成長と目標達成に疲れたら試したい3つのヒント

私たちの多くは成長と目標達成に力を注いでいます。あるいは成長できない自分に、どこかいら立ちを感じているかもしれません。成長それ自体は悪いことではありません。ただ疲れているなと感じたら要注意! さらに成長を求めるべきなのか考える材料を集めてみました。

  • 成長も限界かも!?
  • 何もしないときにも幸せが
  • 現実的な目標を設定すること
  • 全体を維持すること
  • ブレーキを踏むこと

成長も限界かも!?

私たちの多くは「成長」を追い求めています。成長マインドセットを身に付け、自らと組織の成長を目指す姿勢を持とうとし、よりコスパの良い生活を目指し、SNSでのつながりを広め、より「いいね」を集めようとしています。また最近は働きながら勉強することも、当たり前になりつつあります。

こうした思考は、厳しい環境を乗り越えてきた私たちの祖先の進化とつながっているとも言われています。確かに365日食料を採取できない環境で人が生き残れたのは、はるか昔により多くの食料を収穫し、冬に向けて備蓄をしてきたからでしょう。

しかし成長や利益拡大に向けた動きは、もしかすると限界を超えているのかもしれません。実際、20年前と比べて日々の生活はかなり忙しくなったと、多くの人が感じているようです。企業では人を削減し、生産効率を上げることで利益を増やそうとしてきました。さらに原因は複数あると思いますが、うつ病などに代表されるメンタルヘルス不調は増加傾向にあります。

何もしないときにも幸せが

ノースイーストオハイオ医科大学のディミトリオス・ツァティリス助教授は、余裕のない成長への願望に警告を発しています。成長が重要であることをわかりつつも、もしかしたら私たちの幸福は、能動的に動く必要のない中にもあるのではないかと書いているのです。

子どもが遊んでいるとき、空を眺めているとき、自然の中を歩いているときなどなど。別に何かを求めて行動していなくても、満足する時間は確かに作れそうです。成長と目標達成に多くの時間を費やしているからこそ、その行き過ぎに気を付けるべきでしょう。そこで「もっと欲しいという罠」にはまらないための3つヒントを書いておきます。

順番に説明していきましょう。

①現実的な目標を設定すること

目標の達成は必ずしも幸福につながりません。必死に頑張って手に入れたお金や地位に幻滅することもあるでしょうし、逆にさらなる欲望を生み出すこともあるでしょう。

だからこそ自分にとっての現実的な目標がどこなのかを、しっかりと考え設定する必要がありそうです。

ただ目標を持っているからこそ、有意義な時間を過ごすことができたといったこともあるので、このさじ加減はなかなか難しいのかもしれません。

②全体を維持すること

成長と目標達成に心奪われると、人生のバランスが崩れてしまう可能性があります。仕事だけに没頭して家族を省みなかったといったことも、人生全体のバランスを崩したことになるでしょう。

ディミトリオス・ツァティリス助教授は広い視野を持つようにアドバイスしています。さまざまな役割に担い、どれもが損なわれないように気を付けましょう。

ちなみに終末期の緩和医療に携わる大津秀一医師がまとめた書籍『死ぬときに後悔すること25』(新潮社)によれば、後悔のベスト3は以下の通りです。

第1位 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと
第2位 美味しいものを食べておかなかったこと
第3位 自分の生きた証を残さなかったこと

③ブレーキを踏むこと

ディミトリオス・ツァティリス助教授は、目標に向かって全力で走っている状態だと、本当に大切だけけれど小さいことを見逃してしまうと書いています。

人生を本当に意味のあるものにするためには、たまにはブレーキを踏んでスピードを落とす必要があるそうです。

今日は頑張り過ぎている人が、自分の生活の見直すヒントをまとめてみました。

人の心のしくみについて興味のある方は、こちらもご覧ください。

監修:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会

参考:「How to Be Happy With Less」(Dimitrios Tsatiris M.D./Psychology Today)

関連記事

心理学を活用して衝動買いを抑える方法6選... 衝動買いをすることはありますか? じつは衝動買いは、心理学の研究対象でもあります。そこで衝動買いしやすいタイプや衝動買いを抑える方法について調べてみました。 衝動買いをしやすいタイプって?疲れているときにショッピングをしないショッピングの前にお茶やコーヒーを飲まないお金に余裕...
目標達成したい人必読!自制心がわかる4つの性質と6つの訓練法... 根性論が苦手な人でさえも、我慢や自制心が成功に結び付くことは知っているのではないでしょうか。それでも自制心を発揮するのは簡単ではありません。気が付けばテレビやネットで時間をつぶしてしまうことに……。そんな人に、自制心が身に付くとっておきの方法をご紹介します。 目標達成に必要なのはモチ...
不安を増大させる危険な「反芻思考」を招く3つのパターンと対処法... 同じことを何度も何度もネガティブな記憶を思い返して、落込んだり、不安になってしまうことはありませんか? それが反芻思考です。今日は反芻思考になりやすいパターンとその対策をまとめてみした。 「考えないようにする」は厳禁!性格の変化だと思い込まない他人から無視されたと思い悩まない他人が自...
「やりたいこと」を見つける7つの質問... 「やりたいこと」を見つける重要性を耳にすることが多くなってきたように思います。人生100年時代を迎え、仕事への意識もキャリアの積み上げ方も多様になっていく中、改めて自分の価値観が問われているのでしょう。そこで「やりたいこと」の見つけ方を紹介します! 4人に3人は「やりたいこと」がわか...
落込みがちなあなたに、自己肯定感を高める3つのメソッド... 自信がなくて、落込んでしまう。そんな気持ちになっているのは、自己肯定感が低いからかもしれません。そこで自己肯定感を高める方法を調べてみました。少しでも前向きになりたいと感じた人は試してみてくださいね。 ありのままの自分を肯定する心のゴミを捨てる心のクセを直す独り言を変える あり...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。