企業理念は社員に教えてもらえ!? 役割演技がビジョンのインプットに役立つ

社員全員がビジョンを共有することができれば、みんなが同じ方向を向いてまい進することになり、会社の成長度は大幅にアップします。「わかっているんだけど、理念がなかなか浸透しなくて」と悩んでいる経営者はいませんか。ときには社員に、自社の理念をたっぷり教えてもらう機会を作りましょう。「他人に話す」という役割演技が、理念のインプットに役立ちます。

  1. 企業理念は訴えるだけでは足りない
  2. 毎日朝礼で暗唱させている場合はもう一息
  3. ジャニスとキングの役割演技実験
  4. 社員にはさりげなく理念発表の場を設けよう

企業理念は訴えるだけでは足りない

企業理念を社員に浸透させるために、どんな努力をしていますか。経営者自ら、社員に向かって理念を訴えかけるのはとても大事なことです。月イチの朝礼で徹底して話をしている、という経営者もいることでしょう。しかし、そんな努力とは裏腹に、社員は話を聞いているのかどうかわからない……というのでは、思わずため息も出てしまいますね。

毎日朝礼で暗唱させている場合はもう一息

なかには、企業理念を書いた紙をオフィス内に貼り出して、朝礼の時に読み上げを行っている会社もあるでしょう。記憶させ、暗唱までさせているところもあるかと思います。理念を覚えさせるには有効な手段ですが、本当に意識改革に役立っているかといえば、ちょっと不安が残ります。もう一息、工夫をしましょう。まずはこれから紹介する心理実験について、読んでみてください。

ジャニスとキングの役割演技実験

心理学者のジャニスとキングは、コミュニケーションへの積極的なコミットが意見の変容に変化をもたらしているのではと考えました。もともとは違う意見の人でも、ある意見について他人に説明しなければならない状況に置かれると、説明した意見のほうに意識や興味が行くようになり、結果、意見の変容が生まれるのではないかという仮説です。

この仮説を検討するため、ジャニスとキングは以下のような実験を行いました。男子学生90人を3人1組に分け、「映画館」「食肉」「風邪」の3つに関するスピーチの概要を提供します。そして、そのうち一つについては「読んだ後、概要や結論についてほかの人にスピーチしてほしい」とお願いします。つまり、3つの話題のうち、1つについては話し手となり、他の2つについては聞き手となるわけです。

実験者が用意した話題は、あらかじめ調査しておいた男子学生の意見とはかけ離れたものであり、また偏見の多い、極端な主張でした。それにもかかわらず、3つのスピーチが終わった後に行った測定では、スピーチを行った話題についての意見が変容する傾向がみられたのです。自らが行ったスピーチ内容に賛成する方向へ、意見が変わったことが認められました。

ただひとつ、「風邪」に関する話題だけ、意見の変容はあるもののそこまで有意な差はみられないという結果になりましたが、ここで新しい発見がありました。スピーチ内容や実験後に行った面接結果などを分析してみると、「風邪」に関する話題のスピーチ内容は概して資料のままに話すことが多く、自らのスピーチに対する満足感が低いことがわかったのです。

つまり、発表する意見の内容にかかわりなく、自分のスピーチの出来栄えに不満が残った結果、意見変容の度合いも少なくなったことが考えられます。スピーチがうまくでき、周囲の人間に称賛されるなどしたならば、結果は変わっていたかもしれません。

社員にはさりげなく理念発表の場を設けよう

経営者自らが理念をプレゼンしたり、社員に理念を暗唱させて頭に叩き込んだりすることは、もちろん重要です。しかし、さらにビジョンの浸透効果を高めるためには、社員自らが周囲にビジョンを披露する機会が必要であることが、実験結果から見えてきます。

毎日の朝礼で、毎月の全体朝礼で、社員が企業理念をプレゼンする場を設けてみませんか。入社して間もない社員や、理念を無視して地を通しがちなベテラン社員には、かなり有効かもしれません。発表が終わったころには、きっと聞き手側ではなく発表者の奥深くへ、理念がしみわたっていることでしょう。

「わざわざ発表の場を設けるなんて不自然」「そんな時間はない」ということなら、新卒募集の会社説明会でビジョン説明を担当させるのも一つの手です。あくまでもさりげなく、理念浸透のチャンスを設けましょう。

参考:「対人社会心理学重要研究集3」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です