絶対に睡眠時間を削ってはいけない4つの理由

ダラダラと海外ドラマを見ていたら、いつの間に深夜になり、睡眠時間が削られてしまった。そんな経験は誰にでもあるものです。しかし、その影響がどれほど大きいものかは、あまり知らないかも。でも、次の4つの事実を知ったら夜更かしが怖くなるかもしれません!

心も頭も働かなくなる

世界的に見ても、日本人は睡眠時間の短い国民です。もちろん適切な睡眠時間は人によって異なりますが、睡眠不足の影響は私たちが思っている以上に大きいようです。たんに翌日、眠気を我慢すればいいといったものではなさそうです。

そこで睡眠不足が招く、さまざまな体調の変化について報告していきましょう。

①太る
これは知っている人も多いかもしれませんね。
睡眠不足によって空腹感を増進させるストレスホルモン「グレチン」が増加し、逆に食欲を抑えるホルモン「レプチン」が低下します。そのため夜更かしをすれば、自動的に食欲が増加してしまうのです。

さらに脂肪を蓄積するタンパク「BMAL1」は、午後10時~午前2時に活性化します。最も活動が抑えられる午後3時と比べると約20倍も違うので、夜更かしして小腹が空いたからとお菓子を食べるのは、肥満の元になるのです。

②体が痛くなる
カリフォルニア大学のアダム・クラウス氏などの研究によれば、寝不足によって痛みに敏感になってしまいます。同じ刺激でも、より痛みを感じてしまうのです。さらに脳が痛みに反応するのが鈍くなってしまうために、体の痛みに対する防御作用が低下し体に備わっている鎮痛効果が下がってしまうそうです。

痛みに敏感になる上に、その痛みを抑える機能も低下するのですから、痛みを強く感じるのは当然でしょう。
腰痛や頭痛など慢性的な痛みを抱えている人は、睡眠不足に気を付ける必要があります。

③不安になる
マシュー・ウォーカー氏の研究によれば、睡眠は不安を解消するそうです。抑うつ状態の人に、睡眠サイクルの乱れが見られることはよく知られていました。ウォーカー氏の研究は、こうした臨床での報告を脳の活動から証明したことになります。

勉強や仕事が進まないからと不安になって睡眠時間を削って頑張ると、より不安感が増してしまうのです。

④頭が働かなくなる
睡眠不足は集中力を奪い、情報を頭の中に一時的に保存する作業記憶の能力を低下させることがわかっています。そのうえ米国のミシガン州立大学に所属するキンバリー・フェン氏の研究によれば、作業の進捗のチェックミスも睡眠不足によって15%から30%に跳ね上がったそうです。

つまり寝不足になると、作業そのものにミスが多くなるだけではなく、そのチェックも難しくなってしまうのです。

また睡眠時は脳の老廃物の処理が進むので、睡眠時間が短くなれば脳にゴミが溜まり続けます。睡眠時間は、脳が活動しやすいよう環境を整える時間でもあるのです。その時間を削るなんて、とてもおすすめできません。

睡眠の大敵「リベンジ夜更かし」

仕事や勉強などで睡眠時間が削られてしまうなら、その量を調整する必要があるでしょう。しかし睡眠時間を確保できるはずなのに、寝ないでダラダラと過ごしてしまう人も多いのではないでしょうか?

このような行動は、「リベンジ夜更かし」と呼ばれます。
なぜ「リベンジ(復讐)」と名付けられたのかといえば、こうした行動を取る人多くが、自由な時間を確保できない生活を送り、その復讐のために夜更かしすると考えられているからです。

つまり子育てや仕事、勉強など、時間に追われて生活をしていると、翌日のために睡眠時間を確保するのではなく、自由な時間がなかった1日の復讐を果たすために夜更かししてしまうのです。

もし、あなたが日々「リベンジ夜更かし」をしているなら、自分が納得できるぐらいの自由時間を確保する必要があります。テレビを見たり、ツイッターをチェックしたりするのが悪いのではなく、そうした時間を自分に与えずに予定を詰め込んでいるのが問題なのです。

リラックスできる時間を取りましょう。

日々の生活に使える心理学の活用法に興味のある方は、こちらもご覧ください。

監修:日本産業カウンセラー協会

参考:「Why All-Nighters Are “All Bad” for You」(Naveed Saleh M.D./Psychology Today)/『働きざかりのねむり読本。』(日本睡眠教育機構)

関連記事

今日からぐっすり! 心のモヤモヤを吹き飛ばす快眠メソッド... なんだか眠くてだるいし、気分もスッキリしないと思っていませんか? その原因は睡眠かもしれません。朝スッキリ目覚め、昼間元気に過ごすための快眠メソッドを紹介します。 試したい6つのメソッド病気予防にも大事な睡眠 試したい6つのメソッド 寝不足と心のモヤモヤの関連性は、科学的...
すぐできる!眠りの質を上げる6箇条で睡眠不足を解消... 良い眠りを得るために何をしたらいいのかは、いろいろな書籍や情報が出回っています。睡眠に効く生活リズムなども広く情報が知れ渡っています。そこで睡眠が重要とわかっていても改善しにくいと感じているビジネスパーソン向けの情報お伝えします。 手を付けやすいことからやってみよう! 睡眠の質...
睡眠負債は侮れない!毎日のパフォーマンスを最大限に保つための「眠る技術」... 睡眠負債という言葉をご存知でしょうか。「睡眠は一日3時間で十分!」というタフな人をよく見かけますが、そんな人ほど身体が徐々にむしばまれているかもしれません。質の高い睡眠で、最高のパフォーマンスを! 睡眠負債という考え方質のいい睡眠を確保する方法「たっぷり時間はあるのに寝付けない」そん...
脳を刺激して集中力を取り戻す!すぐに試せる6つの方法... 集中力がなく、何となくボーッとして、頭のキレがない。気づけば携帯やPCの画面を見てしまっている。そんな状態なのは、脳が疲れているからかもしれません。そこで脳の疲れを回復させる6つの方法を紹介しましょう。 脳が喜ぶ6つの対策 どれだけ健康的な生活をしていても、イマイチ頭の回転がよ...
集中力を取り戻す!散らかっている環境を整える6つのステップ... 忙しいから、疲れているからなどなど理由はさまざまですが、生活全般が整っていないと感じることはありませんか? 散らかった部屋は集中力を奪います。ベストなパフォーマンスを取り戻すための6つのステップを紹介します。 散らかっている環境は脳に負担 ボンド大学ビジネススクールのリビー・サ...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です