営業マンなら気を付けたい!もう話したくないと思っている人の7つのサイン

営業では話の切り上げ時も重要です。もう聴きたくない話を永遠に話している状態は、営業マンにとっても、お客様にとってもプラスではありません。そこで話を切り上げたいと考えている人のサインをお知らせしましょう。

  1. このサインが出たら要注意

このサインが出たら要注意

営業や打ち合わせで、いつ席を立つのかはとても重要です。ただし相手が「そろそろ」と言うタイミングだと、けっこう遅いことも。そこで、これが出たら「引き上げ時」だとわかるサインを、『面白いほどよくわかる!他人の心理学』(渋谷昌三 著 西東社)を参考にまとめました。

営業や打ち合わせで、いつ席を立つのかはとても重要です。ただし相手が「そろそろ」と言うタイミングだと、けっこう遅いことも。そこで、これが出たら「引き上げ時」だとわかるサインを、『面白いほどよくわかる! 他人の心理学』(渋谷昌三 著 西東社)を参考にまとめました。

①意味のない動作を繰り返す

話に飽きてくると、手持ちぶさたな感じが動作に表れます。空のカップを口に運んだり、携帯をいじったりすることもあるでしょう。すでに話から興味が移っているというアピールを、そうした動作から読み取りましょう。

②1度に3回以上うなずく

何度もうなずく姿を見て、話に関心を持っているんだと思ってはいけません。数の多すぎるうなずきは、面倒になったというサインなのです。もともと、うなずきは重要なコミュニケーション手段です。本来であればタイミングなどを図って、相手にしっかり話を聴いているんだというサインとして発するものです。

ところが「もう話を聴いてもな……」と思い始めると、うなずきもいい加減になってしまうのです。また話の序盤でしっかりとうなずいているようなら、話に興味がない証拠。すぐに話を切り上げるタイミングをさがしましょう。

③咳払い

相手が風邪でもないのに、何度も咳払いをしたら、かなり要注意です。

咳払いは威嚇や拒否のサインとしても使われるもの。またストレスがたまってきた合図として発せられる場合もあるのです。

話の内容に反対しているケースもあります。いずれにしても、かなり要注意なアピールなのです。なるべく早く話を切り上げた方が良さそうですね。

④髪をいじり始める

これも要注意のしぐさの一つです。恋人同士なら甘えたいときなどに女性が髪をいじるケースがありますが、退屈だったり、つまらないと感じているときも無意識に髪をいじってしまうものです。ビジネスの場だったら、もう話を切り上げた方がよいでしょう。

⑤イスから腰を浮かせる

これはすごく分かりやすいサインですね。

もう終わりにしたいと思い始めると、無意識に腰を浮かせる人は少なくありません。また、もう終わったかなと思い始めたときに、ちょっと腰を浮かせる人も見かけますね。

いずれにしても話は十分というサインですので、話を終わらせるようにしましょう。

⑥理由を付けて席を離れる

「ちょっと電話を」「ちょっとトイレに」なんて言葉が出てきたら、そろそろ引き上げ時かもしれません。席を離れたたいという要望が、行動となって表れている状態です。髪をいじったりしている相手より、より早めの対処が必要でしょう。

⑦「とにかく」を連呼

「とにかく」はかなり強烈な「締め」の言葉です。「いろいろあるけど、もう終わりにしよう」という意志を表明するために、よく使われる言葉ですから。

「とにかく、これで」とか、「とにかく、○○なんですね」とか、話をまとめたがっているのは明らかでしょう。

相手が「とにかく」を使い始めたら、話をまとめるようにしましょう。

話を切り上げるべき7つのサインでした。

最後の印象は、その人の印象に影響を及ぼすことがわかっています。「終わりよければすべてよし」。最後にスマートな印象を与えたいものです。そのためにも話を終えるタイミングには気を付けてください。

参考:『面白いほどよくわかる! 他人の心理学』(渋谷昌三 著 西東社)

関連記事

交渉前に確認しておきたい4つポイント... 交渉に挑むとき、多くの人は互いの条件に注目しがちです。しかし交渉するのは人間同士、条件だけが交渉を決定する大きな要因ではないことも多いのです。そこで交渉に臨む前に注目すべき要因をまとめてみました。 条件と同じぐらい重要なことは? 困難な交渉に挑むに当たって、条件や譲歩できるポイ...
交渉を成功させる意外なポイントって?... ビジネスに交渉はつきものです。では、どんなふうに交渉すれば成功するのでしょうか? 巧みに言葉を操って、全ての利益を総取りする。そんなイメージを持っているなら要注意でしょう。それは圧力の掛け合いになる可能性が高いからです。もっと日常に取り入れやすい交渉術を活用しましょう。 相手をコント...
日常生活に役立つ「説得」の3ステップを修得する!... どうしても相手を説得したいとき、必死に説得できそうな材料を集めていませんか?じつは、それこそ失敗の第一歩!データで相手を説得するのは厳禁です。相手が気分よく同意してくれる方法を紹介しましょう。 説得の回避が問題を大きくするかも 「パートナーの実家に行きたくない……」「外食をした...
断られてもヘコまない ピンチをチャンスに変える交渉術... 通常、交渉事は相手に否定されないように話を進めるものです。むしろ断りにくいように先回りして、やや無理にでも承諾するような交渉をする人もいるかもしれません。しかし交渉は「ノー」からスタートするといった説もあるようです。 「ノー」が交渉の始まり!?「拒絶」にめげずに進む説得のポイントは「...
価格交渉で負けないために知っておきたい、心理学が教える3つのルール... 経済環境が苦しくなると、金銭交渉もシビアになることが少なくないでしょう。そんな金銭交渉で負けないためのルールを紹介します。心理学が教える意外なポイントです。 心理学は金銭交渉も研究対象 金銭交渉はいつもスムーズにいくとは限りません。限られた利益を配分するのですから、互いに簡単に...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です