心理学が教える「やり抜く力」を手にする方法

「グリット(GRIT)」という言葉を知っていますか? Guts(闘志)、Resilience(粘り強さ)、Initiative(自発)、Tenacity(執念)の4つの頭文字をとった言葉で「やり抜く力」と訳され、才能以上に重要だとも言われている能力のことです。続ければ習得できるはずなのに根気が続かない。そんな人にぜひ試してほしいグリットの強化方法を紹介します。

  • 才能より大切なのは努力
  • 自ら課題を見つけ克服していく
  • 失敗しても諦めないための4つの方法

才能より大切なのは努力

「グリット」研究の第一人者であるアンジェラ・ダックワース ペンシルベニア大学教授は、スペルの正確さを競う大会参加者の調査から「やり抜く力」が強かった人が、大会を勝ち抜いたことを報告しています。一方で「言語知能指数」、つまりこの大会に有利な才能は勝敗と無関係だったと書いています。

それはスペルの暗記という才能より努力が報われやすい競技だったからではと思うかもしれませんが、アンジェラ・ダックワース教授は、才能は大切だが、その2倍努力が重要だと書いています。

「努力の天才」とも言われる野球選手のイチローは、次のように自分を評してします。

「努力せずに何かできるようになる人のことを『天才』というのなら、僕はそうじゃない」

メジャーリーグの数々の記録を塗り替えてきた選手が努力を大切にしていることは、粘り強く続けることの大切さを示すものでしょう。

自ら課題を見つけ克服していく

では、「やり抜く力」を身に付けるにはどうしたらいいのでしょうか? 

アンジェラ・ダックワース教授は、まず好きにならないと努力できないと指摘しています。ただ、好きになったからといって努力が続くわけではありません。というのも、ほとんどの人は飽きてしまうからです。例えばスポーツでも面白いと思える期間は意外に短いもの。もっとうまくなりたいと思って練習を始めても、身体に動きを覚えさせる反復練習に辟易とした経験は多くの人にあるのではないでしょうか。

努力の大敵である「飽き」を克服するのは、容易ではありません。しかし、ジョージア工科大学のイアン・ボゴスト教授は、芝生を刈るといった単純作業でさえ飽きずに取り組むことができると解説しています。

彼は芝の成長の仕方とその扱い方について多くの情報を集め、どんな器具が適していて、どのようなスキルが必要なのかを調べました。つまりゲームを攻略するように、より効率的に美しく刈る方法を研究していったというわけです。

こうした探求に夢中になっている人は意外に多いものです。以前、少し話題となったそば打ちを学ぶ中高年などは、簡単には習得できない技術を、試行錯誤しながら学んでいくことに夢中になっているのでしょう。

自分で課題を見つけ、その問題を解消するために努力する。このサイクルを続けることが、やり抜く力を高める土台となります。継続して努力したいことがあるなら、まず情報を集め、小さな課題を克服していくことに集中してみましょう。

自らの成長が実感できるようになると、それにかける情熱も高まっていくでしょう。

失敗しても諦めないための4つの方法

課題の発見と成長という好循環に入ったとしても、努力を続けるのは簡単ではありません。スキルを身に付けて上達すればするほど成長の度合いは低くなります。また努力が必ずしも報われないということも頻発します。

それなりに努力をしているのに結果が出ないといった状態でも、しっかりと努力を続けることが成功への近道ですし、グリットの高い人の行動でしょう。アイリーン・バーンズ博士は、失敗にめげない方法を書いているので、そのいくつかを紹介しておきましょう。

①行動の「理由」を考える
どうして努力を続けているのかを原点に立ち返って考えましょう。そして努力を続けることで、自分と周りの人にどんなメリットがあるのかを考えることが重要だそうです。自分の努力が何につながっているのかをしっかり把握することが、やり抜く力を高めるポイントの一つです。

②ほかのやり方を試す
うまくいかないのは、やり方が適切でないからかもしれません。別のやり方で挑戦してみましょう。

③さらに掘り下げる
新しい情報やスキル、ツールを探します。成功するための方法を考え、活用できるものがないかを考えます。他人とコラボすることで解決できる場合もあるかもしれません。

④一時的に距離を取る
思い詰めすぎるとうまくいかないケースも出てきます。そんな時には少しだけ離れて自身のエネルギーの回復を待ち、新鮮な気持ちで取り組めるようにしましょう。

今日はやり抜く力についてまとめました。新年に目標を立てたなら、ぜひその達成のために活用してみてください。

日々の生活に活用できる心理学の知識に興味のある方は、こちらもご覧ください。

監修:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会一般

参考:『やり抜く力』(アンジェラ・ダックワース/ダイヤモンド社)/「What’s the Secret Ingredient for Success Toward Your Goal? 」(lene Berns-Zare PsyD/Psychology Today)/『Indistractable:How to Control Your Attention and Choose Your Life』(Nir Eyal/Bloomsbury Publishing)

関連記事

いますぐ試したい!「やり抜く力」を強化する5つの行動... 物事を粘り強く進めていくためには、どうすればいいのでしょうか?心理学の研究は、いくつかの答えを探し出しています。どうすれば続くのかを、今回はモチベーションの観点から考えてみたいと思います。 ポイントは「人生の目的」を持つこと ロールモデルを見つけてみる 日々の生活を意義あるものに変...
日々のメンタルを整える4つのテクニック ~三日坊主にならないために~... 「何となく気分がのらない」「ささいな一言でやる気を失った」。そうやって目標に向けた努力を放り出してしまいたくなるとは、誰にでもあるでしょう。だからこそ日常的にメンタルを自分でケアしておくことが重要になります。手軽に試せる方法をまとめてみました。 気分が目標達成の邪魔をしているなら落ち...
心理学が教える「運を味方に付ける」科学的な手法4選... 運がよくなりたいと思ったことは誰にでもあるでしょう。とはいえ運をコントロールできると思っている人は、まずいないのではないでしょうか。それでも運を味方に付ける方法は研究されているようです。「運」に関しての研究成果をまとめてみました。 努力できることがないか考えてみるポイントはチャレンジ...
イノベーションに欠かせない斬新なアイデアを生み出す3つの方法... イノベーションの重要性が叫ばれるようになり、より注目を集めるようになったのが「創造性」でしょう。しかし、これまで斬新なアイデアなんて考えたことがなかったのに……と頭を抱えてしまう人も多いかも。そこで斬新なアイデアを生み出す方法を紹介しましょう。 安心なアイデアが求められる時代 ...
なりたい自分になる!アファメーション6つのポイント... アファメーションを知っていますか?なりたい自分をフレーズにして何度も口にすることで、実現に導くといったもので、アスリートにより効果が確認されたという論文もあります。アファメーションの世界をちょっと覗いてみませんか? スポーツ競技で効果が!6つのポイント スポーツ競技で効果が! ...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。