ストーリーテリングって何? ビジネスでの「物語」の使われ方とは

お客様に商品を買ってもらうため、あるいは経営者が従業員の求心力を高めるためなど、企業が物語を効果的に使うことが増えてきました。近年注目されている「ストーリーテリング」について紹介しましょう。

  • ストーリーがPRを生む
  • 相手の感情に訴える
  • 自慢話になってない?
  • 正解に没頭しすぎるのはNG

ストーリーがPRを生む

まちおこしの現場では、観光の目玉や特産物を宣伝するために、その歴史的な背景を調べることがよくありました。ただ美味しいと宣伝するのではなく、例えば源氏と平家の戦いにまつわる食べ物だというだけで、多くの人が食べてみたいと思ってくれるからなのです。

メディアに商品を取り上げてもらうように仕掛けるPRでも、物語は大きな力を発揮します。多くの記者は商売の道具になるような記事を書きたくないと思っていますが(それは広告なので)、人々に伝えたいストーリーが商品の裏側にある時は別だからです。

例えば、長崎県松浦市が「アジフライの聖地」と宣言して話題になったことがありましたが、ただアジフライが市が推しているだけでは記事にしにくいものです。ところが市役所職員が、全国の物産展などで実際にアジをあげまくっているというストーリーならば、報道する価値があると記者は判断します。

ここでも問題になるのは物語です。

相手の感情に訴える

物語を使ったマーケティング戦略は、「ストーリーテリング」と呼ばれます。印象的な体験談などを使って、経営者が組織改革のための求心力を高めるために使われるケースも多くなっているそうです。

物語が注目されているのは、数字や抽象的な単語を羅列するよりも記憶に残り、何より相手の感情に訴えるからです。深い共感を得やすいことも知られています。

こうした物語の心理的に効果については、米国などでも研究が行われてきました。ペンシルベニア州立大学医学部では、医学生の患者さんの背景を聞いて、対応がどのように変わるのかを実験しました。その結果、同情的なストーリーを説明された後だと、大幅に対応が変わったと報告されています。

自慢話になってない?

こうした物語の効果が着目される中で、企業に関連するストーリーは量産されています。しかし効果を発揮するものは、多くはありません。

成功の一つのポイントは、「受け手側」が面白いと感じられるのかどうかです。よくある失費のケースは、「送り手側」が伝えたいことを発信しているケースでしょう。しかし、こうした話が「受け手側」の心をとらえるのが難しいことは、通常のコミュニケーションで考えれば当たり前のことだと感じるはずです。

自分のすごさや能力の高さを、やたら語り掛けてくる人を、みなさんはどう思いますか? 「自慢話は嫌だ」と感じてしまうケースも少なくないでしょう。それよりも自分の友人に話したくなるような面白い話を聴きたいと思いませんか?

マーケティングに物語を活用するのであれば、「受け手側」の琴線に触れるのかどうか真剣に考える必要があるでしょう。

正解に没頭しすぎるのはNG

ただ、ビジネスの現場で実際に語られる物語は、小説のようなストーリーが必要なわけではありません。元世界銀行プログラムディレクターのステファン・デニングは、そのあたりのことを「巧みに考え抜かれた物語には気をつけろ」と表現しています。

物語の背景が一気に浮かび上がるような詳細な背景は、小説としては有効でも、ビジネスの現場では懐疑的に取られてしまうことも多いからです。むしろディテールは最小限に抑えて、受け手の立場を忘れないようにすることが大事だと、ステファン・デニングは書いています。

映画を見るように、その物語の世界に没頭してしまうと実際の行動が生み出さなくなってしまうからだそうです。

私がみんなに考えてほしかったのは、「CDCがザンビアの医療関係者の役に立てるのであれば、なぜ世界銀行がそれをできないのか」(中略)といったことだ。聞き手が、医療関係者やその患者を中心とした話に引き込まれると、このような問題意識をみずから抱き、これを答えるための気力が削がれかねない。いいかえれば、ザンビアばあかりに興味をしめされても困るのである。(『コミュニケーションの教科書』ハーバードビジネスレビュー編集部/ダイヤモンド社)

「物語」を使い方はさまざまなパターンがあります。期待する効果によっても、物語のタイプが変わってきます。例えばリーダーが部下たちの行動を引き出すために有効な物語は、次のような物語だそうです。

現実に起こった出来事に基づき、関連性が高いと考えられる最近の事例が望ましい。聞き手がそれとわかる主人公が一人いて、もちろん変革が部分的にでも成功裏に実行されるというハッピーエンドがよい。

物語を効果的に使うためには、自分に合ったパターンを調べることも一つの方法のようです。

コミュニケーションに興味のある方はこちらをご覧ください。

関連記事

人はどんなときにウソをつく?12種類のウソとは... 人はなぜウソをつくのでしょう。人生でこれまで1回もウソをついたことがないという人は、ほぼいないかもしれません。では、人はどんなときにウソをつくのでしょうか?心理学的にウソの種類をお伝えします。 ウソは子ども自立のサイン!? ウソをつく場面はさまざまです。それは仕方ないなと思うウ...
【見た目が一番大事ってホント?】メラビアンの法則を正しく活用すれば、より伝わる!... 「見た目の印象が一番大事」は、果たして本当なのでしょうか。この説のもととなった「メラビアンの法則」を解説したうえで、法則を正しく活用し、相手に好印象を与えるにはどうすればよいか、改めて考察します。 メラビアンの法則とは、「視覚55、聴覚38、言語7」のルールメラビアンが行った実験とは...
ビジネスの成功のカギは、オープンクエスチョンとクローズドクエスチョン!... 「自分は話下手だから商談が不得意」と思い込んでいませんか?質問の仕方ひとつで、その場の会話をたちどころにリードできるのです。オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンの使い方を知って、ビジネス上手になりましょう。 オープンクエスチョンとは クローズドクエスチョンとは オープン...
危機的な状況でどう動く?大きな葛藤を抱えたときの3種の行動パターン... ビジネスにおいてトラブルにどう対処するのかは重要です。ただ、危機的な状況で切羽詰まるといつもとは違う別の顔が出てくるケースもあります。そこで簡単な対人関係のパターンの分類と危機的な状況で現れるタイプ別本性の対処法を紹介しましょう! 大きな葛藤を抱えたときの行動パターン3つのパターンか...
「脅し」で人の行動は変わるのか? 指示した通りに動かない部下、注意してもいたずらを止めない子ども、苛立たせる恋人などを「脅し」て、その行動を変えようとしたことはありませんか?恐怖を感じさせることで人を動かそうとする効果についてお伝えします。 恐怖を使ったマーケティングも「脅し」は心配を与えるだけ「脅し」は行動を変化さ...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です