬派は「支配的」?政治的な傾向にも影響!...
自分を変える5つのテクニック 自分を変えたいという願望を持つ人は少なくないでしょう。そして、そのためのテクニックも世に溢れています。しかし『自分を変える89の方法』ほど多くのやり方を集めている書籍は珍しいでしょう。そこであまり目にしたことのない自己改革の方法を、この本から紹介しましょう。 巷に溢れる自分を変える方...
悪い習慣を絶ち切る6つの質問 多く人が辞めたいと思っている悪い習慣はあるでしょう。ただ、それを手放すのは容易ではありません。春の新生活が始まったのを機に、悪い習慣を絶ち切ってみませんか? 習慣を変える6つの質問を用意したので、答えを書き留めながら読み進めてください。 新たな決意は効果がない【質問①】直したい悪い習...
集中したい人に絶対おすすめしたい3つのテクニック... 仕事を素早く終わらせるために、多くの人は集中力を欲します。しかし集中しようと思っても、簡単には集中できないものです。そこで集中力を発揮するためのテクニックを紹介します。 どうすればフロー状態に近づく?制約を追加する謎を見つける作業の時間を決める どうすればフロー状態に近づく? ...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。