ミステリアスな話で相手の興味を引く

ビジネスでは相手の興味を引くことが、とても重要な場合があります。プレゼンや広告などは、その典型でしょう。そんなときに効果を発揮するのが、相手を最後まで飽きさせない心理的な刺激です。そのような刺激の一つがミステリアスな話なのです。

  1. CMが禁止されたから売り上げが伸びたミステリアス!?
  2. 議論は反論が有利
  3. 常識を壊して興味を引く

CMが禁止されたから売り上げが伸びたミステリアス!?

米国ではタバコのテレビ・ラジオのCMが禁止されたことで、タバコ業界は広告費の3割のカットに成功し、売り上げが増加した例があります。

この一見、不思議でミステリアスな事例は、心理学とマーケティングの第一人者であるアリゾナ州立大学のロバート・チャルディーニ教授の著書『プリ・スエーション 影響力と説得のための革命的瞬間』に記された事例です。

チャルディーニ教授は、

「謎めいた話には完了を強く求めさせる力が宿っている」

と書いています。映画などでも謎めいたシーンが冒頭に盛り込まれることは少なくありません。

タバコのテレビ・ラジオのCMの話には続きがあります。

それはタバコ業界の代表者が、米国の議会公聴会でテレビとラジオでのタバコCMの禁止を熱心に提案したことです。

ただしタバコ業界は、広告をまったくしなかったわけではありません。紙媒体の広告やスポーツのスポンサー広告、販促用の無料サンプル、映画でのタイアップ広告などには逆に力を入れたのです。

このミステリアスな話の裏側には、テレビとラジオに公平な広告時間を与えるようにという米連邦通信委員会の決定が関わっていました。つまりタバコのCMが流れるたびに、その反論のCMが無料で与えられていたのです。

議論は反論が有利

じつは反論は非常に強い力を持ちます。特に相手の主張の情報源が全般的に信頼できないと論じると、ほとんどの場合、その論戦に勝つことができるそうです。

つまり常に反論の場が無料で与えられるテレビとラジオのCMは、タバコ業界にとってマイナスにしかなりませんでした。こうした反論の機会を減らすことで、タバコ業界は一定の売り上げを確保することができたのです。

すべての状況説明が終われば、その内容はさして驚くようなものではないでしょう。しかし、最初に謎めいたミステリアスな話題が提供されたため、通常なら興味が失せる話の細部にまで関心が増してしまったというわけです。

常識を壊して興味を引く

相手が「なぜ」と思う話を提供することで、相手の興味が一気に増すことはわかっていただけたのではないでしょうか。ただし問題は、ミステリアスな題材と謎めいたストーリーを作るのが、なかなか難しいことです。

そこで、その変化形として紹介したいのが、常識を覆して話を展開するといった方法です。例えば、ダイエット食品の販売をするときに、「そもそもカロリーは体重の増減と関係ありません」といった話をすれば、聞き手を引き付けます。

その上で常識が覆された根拠を示し、そこに自分の主張を織り交ぜていくことで興味を持ち続けてもらうことができるのです。

ビジネスの場面で、活用してみてはいかがでしょうか。       

関連記事

金銭交渉で負けたくないなら、絶対に知っておきたい3つのルール... 経済環境が苦しくなると、金銭交渉もシビアになることが少なくないでしょう。そんな金銭交渉で負けないためのルールを紹介します。心理学が教える意外なポイントです。 心理学は金銭交渉も研究対象 金銭交渉はいつもスムーズにいくとは限りません。限られた利益を配分するのですから、互いに簡単に...
職場の人間関係を改善する2つのワーク... 人間関係は円滑にしたいものです。しかし現実にはなかなか厳しいのではないでしょうか。そもそも人間関係がうまくいくコツがわからないという人も多いでしょう。そこで良好な人間関係を築くワークを紹介しましょう。 人間関係に大きな影響を与える「NF領域」自分の「NF領域」を確認長所を見つけて口に...
成功したい人必読!自制心がわかる4つの性質と6つの訓練法... 根性論が苦手な人でさえも、我慢や自制心が成功に結び付くことは知っているのではないでしょうか。それでも自制心を発揮するのは簡単ではありません。気が付けばテレビやネットで時間をつぶしてしまうことに……。そんな人に、自制心が身に付くとっておきの方法をご紹介します。 目標達成に必要なのはモチ...
生活習慣を変えられなくて困っているあなたに、イェール大教授からのアドバイス... 宣言をすると目標を達成しやすくなることは広く知られています。でも、その達成した生活習慣を維持することは、目標を達成するより難しいことを知っていますか?そこで習慣の維持に効果のある方法について調べてみました。 ダイエットした体重を維持できるのは5人に1人精神力を必要とする習慣は避ける定...
自信をなくしたときに試したいメソッド6つのポイント... 自信を失うとついついネガティブに考えがちです。そんなとき欲しいのは、ギラギラしたポジティブさではなく、静かな自信なのではないでしょうか。穏やかで揺らぎのない姿勢を獲得するためのポイントを書き出してみました。 成功できる鍵は自己評価 臨床心理学者のナサニエル・ブランデンは、自著で...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です