体感で印象や記憶を操作する 2つの方法を紹介

特に意識しない体感が、気分に大きな影響を与えることがあります。

そうした体感からビジネスに使えるものを厳選してお教えしましょう。

  1. 下から上に手を動かすとポジティブな記憶が
  2. 体の上昇がポジティブさを連れてくる
  3. 階段やエレベーターで活用
  4. 手に持つ荷物の重さで人物の重要性が変わる

下から上に手を動かすとポジティブな記憶が

体感がビジネスに影響を与えることがあるようです。契約を結ぶとき、わざわざ気分の悪くなるような場所を選ぶ人もいないでしょう。なるべくお客様に良い気分で過ごしてもらいたいと、多くの人は考えるものです。

でも、心地よいとか、いい香りといったわかりやすい体感ではなく、無意識に記憶や感情に影響を与える体感があったとしたら、もっとビジネスに応用したいと思いませんか?

そんな人達に、ぜひ紹介したい心理実験があります。

心理学者のカッサントが発表したおはじきをつかった実験です。カッサントは実験参加者におはじきを手で動かしながら、前日の記憶について自由に思い出してもらいました。その結果、おはじきを下から上に運んでいるときに思い出した記憶はポジティブなものが多く、上から下に運んでいるときはネガティブな記憶が多かったのです。

体の上昇がポジティブさを連れてくる

さらに妹尾武治氏が発表した実験結果によれば、大型モニター画面に縞模様を映し出して下に動かしたときに実験参加者が語った思い出は、上に動かしたときよりポジティブなものが多かったということです。

これは縞模様を上に動かすと身体が下降しているように感じ、下に動かすと上昇しているように感じる錯覚が、記憶に影響していることを示しています。

こうした影響は上昇がポジティブで下降がネガティブという印象が脳に植え付けられていることから起きるそうです。

だからこそ映画で起きる事件や悲劇は階段を下った地下室で起こったり、会社の経営陣はビルの高いところに部屋を構えるのではないでしょうか。

階段やエレベーターで活用

この心理実験はビジネスで活用可能です。

お客様をエレベーターで案内するとき、昇りのときに過去の話を語ればポジティブな記憶を思い出す可能性が高くなるかもしれません。また、他の職員とうまくいっていない部下がいるときなどは、一緒に階段を上りながら行き違いがあった社員との良い思い出を語ればいいのです。ポジティブな記憶を思い出す可能性は、通常よりも高くなりそうです。

もちろん、おはじきの代わりに何かを手で下から上に移動させることができれば、わざわざ階段を一緒に上らなくても記憶に影響を与えることができそうです。

手に持つ荷物の重さで人物の重要性が変わる

同じような体感と印象の実験としては、2010年にアンカーマンが発表した実験結果が面白いでしょう。

実験参加者はある人物にインタビューをしてもらい、その後、その人物の重要性について評価しました。ただしインタビューのときに、インタビュアーに軽いクリップボードか、重いクリップボードを渡すよう操作しました。

結果、重いクリップボードを渡されたインタビュアーは、軽いクリップボードを渡されたときより、より重要だと評価されたのです。これは人物の重要度が、手に持っている重さによって変化した結果、起きたことだといわれています。

この心理実験を活用するなら、自分が推したい人のプロフィールなどを上司などに提出するときは、なるべく重く感じられるようにすればいいことになります。クリップを重厚にする、紙を厚くして重くする、紙の量を増やすなどの工夫で、上司に気づかれることなく影響を与えることができるでしょう。

あるいは名刺などもできるだけ重くした方が重要人物として評価されることになりそうです。

ただ、以前に金属で名刺を作っていた友人は、名刺入れが切れたとクライアントから報告されたそうです。

重い名刺の陰で一瞬は重要な人物だと思われても、名刺入れを壊してしまうようだと、全体的にはマイナスになりかねません。気を付けてくださいね。

関連記事

ポジティブな記憶がストレスを吹き飛ばし努力を継続させる!?... 「ポジティブ思考」がとてももてはやされた時期がありました。しかし現在では、ポジティブ思考の短所も指摘されるようになっています。そしてポジティブは思考よりも、記憶に効果があるという研究も出てきているようです。 ポジティブ思考がマイナスに働くことも禁酒への努力に効果のあった記憶嫌なことが...
幸福を求めすぎると不幸に!? 幸福を手にできない人が分かる5つの質問... 幸福になりたいとは、誰もが思っていることでしょう。ただ近年の研究では幸福を求めすぎる人こそ、手にすることができないといった傾向も明らかになっています。そこでどんな風に幸福を求めるのが危険かをまとめました。 幸福を取り逃がす考え方とは①の「もし過去を変えられたら~」に「はい」と答えた人...
すぐに実践できる! 説得のための4ポイント... 誰かを説得しようと考えたとき、どんなポイントに注意を払いますか? 破綻のない論理? 経済性?などなど、いろいろと気になるポイントはありそうですが、もっと根本的な部分に目を向けるべきかもしれませんよ! 説得には原則がある!?好感度を上げる前例を示す専門家としての権威をまとう「好きに決め...
交渉時に知っておきたい心理学 交渉が必要になることは少なくありません。仕事だけではなく、プライベートでも自分の要求を通すため、あるいは妥協点を探すために交渉をした経験は誰にでもあるのではないでしょうか? そんな交渉時に注意したい心理についてまとめました。 条件が変わったときの交渉お願いをしたいならウソが増えるのは...
説得に必要なのは4つのプロセス! 成功率がアップする説得手法を紹介... 説得をしなければならない場面は意外に多いものです。仕事だけではなく、パートナーや子どもを説得する場面もあるでしょう。しかし多くの人は、説得に必要なスキルを知らないようです。そこで知っていれば説得力がアップするスキルを紹介しましょう。 「説得」ではなく「押し付け」かも!説得のための4つ...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。