落ち着かない日々に負けない心をつくるセルフ・コンパッションとは

新型コロナウイルスで落ち着かない日々を過ごしている方も多いことでしょう。そんな人におすすめしたいのが、心を癒すセルフ・コンパッションです。簡単にできるエクササイズも紹介しています。

  • 自分を責めていませんか?
  • 心を安定させ成長への意欲を生み出すセルフ・コンパッション
  • まず自分を抱きしめてみよう!
  • セルフ・コンパッションを高めるエクササイズを紹介

自分を責めていませんか?

「セルフ・コンパッション」を訳すと「自己への思いやり」「自己への慈しみ」となります。簡単に言えば、

「思いやりや慈しみをもって自己に接すること」

(「セルフコンパッション研究のこれまでの知見と今後の課題」 宮川裕基・帝塚山大学研究員 他)

です。

自分が失敗してしまったとき、ついつい自分のことを責めていませんか?

「なんて自分はバカなんだ」「最低だな、自分」など他人以上に自分を責めることは、必ずしもプラスに働くわけではありません。

自分のいたらなさや精神的な苦痛を感じているときでも、自分に愛情を注いで心優しく接することができれば、情緒的な落ち着きが得られるというのです。

自分の感じている苦痛をありのまま受け入れ、その苦痛を緩和し、幸せになるために、自分と肯定的にかかわるのがセルフ・コンパッションです。

このように書くと宗教的と、少し不安に感じてしまうかもしれませんが、セルフ・コンパッションは、ストレスマネジメントやメンタルヘルスケアの手法として欧米で注目の研究分野です。

心を安定させ成長への意欲を生み出すセルフ・コンパッション

実際、セルフ・コンパッションに関連する論文はかなりの数にのぼり、セルフ・コンパッションの高い人が精神的に安定していることも証明されています。そのいくつかを紹介しましょう。

・セルフ・コンパッションが高い人は、人生の満足度や幸福度が高い

・セルフ・コンパッションが高い人ほど、肯定的で安定した自己像を持っている

・セルフ・コンパッションが高い人は自律的で、学業でも課題を通して新しいことを学ぼうとする。

セルフ・コンパッションが高いと、精神的に安定し成長への意欲も強まるというわけです。なおかつセルコンパッションが高いと、困難な事態から生まれる苦痛を緩和することも明らかになっているのです。

宮川裕基・帝塚山大学研究員は、その具体例を次のように書いています。


セルフ・コンパッションに興味のある方は、こちらの記事もおすすめです。

自分を成長させ、ストレスにも強くなる「セルフ・コンパッション」ってなに?


まず自分を抱きしめてみよう!

では、セルフ・コンパッションはどのようにすれば高められるのでしょうか? 

セルフ・コンパッションは、グーグルなどで導入されて話題のマインドフルネスとセットで扱われることも多く、そのメソッドも数多くあります。しかし、とにかく簡単に自らを癒す経験がしたいなら、自分を抱きしめてみましょう。自分の手のぬくもりを感じることで、自分が癒されていくのを味わってみてください。

不思議なことに、自分を抱きしめてあげるだけで、自分をどれだけ自分をぞんざいに扱ってきたのかがわかったりします。

厳しい状況になればなるほど、人は自分に厳しくなりがちです。日々の緊迫感の中で疲れてしまっている自分自身で癒してみましょう。

セルフ・コンパッションを高めるエクササイズを紹介

自分を抱きしめることで癒された感じた人に紹介したのが、「慈悲的なイメージを使ったエクササイズ」です。これはセルフ・コンパッションの第一人者である、テキサス大学准教授のクリスティーン・ネフの『セルフ・コンパッション』(金剛出版)に紹介されているものです。

①心落ち着ける場所を思い描く

静かな場所に座って目を閉じ、穏やかで心落ち着ける場所を想像しましょう。

どんな景色が広がり、どのくらいの明るさで、どんな香りや音がしているでしょうか? しっかりと思い描きましょう。

②理想の人物を描き出す

思いやりと慈悲の心を持つ人を想像します。実在の人物でも想像上の人物でもかまいません。人物が浮かばない場合は、白い光のような抽象的なイメージでも大丈夫です。

③自分に投げかける思いやりのある言葉を考える

その人はどんな声で何を語ってくれましたか? その人はどんな感情を持っていると思いますか? しっかり考えます。何の言葉も浮かばないようであれば、その人のイメージに優しく包まれるところを想像してみましょう。

④自分の心に生まれた落ちつきを感じる

最後に慈悲的なイメージを解き放ち、何度か深呼吸をしてみましょう。そして、このエクササイズで生まれた心の落ち着きを感じてみましょう。

少しでも癒されたと感じれば大成功です。疲れたと思ったら試してみてください。

心理学に興味のある方は、こちらもクリックしてみてください。

参考:『セルフ・コンパッション』(クリスティーン・ネフ 著/金剛出版)/「セルフコンパッション研究のこれまでの知見と今後の課題」 宮川裕基・帝塚山大学研究員 他

 

関連記事はこちら (画像をクリック)

関連記事

長期間の在宅勤務はメンタルに影響する?... 新型コロナウイルスの拡大によって、自宅などで勤務するテレワークを導入する企業はどんどん増えているようです。しかし在宅勤務によるメンタルへの影響には注意が必要かもしれません。 さらに在宅勤務が進んだときのためにテレワークの問題であり続ける「孤独」職場でしか話さない人も孤独を感じたらコミ...
ロックダウン(都市封鎖)が起きた場合に気を付けたいメンタル対策とは... 緊急事態宣言に基づく東京のロックダウン(都市封鎖)の可能性が新聞などでも報じられています。そのとき心配になるのがメンタルヘルスではないでしょうか。すでにロックダウンしている国々の報道などから、参考になる対策を集めてみました! 今は「ギリギリの局面」メンタルヘルス対策は非常に重要みんな...
新型コロナはどうして怒りと社会の分断を「蔓延」させるのか?... 新型コロナウイルスが問題になってから、攻撃的な人が増えているようです。ドラッグストアで店員を怒鳴りつけたり、マスク完売にキレて「俺はコロナだぞ」と店員を脅して逮捕されたり。どうしてこんなことが起こるのか、心理学から読み解きます。 攻撃でフラストレ―ションを開放する!?攻撃に周囲の視線...
新型コロナのパンデミックからメンタル不調に陥らないために... 新型コロナウイルスの蔓延は、メンタルヘルスにどのような影響を与えるのでしょうか。過去の災害や海外情報などから心の健康を守るために、役に立ちそうな情報をご紹介したいと思います。 パンデミックで不安を感じやすい4タイプとは?いつもの生活を送れない危険性 パンデミックで不安を感じやす...
感染症の流行で起きる「ストレス」を軽減するための3つのヒント... 新型コロナウイルスによる影響で、不安やストレスを抱えている人も多いのではないでしょうか。不安やストレスを少しでも和らげられたらとの思いで、海外のパンデミックや災害時のストレスの軽減や解消の方法について調べてみました。今回の状況とは異なるかもしれませんが、冷静に対処するうえで参考にできる点があるよ...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です