第4回 産業カウンセラーと発達障害~オフィスの困ったを解決~

      第4回 産業カウンセラーと発達障害~オフィスの困ったを解決~ はコメントを受け付けていません。

第4回 集中し過ぎて心配に!

集中力が持続しないと嘆く人も多いかもしれませんが、じつは集中し過ぎも大変です。 発達障害の固島さんの集中し過ぎで、オフィスのみんなが大変なことに……。

漫画:野口弓子

監修:株式会社ゼネラルパートナーズ

障がい者総合研究所所長 戸田重央

集中し過ぎと散漫な注意力。その正反対の特徴を発達障害の人は同時に持っていたりします。仕事や勉強に取りかかれずにボーッとしていると思ったら、いきなり食事も忘れ没頭する。そうした傾向がプラスに働くこともあれば、問題になってしまうことも……。

その集中力の偏りが仕事の好みによって変わってくると、仕事の質にバラツキが出てしまうことにもなりかねません。時間と経費を考えながら、気乗りのしない仕事でも及第点は外さない。そのバラツキを組織として、どこまでフォローしていくのかも会社にとっての問題となるかもしれません。

過集中を解くには適度な休憩を入れられるようにアラームやタイマーを使ったり、周囲の人たちに声かけを依頼しておくといいのですが、その集中を組織として活用するという考え方もあります。これは仕事内容によっても変わってくるでしょう。

産業カウンセラーについて知りたい方はこちらをクリック

第3回はこちら

関連記事

第3回 産業カウンセラーと発達障害~オフィスの困ったを解決~... 第3回 今日も書類がなくなった! 発達障害の固島さんは片付けるのが苦手。書類がなくなって困ることも……。書類を整理するために産業カウンセラーの坂田さんのアドバイスとは!? 漫画:野口弓子 監修:株式会社ゼネラルパートナーズ 障がい者総合研究...
第2回 産業カウンセラーと発達障害~オフィスの困ったを解決~... 第2回 お客様の約束忘れてた 漫画:野口弓子 監修:株式会社ゼネラルパートナーズ 障がい者総合研究所所長 戸田重央 米国の精神疾患の判断基準である「DSM-5」によれば、ADHDの「不注意症状」の一つを 「しばしば日々の活動(例:用事を足すこと・お使...
第1回 産業カウンセラーと発達障害~オフィスの困ったを解決~... 第1回 ちょっと困った独り言 漫画:野口弓子 監修:株式会社ゼネラルパートナーズ  障がい者総合研究所所長 戸田重央 臨床心理士 塩島隆永 今回から始まった「産業カウンセラーと発達障害 ~オフィスの困ったを解決~」は、産業カウンセラーの企...
【産業カウンセラーとは】働く人たちが抱える問題を自ら解決できるよう、心理的な手法を用いて支援するカウ... 「産業カウンセラー」とは産業現場を中心に活躍し、働く人たちが抱える問題を自ら解決できるよう、心理的な手法を用いて支援するカウンセラーです。 ハラスメント、メンタル不調、人間関係や職場環境に関する問題の解決が喫緊の課題となっている今、その活躍がますます求められています。 「働く人の心ラボ」を...
ADHDの子のサポートはどうすればいい?... 近年、発達障害の一つとして、注意欠陥多動性障害(ADHD)が注目されています。教室で黙って座っていられないなどの特徴を持つADHDの児童は、クラスに1人か2人の割合で存在すると言われています。一体どんなサポートが有効なのでしょうか。 落ち着きがないだけではADHDと診断されない ...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。