どうしても自信が持てないなら「責任」に目を向けてみよう!

自信を持って積極的に生きるためにはどうしたらいいのか?そんな思いを抱えている人は少なくないでしょう。その答えはいくつもあるのですが、今回はちょっと変わった論点「責任感」から解説していきます。

  1. 「誰も助けてはくれない」と悟る
  2. 自分のできることは必ずある!
  3. 責任を持っていない領域を探す

「誰も助けてはくれない」と悟る

自己評価が高い人は責任感が強いと聞いて、ピンとこない人もいるかもしれません。実際、責任感は強いのに、自分の行動に自信を持てなくて、逆に責任感で押しつぶされそうな人を見たこともあるのでないでしょうか。

しかし米国の臨床心理学者であるナサニエル・ブランデンは、『自信を育てる心理学』(春秋社)の中で次のように書いています。

「サイコセラピー(心理療法)のなかでもっとも急激な変化が起こるのは、人が『助けに来てくれる人は誰もいないのだ』と感じた時です」

つまり責任感が強いといったレベルではなく、自分で突破するしかないという覚悟まで持つことで、人は自信を持てるということでしょう。他人を当てにしないで、自分で生き始めるからこそ自己評価が高まっていくのだそうです。

自分の人生に責任を持っていれば、自分の夢に向けても猛然と走りだし、誰かが助けてくれるのを待ち続けることもありません。そう考えると、自分の人生に責任を持つことは、自信を持って生きていくための重要なポイントといえそうです。

自分のできることは必ずある!

さて、どんな分野で責任を持つことが必要なのでしょうか?

『自信を育てる心理学』(春秋社)では、次のように列挙しています。おそらく意外なものもあると思うので、少し長いですが引用してみましょう。

・私は自分の選択と行動に責任がある。

・私は自分の時間の使い方に責任がある。

・私はどんな意識で自分の仕事に向かうかに責任がある。

・私は自分の身体を大切にすることに責任がある。

・私は、ある人とつきあうかつきあわないかの選択に責任がある。

・私はほかの人々への接し方に責任がある。

・私は、自分の存在に意味を与えるか与えないかに責任がある。

・私は、自分の幸せに責任がある。

・私は、自分の人生に責任がある。

どうでしょうか?

こんなにも責任を持つ範囲があるのかと感じたのではないでしょうか。責任を持って考えられるようになると、

「『どうしてわたしはこんなに受け身なのだろう?』とぐちをこぼすのではなく、『どうしてわたしは自分をこんなに受け身にさせているのだろう?』と」考えるようになるそうです。

受け身なのも、やる気がわいてこないのも、自分が周りの人に理解してもらえないことも、自分が責任を持ってやれることはきっとあるということです。もちろん自分の力ではどうしようもないこともあるでしょう。しかし他人に対する態度と行動に責任を持つことで、気持ちは明るくなり、力も湧いてくるそうです。

責任を持っていない領域を探す

この本が紹介しているエクササイズには、「責任を持っている領域と持っていない領域」を把握することを勧めています。

さっそく次の分野について、自分が責任を持っているのかを考えてみましょう。次の領域について、1~10までのレベルで点数を付けてみましょう。

・健康

・感情

・恋人の選択

・配偶者の選択

・経済的な幸せ

・仕事に対する意識と責任

・人間関係に対する意識と責任

・対人関係のもち方

・知性的な発展

・性格

・幸せ

・自己評価

点数の低い領域は、どうしたら改善するのかを考えてみてください。

改善を考えるにあたっての重要なアドバイスを1つ。

どう改善すればいいのかわからないと感じるかもしれませんが、見ないようにしているだけで、人は答えがわかっているのだそうです。

「私が……の領域で、もっと責任をもつようになるには……」という文章を自分なり完成してみください。……の部分にしっかりと答えがあります。 答えが見えたら、実際に動いてみること。小さな一歩かもしれませんが、そうした行動が人生を積極的に変えていくはずです。

関連記事

ビジネスの現場でも注目されている「無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)」!... 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長だった森喜朗氏の女性蔑視発言の騒動を受けて、無意識の偏見に警鐘を鳴らす記事も出ていました。そこで無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)について調べてみました。 「それって常識でしょう」は危険自分の偏見は気づきにくい自分から直したと思わせ...
自信過剰の伝染がビジネスを失敗させる!?... 自信過剰な人に出会うことは珍しくはありません。何の根拠があるのかわからないけれど、とにかく自信満々。そうした人たちと一緒にいると、自分も自信過剰になってしまうことをしっていますか?今日は自信過剰が引き起こすビジネス上の問題と、その対策についてまとめました。 自信過剰の投資は危険自信過...
「まじめに仕事しているのに評価されない」と感じたときに対策法... 職場できちんと評価されていないと感じることはありませんか?これだけ貢献しているのに、上司や会社側の評価はイマイチ。そんな日々にやる気をなくしてしまっていることも……。でも、もしかしたら、心理学的な錯覚もあるのかもしれません! 能力が低い人ほど過大評価の傾向マインドセットを変えていく ...
自信をなくしたときに試したいメソッド6つのポイント... 自信を失うとついついネガティブに考えがちです。そんなとき欲しいのは、ギラギラしたポジティブさではなく、静かな自信なのではないでしょうか。穏やかで揺らぎのない姿勢を獲得するためのポイントを書き出してみました。 成功できる鍵は自己評価 臨床心理学者のナサニエル・ブランデンは、自著で...
人間関係を改善し、自分を変える基礎となる「自己受容」って? ... 良い人間関係を構築するためには、自分を受け入れる「自己受容」が大切と言われます。そこで「自己受容」の意味と、そのトレーニング方法を調べてみました。 他人との関係の基礎にある自分との付き合い方自己受容と自己肯定は違う自己受容が出発の起点となる!自己受容の訓練方法って? 他人との関...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です