社会はどんどん悪くなっていると感じる「ネガティブ本能」に注意

先行きの見えない不安もあり、何となく昔より社会情勢が悪化しているように感じることもあるのではないでしょうか。でも、もしかすると、それは「ネガティブ本能」に突き動かされた思い込みかもしれません。「世界はどんどん悪くなっている」と感じるのはなぜかということについてお伝えします。

  • 大半の人が世界情勢の悪化を感じてる!?
  • 犯罪が減ると報道される!?
  • 記憶は美化され悲惨な歴史も残らない
  • 貧困者は減り、核兵器も減った

大半の人が世界情勢の悪化を感じてる!?

「昔はよかった」が口癖のようになっている人はいませんか?そこまでではなくても、世界がどんどん悪くなっていると感じている人は少なくないでしょう。こうした思い込みを『ファクトフルネス』の著者ハンス・ロスリングは、「ネガティブ本能」と名付けています。

30か国の人に、「世界はどのように変化していると思いますか?」という質問に、「どんどん良くなっている」「どんどん悪くなっている」「あまり変わっていない」という3つの選択肢を用意したところ、世界の大半の人が「世界はどんどん悪くなっている」を選んだというのです。アジア、欧米諸国、中東の国々でも「どんどん悪くなっている」の数が過半数を超えています。

『ファクトフルネス』によれば、極度の貧困にある人の割合は過去20年で約半分となったといいます。これが1800年頃までさかのぼると、人類の約85%が極度の貧困層だったというのですから、歴史的に見れば貧困問題は解決に向けて動き続けているといえます。

犯罪が減ると報道される!?

じつは日本でも実際に社会情勢が悪化したのかどうかが問題になることがあります。過去には少年犯罪の凶悪化が問題になりました。1997年に起きた「酒鬼薔薇聖斗」と名乗る14歳の少年が起こした神戸連続児童殺傷事件は、3年後の少年法の改正につながりました。

当時、少年犯罪の凶悪化や増加が議論されていましたが、じつは凶悪犯とされる殺人、強盗、強姦、放火の件数は1965年以降減少していったことがわかっています。

これは当時の新聞記者に聞いたのですが、昔の方が少年犯罪も多かったので、ニュースバリューも低かったそうです。「犬が人を噛んだらニュースにならないが、人が犬を噛んだらニュースだ」という、英国のジャーナリスト、アルフレッド・ハームズワースが表現した通り、滅多に起こらない悲惨なネタほど報道機関は報じるのです。

そのため社会状況が良くなると、逆に犯罪が目立ってしまうといったことが起きてしまう可能性もあるようです。

記憶は美化され悲惨な歴史も残らない

また、「ネガティブ本能」は記憶との関連もあるそうです。

ジャーナリストのラッセ・ベリは、1970年代にインドの片田舎で取材をしました。25年後、同じ村を訪れて当時の写真を村人に見せると、「この村はこんなに貧しくなかった」と、口々に申し立てたそうです。

多くの人は今のことで頭がいっぱいで、昔の記憶が薄れがちになるのだそうです。しかも悲惨な話は、意識しなければ世代を越えて受け継がれることは少ないらしいのです。

これが「昔はよかった」の正体の一つでもあるようです。

貧困者は減り、核兵器も減った

最後に『ファクトフルネス』に紹介されている社会情勢の改善例をあげておきましょう。HIV感染者は1996年を境に減少。100万人あたりの人数も1996年が549人なのに、2016年は241人と半分以下になっていました。

核兵器の数も1986年から減少。当時6万4000発もあった核兵器は、2017年には1万5000発まで減っているのです。

一方、農作物の収穫高は、1961年当時は1ヘクタールあたり1.4トンしか収穫できなかったのに、2014年では4トンまで伸びているのです。

予防接種も世界中の1歳児のうち、何らかの予防接種を受けている子どもの割合は、1980年は22%だったのに対し、2016年は88%になっているのです。

どうでしょう?ロングスパンで考えると、希望ある未来を信じられるような気がしませんか? 

コミュニケーションやメンタルヘルスに興味のある方はこちらをご覧ください。

参考:『ファクトフルネス』(ハンス・ロスリング 著/日経BP社)

関連記事

行動が自然に変えていく「ナッジ」って?... 新型ウイルスの感染予防として、改めて注目を集めている行動経済学の手法があります。それが「ナッジ」です。人々の行動を無理なく変えていく方法として知られている「ナッジ」を具体例とともに説明しましょう。 学食の陳列を変えるだけで野菜を食べるように月払いと隔週払いだと、どっちの方が貯蓄に有利...
非常事態宣言の今だからこそ理解したい判断を間違う3つのパターン... 危険性を感じたときこそ冷静な判断が求められます。しかしリスクを感じる状況だからこそ陥ってしまう思考のワナもあります。今日は不確かな状況で判断を行うときこそ理解しておきたいヒューリスティックについて解説します。 大まかに判断しようとするヒューリスティック 不確かな状況では、さまざ...
リスクに直面しているときほど気を付けたい6つの認知バイアスとは?... 新型コロナウイルスへの対応によって、いつもと違う日常生活を送っている人も多いことと思います。こうしたリスクに対峙しているときに気を付けたいのが「認知バイアス」、いわゆる「思考の偏り」です。数ある認知バイアスからリスク時の判断に影響を与えかねないものを集めてみました。 リスクがあるとき...
『「むなしさ」を感じたときに読む本』から学ぶ「むさしさ」との付き合い方... 最近、むなしいと感じたことはありますか?理由があってむなしいと感じるときもあれば、特に原因もなくむなしさを感じてしまうこともあるでしょう。そんな「むなしさ」の正体と対処法を「対人関係療法」の第一人者である水島広子医師の書籍から紹介していきましょう。 「むなしさ」が社会を覆うようになっ...
疲れる人とつき合わない!心に優しい新習慣... 精神的に疲れるのは、どんなときですか?根を詰めて仕事したときより、人間関係に疲れてしまうことが多いのではないでしょうか。会うだけで疲れるような人から距離を取る新習慣を身につけましょう。 時間とエネルギーを奪う「パワー泥棒」代表的な3タイプ自分の順位を1番にする自分の時間とエネルギーを...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です