話下手ほど覚えておきたい雑談力の鍛え方!いつでも、誰にでも使える話題7選

取引先と、エレベーターや電車の中で何を話したらいいのやら。そんな話下手な人ほど、雑談力が必要です。雑談力を鍛えるのは、実はとても簡単。誰にでも使える話題や、NG話題とともにご紹介します。

  1. 雑談に必要なのは、話術ではなく傾聴力
  2. いつでも、誰にでも安心な話題7選
  3. 最も気をつけたいNG話題7選
  4. 会話が弾まないときには、少しだけ自分のことを話すのがポイント

雑談に必要なのは、話術ではなく傾聴力

雑談の得意な人というと、話し上手なイメージがあるのではないでしょうか。実は、本当に雑談ができる人は、話し上手ではなく聞き上手。雑談に必要なのは、話術ではなく傾聴力です。つまり、相手の話を引き出す技術であるといえるでしょう。

話を引き出すには、相手の気分を上げる相槌が最も大事。有名な「さしすせそ」の相槌をマスターして、聞き上手になりましょう。

・さ「さすがですね」

相手の承認欲求を満たす相槌です。

・し「知らなかったです」

相手に「もっとそれについて話してほしい」と暗に促せる相槌です。

・す「すごいですね」

相手の自尊心をくすぐります。

・せ「センスがいいですね」

これも、相手の自尊心をくすぐる相槌です。

・そ「そうなんですね」

話の続きを促します。いずれも連発すると違和感がありますから、適度に使うことが大切です。相槌によって、「あなたの話をもっと聞きたい」という姿勢を示すことが大事です。

傾聴力について詳しく知りたい方はこちらをクリック

いつでも、誰にでも安心な話題7選

いくら相手の話を聞くことが大事といっても、テーマを振らなければ相手は何も話してくれません。話しやすいテーマには、典型パターンがあります。いつでも、誰にでも安心な鉄板の話題をマスターしておきましょう。

・天気の話

最近の異常気象は話題の宝庫。「今日は久しぶりに雨が降りましたね」から始まり、「最近、どうも天気が変だ」という話題に持っていくと、けっこう話が続きます。

・行事の話

正月やお盆休みに「何をしていましたか?」、秋なら「この前、子どもの運動会があって……●●さんのところもそろそろですか?」など、共通の休みやイベントの話は、相手のプライベートもちらりと覗ける話題です。

・食べ物の話

あれが好き、これが苦手……食べ物の話ほど個人的で、かつ罪のないものはありません。話のとっかかりが欲しいなら、「初物」「旬のもの」をテーマにしましょう。「昨日、今年初めてサンマを食べましたよ。もう食べました?」などといった話から始めるとスムーズです。

・服の話

「もう、半そで一枚では肌寒い季節になってきましたね」「このダウンジャケット、電車の中では暑くて……」など、服の話も重宝します。そこから発展して、「そのカーディガン、便利そうですね」など相手の服を褒める方向へ持っていってもいいでしょう。

・誰でも知っているニュース

朝、ニュースサイトをチェックして、誰でも知っているニュースの話題を仕込んでおきましょう。

・旅行の話

「夏休み、どこか行きました?」「この前、温泉に行ってきたんですよ」など、どこかへ旅行に行ってきた話も、会話が広がりやすいテーマの一つ。「そこは私の実家の近くで……」など、思いがけない共通項が見えて話題が膨らむかもしれません。

・仕事の話

雑談で仕事の話をしてはいけないなんてことはありません。もちろん取引につながるような話ではなく「この仕事、長くパソコンに向かっているから肩が凝りまして」「足のむくみが取れる方法知りません?」など、仕事と健康につながる話などがいいでしょう。

最も気をつけたいNG話題7選

鉄板テーマもあれば、NGテーマもあります。NGになりがちなのが、プライベートにかなり足を踏み入れることになる話題です。例を挙げますので、気をつけましょう。

・容姿の話

・髪の話

・政治の話

・宗教の話

・下ネタ

・学歴の話

・恋愛・結婚の話

会話が弾まないときには、少しだけ自分のことを話すのがポイント

なかなか会話が弾まないときには、少しだけ自分のことを話しましょう。自己開示は、相手も自分のことを話してくれるきっかけとなります。ただし、「少しだけ」というのがポイント。沈黙が怖いからといって、長く自分の話題を引っ張ると、ただの話好きに見えてしまいます。

もしかしたら、相手はちょっと考えてからしゃべるタイプで、話題が振られてからしゃべりだすタイミングが遅いだけかも。質問したら、ちょっと間が空いても相手の話を待ちましょう。心にゆとりを持つことが大事です。

参考:『誰でもすぐできて成果も上がる30代からのうまい「仕事のやり方」』日経ビジネスアソシエ

関連記事

ワクチン接種が加速している今だからこそ知っておきたい「ワクハラ」 ... ワクハラを知っていますか?最近、話題になっている新型コロナウイルスのワクチンに絡むハラスメントです。今後、ビジネスの現場などでも問題になりそうです。そこでワクハラについて調べてみました。 問題となるワクチン接種の強要厚労省は強制していない海外ではワクチンパスポートが問題にコロナ解雇を...
シングルハラスメントをする心理って?効果的な3つの対処法とともに紹介... シングルハラスメントを知っていますか?たとえ悪気がなくても、相手を不快にさせる結婚がらみの話題です。シングルハラスメントの背後にある心理と対処法をまとめました。 9割以上が体験しているハラスメントシングルハラスメントをする心理の裏側3つの対処法 9割以上が体験しているハラスメン...
「ソーハラ」ってどうして起きるの?その心理的背景と対策法を紹介... 「ソーハラ」って知っていますか?ソーシャルメディアハラスメントの略で、SNSを通して行われる嫌がらせを指します。コロナ禍でテレワークが増える中、ソーハラも増えているとのこと。何が問題で、その裏側にどんな心理があるのかを心理学から読み解きました! 「いいね」だってソーハラに!?ソーハラ...
ズボラな自分にならない生活習慣のコツ... やる気が起きないときは、誰にでもあるものです。そんなときに普段は、どうにか抑え込んでいるズボラな自分が目を覚ましてしまいがち。そんな「ズボラモード」に陥らない生活習慣のコツを、今日はお届けします。 すぐに手を付ける作業を分割して日々終わらせる1日1回ワクワクすることを すぐに手...
自分の実力に自信を持てない「インポスター症候群」に効果的な3つの対策... 「インポスター症候群」を知っていますか? 自分には実力がないと思い込んでしまう心理的な状態であり、それは仕事上マイナスに働くことも多いことが知られています。そんな「インポスター症候群」について、解決方法などとともに紹介していきましょう。 詐欺師の気分とは?自己肯定感の低下は要注意性格...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です