運動には、うつやストレス、脳の老化にも大きな効果がある!?

      運動には、うつやストレス、脳の老化にも大きな効果がある!? はコメントを受け付けていません。

運動をしなければと思っても、ついついサボりがち。そんな人も多いことでしょう。ついつい面倒と感じてしまうのもわかります。でも、近年の研究によれば、運動には、これまでに考えられている以上の高い効果があるようです!

  1. ハーバード大学の医師が推奨
  2. うつ病にも効果的
  3. ストレス対策にも高い効果が
  4. 脳の老化防止にも!
  5. 理想的な運動プログラムって

ハーバード大学の医師が推奨

「運動が身体にいい」といった話は聞き飽きているという人も少なくないでしょう。しかし、そうした効果はちょっと古い情報かもしれません。じつはこれまでに考えられているよりも運動の効果は大きいようなのです。

そこで『脳を鍛えるには運動しかない!』(ジョンJ.レイティ/エリック・ヘイガーマン 著/NHK出版)から、運動の効果について紹介しておきましょう。ただし、最初に言っておきたいのは、運動だけですべての問題が解決すると考えるとのは危険です。病気であれば医師の判断が第一ですし、論文で発表されていても、すべての人に100%効果があるわけではないからです。

と、そんな注意を促したくなるぐらい、書かれている内容には驚かされます。

また、著者のジョンJ.レイティが、ハーバード大学医学部臨床精神医学准教授であり、精神科医たちの指導する立場でもあり、1998年から毎年、同業者が選ぶ全米ベストドクターに選出されていることも付け加えてきます。

うつ病にも効果的

うつ病に運動が効果的だという話は、聞いたこともある人もいるかもしれません。しかし抗うつ剤の効果と運動の効果を、実際に比較実験した話はしらない人も多いのではないでしょうか。

デューク大学では、ジェームズ・ブルメンタールが両方の効果を16週間にわたって調べたそうです。実験参加者は、抗うつ剤グループ、運動グループ、両方を試すグループの3グループに分けらました。運動は週3回、30分間、監督下でウォーキングかジョギングをするといった程度のものでした。

結果、本書によれば、3グループともうつの症状が大幅に改善。どのグループも約半分の参加者の症状がみられなくなったそうです。また13%は症状が緩和したものの、すっかり治ったわけではなかったそうです。

さらに6ヵ月後の調査では、うつが治った人は、運動グループは70%、投薬グループでは48%、運動と薬の両方を試したグループは45%となったそうです。この両方を試した人達の数値が悪かったことについて、運動がうつにもたらす効果を調べると聞いて集まったのに、薬が処方されると聞いてがっかりし、薬が運動の効果を妨げていると感じてしまったからだと結論づけています。

生理学的にはあり得ないことだけど、そうした不自然な思いが治療効果を減らしたのではないかと推測しています。

ストレス対策にも高い効果が

うつに効くならストレス対策にも、高い効果を発揮するだろうという推測は正しいようです。

イギリスのリーズ・メトロポリタン大学の研究では、終業後に「同僚と協力しあえたか」「時間管理ができたか」「締め切りが守れたか」について自己評価してもらった。その結果、昼休みに45分から1時間のエアロビクスのクラスに参加したり、30分から1時間ウェイトトレーニングやヨガをした人は、3項目すべてにいつもより「よくできた」と答えたそうです。全体的に見ると、運動をすると仕事に対して前向きになり、ストレスも減っていることがわかったそうです。

また、会社が提供する運動プログラムに参加してる社員は、病気で休む日数がそうでない社員より80%も少ないという別の研究結果もあるそうです。

脳の老化防止にも!

脳のアンチエイジングについても、この本は実験結果を紹介しています。

ハーヴァード大学の疫学者ジェニファー・ウーブは、70~81歳の女性1万8766人の運動量と認知機能を調査しました。結果、週に12時間のウォーキングか4時間弱のランニングをしていた人たちは、記憶力と知能テストで加齢によって衰える確率が20%低いことがわかりました。

またそこまで運動を頑張らなくても、週に1時間半のウォーキングでも、体を動かしていない人よりはるかによい結果が出たことも明らかになりました。

理想的な運動プログラムって

さて、最後に著者が推奨する脳を活性化する運動プログラムも紹介しておきます。

理想的には、週6日、なんらかの有酸素運動を45分から1時間実施することだそうです。そのうち4日が中強度で長めに、あと2日は高強度で短めにすることを勧めています。高強度の運動をすると、脳を作る重要な成長因子のいくつかが体から分泌されるそうです。また短時間で高強度の運動をするには筋力トレーニングを含んだ方がいいとも書いています。つまりランニングと筋トレを組み合わせるといったトレーニングがいいのでしょう。注意点は、2日続けて高強度の運動をしないことだそうです。

じつは運動を定期的に行う習慣を身につけることは、簡単ではないことがわかっています。しかし、これだけ脳にいいとわかったら、行動してみたくなりませんか?

理想的な運動にまで届かなくても、30分のウォーキングでも何もしないよりは効果があるので、簡単な運動から始めてみるのもいいかもせんね。

ストレス対策に興味のある方はこちらをご覧ください。

関連記事

要注意!脳科学と結びつけるといきなり説得力が増してしまう問題とは... 脳科学の進歩は素晴らしいものです。思いもしなかったことが脳科学によって証明されるようになりました。だからこそ気を付けておきたいことも!脳科学の発達とその問題について報告します。 政治思想も脳MRIで判明脳に磁気を当てれば絵がうまくなる文章でも脳の画像でも…… 政治思想も脳MR...
睡眠負債は侮れない!毎日のパフォーマンスを最大限に保つための「眠る技術」... 睡眠負債という言葉をご存知でしょうか。「睡眠は一日3時間で十分!」というタフな人をよく見かけますが、そんな人ほど身体が徐々にむしばまれているかもしれません。質の高い睡眠で、最高のパフォーマンスを! 睡眠負債という考え方質のいい睡眠を確保する方法「たっぷり時間はあるのに寝付けない」そん...
がん宣告をされたら仕事は辞めるべき?外来でがんを治す時代に働くためのヒント... 明日、突然がん宣告をされたら、もう仕事なんてやる気になれないと思っていませんか?ちょっと待ってください。がんはすでに不治の病ではありません。経済的基盤も生きがいも失わず、もう一度人生を輝かせることができるかもしれません。 まずは「すぐに仕事を辞めない」と強く心に誓って 医師の説明を...
ロックダウンの罰金について心理学から考える... 新型コロナウイルスにより世界各国でロックダウン(都市封鎖)が起こっています。中には外出禁止違反に罰金を科してしている国もあるそうです。そこで罰金にどれだけ効果があるのか、罰と効果について心理学的に考えてみました。 フランスでは罰金が増額 フランスでロックダウンが起きた当初、外出...
シックスハット法って?多様な視点を持つことのできる簡単な方法... ビジネスシーンで課題の解決法がわからず、何日も胃の痛い思いをしたことがありませんか。自分の視点とは違う観点からモノを見ることで、あっさり問題が解決してしまうことがあります。シックスハット法で、多様な視点から思考する癖をつけてみてはいかがでしょう。 シックスハット法とは、6つの観点から...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。