心理学が教える若返りの方法って?

アンチエイジングを気にする人は、以前より多くなっているようです。化粧品やサプリメントも数多く販売されています。しかし老化防止に心理的な作用が大きいことを知っていますか? 心と加齢についてまとめてみました。

  • 心理実験で若返りに成功
  • 老化のメカニズムは解明されていない
  • 美容とファッションに注意

心理実験で若返りに成功

1979年、ハーバード大学のエレン・ランガ―教授がちょっと面白い実験をしました。その名前は「カウンタークロックワイズ研究」。直訳すれば時計の針巻き戻し実験といったところでしょうか。

この実験では、75歳の男性16人を集め、20年前の環境で1週間生活させたのです。家電やインテリアはもちろん、部屋の雑誌や本も20年前のもの。実験参加者は当時を思い出しながら生活しました。その結果、ほとんどの参加者の身体の柔軟性が増し、視力が平均1割改善し、握力も強くなったそうです。つまり若返ったのです。

この実験結果から、老化は肉体以上に思考に支配されているという可能性が生まれたのです。特にランガ―教授は、自分の限界を自らで決めてしまうことが問題なのではと指摘しています。

老化のメカニズムは解明されていない

意外に思うかもしれませんが、老化のメカニズムは完全には解明されていません。遺伝子の影響も25~30%程度と言われており、環境や食生活、心理状況などを含めた生活環境が老化の大きな原因ではないかと注目されています。

日本では寿命が伸び続け、明らかに老化のスピードは遅くなっています。その事実を如実に物語るのが、『サザエさん』の登場人物、磯野波平さんの年齢です。なんとあの容姿で54歳。『サザエさん』の連載が始まったのが、1946年(昭和21年)で、昭和25年の男性の平均寿命が58歳なので老けていても当然なのでしょう。

これぐらいの年齢なら、これぐらい老けていても当然だという意識は加齢を進ませます。「カウンタークロックワイズ研究」では、わずか1週間で視力や握力まで復活していることを思い出してください。自分で描く年齢のイメージが、加齢を呼び寄せる部分もあるのです。

美容とファッションに注意

では、実年齢に意識が引っ張られないようにするためには、どうしたらいいのでしょうか? そのヒントがサントリーウエルネス(株)のまとめた『実感年齢白書 2022』にあります。

この白書によれば、実感年齢が若い人は、そうでない人の1.7倍「鏡で自分をチェックする」そうです。自分の容姿を気にしているからこそ若さを保てるというわけです。

さらに実感年齢を実年齢より若く答えた人たちは、以下の選択肢を最大で2割も多く選んでいるとのこと。

・ファッションは自分の個性を表現するものだと思う
・自分の姿を鏡でよくチェックするほうだ
・髪型にはこだわっている
・自分の素肌に自信がある
・肌つやを気にかけるほうだ
・爪のケアを怠らないほうだ
・同年代と比べて白髪が少ないと思う

美容への意識が高く、しっかりと身体のケアしている人ほど若さを保てる可能性が高いのです。肌つや、髪、爪、ファッションなどに手抜きをせず、労力を傾けてみるのはおすすめです。また若い時に興味のあった趣味を再開してみるのも、時計の針を巻き戻すきっかけになるかもしれません。

人の心のしくみについて興味のある方は、こちらもご覧ください。

監修:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会

参考:『ココロの謎が解ける 50の心理実験』(清田予紀/三笠書房)

関連記事

「死への意識」がモチベーションとパフォーマンスを変えていく... モチベーションアップの方法は、さまざまな研究が進んでいます。内発的動機づけや長期目標などは、多くの人が耳にしたことがあるかもしれません。しかし今回は「死への意識」。やや風変わりなモチベーションアップの方法をご紹介しましょう。 スポーツではパフォーマンスが3~4割アップ 死を意...
目標達成にかける労力・情熱が限られている人のためのテクニック「ブライト・スポット」探し... 1月は目標を定め、新たな一歩を踏み出すのに適した時期ですが、すでに目標を見失い暗雲が垂れ込めている人もいるかもしれません。そこで自分を変えるための効果的な方法を紹介します。目標は立てたけれど、うまく実行ができないという人にこそ試してみてほしいテクニックです。 失敗は頭に残りやすい ...
肥満でダイエットを決意したメタボな人に教えたい痩せるテクニック5選... ダイエットを決意したとき、多くの人はダイエット方法に集中しがちです。例えば食べ物の制限方法や食べる時間の制限などなど。しかし肥満でダイエットを決意したなら、その原因を取り除く必要があるでしょう。健康のために痩せなければならないメタボの人におすすめの方法をまとめました。 まずは肥満原...
運動の習慣化を成功させる3つのテクニック... 運動の習慣化に失敗した人は少なくないでしょう。体が重かった、二日酔いだった、寝坊したなどなど。理由はさまざまですが、なぜかいつも中断してしまうもの。そこで運動を習慣化するために最も効果的な方法を調べてみました。 生活全般を変える効果も! 効果とやりやすさから選んでみる ...
今年こそ達成したくなる目標を立てませんか?... 新年の目標は立てましたか? 1月は目標達成が2割ほどアップするボーナス月。自分に合った目標を立てていきたいですね。そこで新年の目標を立てるときの注意点についてまとめました。 目標を見てもワクワクしないときは 目標の動機を考える 欲求不満の素を考える 新しい行動を目...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です