嫉妬心をなくす4つの考え方と3つの質問

嫉妬心は激しい感情です。うらやましい気持ちよりも強く、ときに自らの人生を壊すことすらいとわない激情になることも……。そんな嫉妬心を手放す方法について紹介します。

  1. 嫉妬心による悪影響とは
  2. 嫉妬の原因は自分の心に
  3. 嫉妬を生み出す考え方を捨てる
  4. 「自分にとっての成功」を定義する質問

嫉妬心による悪影響とは

米国のサイコセラピストが書いたベストセラー『メンタルが強い人がやめた13の習慣』(エイミー・モーリン 著/講談社)は、「人の成功に嫉妬する習慣」をやめるべきだと説きます。

人と張り合うよりも自分の目標や価値観に重きを置いて生活した方が、どれほど心豊かに暮らせるのかを、セラピストとして見聞きしてきたからです。

エイミー・モーリンによれば、嫉妬心は隠れていることが多いそうです。ただ表に出さないだけで、その思いは熱く煮えたぎっていることが多いとのこと。

このような嫉妬心は、現実の生活にも影響を及ぼします。

他人の成功に気を取られることで自分の成功に力を注げなくなったり、自身が持っているものに満足できなくなったり、自分にとっての大事な価値観を手放す人も出てきます。また嫉妬心からいら立ちをにじませるようになると、対人関係にもヒビが入るようです。

嫉妬の原因は自分の心に

では、どうして嫉妬心は湧き上がるのでしょうか? 『メンタルが強い人がやめた13の習慣』は、

「心の奥に巣くっている不安のせいでもある」

「自分の求めているものがわからないと、他人が手にしているものに嫉妬しやすい」

と、嫉妬を引き起こしやすい心理状態を説明しています。

確かに自分が幸せであれば、それが世間的に認められていなくても気にならないものです。つまり嫉妬は環境ではなく、自身の気持ちによって生まれることが多いのです。

また、2013年に行われた「フェイスブックをめぐる嫉妬:ユーザーの人生満足度へのひそかな脅威」という調査によれば、フェイスブックの「友達」が旅行の写真をアップしているときなどに嫉妬心を抱くケースが多く、そうしたネガティブな感情は人生全体への満足度も下げていると結論づけています。

フェイスブックで人生の満足度が下がるのであれば、実際に会って嫉妬心を燃え上がらせるなど、思いが強まるだけに最悪でしょう。ぜひ、嫉妬心を手放す方法を身につけましょう。

嫉妬を生み出す考え方を捨てる

嫉妬を生じやすい考え方を4つ並べてみました。この4つの考え方を捨て去るだけで、かなり暮らしやすくなるはずです。ぜひ試してみてください。

①人と比べない

比べるのなら過去の自分にしましょう。自分の価値は他人と比べても決まりません。むしろ自分の成長に目を向けましょう。

②人の強みを誇張しない

他人の活躍を実際以上に大きく見積もるのをやめましょう。どんな人でも弱点や不安があり、さまざまな問題を抱えているものです。

③人の成功をバカにしない

誰かの成功をバカすることは、隠れた嫉妬心を生み出す第一歩だったりすることも……。

④何が公平か判断しない

世の中にはズルをして成功する人もいれば、運でうまくいく人もいます。そうした行動が成功に値するのかしないのかを考えても、自分の人生にはまったく影響がありません。やめたほうがいいでしょう。

「自分にとっての成功」を定義する質問

考え方を変えようと努力しても、ついつい嫉妬してしまうこともあるかもしれません。だからこそ本当に必要なのは、嫉妬しない心を作り上げること。

それは「自分にとっての成功」を定義することから始まります。


他人と比較しがちな人の心理ついてもっと知りたい人はこちらをクリック

高級な持ち物は周りからどう見られるの?

友人の成功が羨ましかったり、嬉しかったりするのは、なぜ? じつは同じ理屈で説明できるのです!

意識高い系は要注意!周りとレベルが合わないという意識は気持ちを不安定にするかも


じつはお金や地位だけが成功ではありません。自分にとっての成功をしっかり見えすえて努力することで、他人をうらやましいとは思わなくなります。

そこで過去の自分を振り返り、以下の3つの質問に答えてみましょう。

①人生最大の成功は何だったろう?

②成功したと、なぜかわるのだろう?

③時間・お金・才能の一番よい使い道は?

この3つの答えから浮かびあがる「自分にとっての成功」とは、どのようなものでしょうか? お金かもしれませんし、社会貢献や家族に関連することかもしれません。

さあ、自分なりの成功に向けて、小さな一歩を踏み出してみましょう。

関連記事

最新アンケート結果で分かった「コロナがメンタルに与えるストレス」の対処法... 新型コロナウイルスがメンタルヘルスにどのような影響を与えているのか、統計資料がいくつも発表されました。そうした統計資料の結果とストレスの対処法を紹介していきたいと思います。 8割を超える人が感じているストレス先の見えない不安がストレスに米国では世帯収入との関連もストレス対処法を紹介 ...
危機に強いとも言われるHSSの「冒険心」って?... 繊細で心配性なきらいがあるのにチャレンジ精神が旺盛。こうしたちょっと矛盾したような行動をする人は、HSS(High Sensation Seeking)かもしれません。そんなHSSの「冒険心」について調べてみました。 リスクも克服すべき課題日常生活がつまらない!?コロナ禍でも力を発揮...
テレワーク疲れを防ぐ4つの習慣 「最近、なんか疲れるな」と感じたことはありませんか?もしかしたら、それはテレワークが原因かもしれませんよ。米国ではテレワークによるバーンアウト(燃え尽き症候群)も起きているとか!?「テレワーク疲れ」の原因と対策を紹介します。 バーンアウトも引き起こすテレワークメンタルヘルスにも影響が...
新型コロナの再流行で考える私たちのメンタルヘルス... 日本国内での新型コロナウイルス感染者の増加が続いています。また緊急事態宣言の発令なのかと不安に感じる人もいるでしょう。そこで、海外の新型コロナウイルスとメンタルヘルスの対策についてまとめてみました。 2万8000人を超える死者を出したスペインの研究情報と助け合いが重要災害のメンタルへ...
先延ばし癖の根本原因である「怖れ」を小さくする4つのヒント... 過去のブログでも、先延ばし対策について何回か書いてきました。ただ先延ばしを生み出す心理に真正面から取り組んだものは少なかったのです。今日は先延ばしを生み出す「怖れ」への対処法を紹介します。 時間管理技術では効果が薄い人へ先延ばしの根本にある「怖れ」を理解する「怖れ」を小さくする4つの...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です