努力しないでもカンタンに続けられる「習慣」の新ルールって?

ダイエットも、語学も、ビジネスだって、日々コツコツと積み上げることが成功の近道だと誰も知っています。でも目標のほとんどは続けられることなく、忘れさられていきます。そんな人におすすめしたい習慣をカンタンに身につけるための新ルールを紹介します。

  • モチベーションや意志力だのみは失敗しやすい
  • 成功は「バカバカかしい」ほど小さな目標から
  • 習慣化のための6つのステップとは

モチベーションや意志力だのみは失敗しやすい

「3日坊主」で終わったことを、思い返してみてください。あれだけモチベーションが高かったのに、次の日にはややウンザリしていて、もう1週間後には見るのもイヤになっていたりしませんでしたか? 

ちなみに、そのときの行動目標はどんなものだったでしょう。

ダイエットならば毎日20分のランニングとか、筋トレなら腹筋20回とか、英会話なら1時間のリスニングとか、そんなことだったかもしれません。

こうした行動目標は、とても素晴らしいものですが、実際かなりモチベーションが高くないと続きません。これまでギリギリに起きて出社してきた人が、ランニングのために早く起きて、眠りから完全に覚めていない体を動かすなど、冷静に考えてみれば簡単でないとこがわかるのではないでしょうか。

そもそもモチベーションは変わりやすく、意志力は使えば使うほど消耗していくものです。日々の行動目標が習慣化するまで、モチベーションや意志力にたよって継続しようという発想が間違っているのかもしれません。もちろんオリンピック選手並みの意志力を備えているのであれば問題ありませんが、そうした人はこのような記事を読んでいないでしょう。


「習慣」に関するこちらの記事もおすすめ

自分を変える!良い習慣が身につく3つのポイント
生活習慣を変えられなくて困っているあなたに、イェール大教授からのアドバイス


成功は「バカバカかしい」ほど小さな目標から

モチベーションにも、意志力にも頼らない習慣化の方法を、スタンフォード大学のDr. Foggやベストセラー作家のスティーヴン・ガイズ氏は開発しました。それは習慣の難易度を下げることです。

スティーヴン・ガイズ氏は、腕立て伏せ1回を習慣化したことで生活が激変したと自著に書いています。目標を「バカバカかしい」ほど小さくすれば、モチベーションも必要ないし、ついでだからとプラスアルファ―の運動までやり続けてしまったというのです。それでも腕立て伏せを忘れてベッドに入ってしまったときは、ベッドで1回だけ腕立て伏せをしたとのこと。

結果、目標をクリアし続け、継続の記録が途絶えないことが快感になったそうです。そして6ヵ月後にはスポーツジムに通うようになり、9ヵ月後には同じような方法で生活を改善。原稿の執筆量も増え、苦手だった大盛りのサラダまで食べるようになったそうです。

繰り返し同じような行動を繰り返せば、その行動は習慣化します。デューク大学の研究によれば、私たちの行動の約45%は習慣で成り立っているそうです。そして習慣化した行動に、モチベーションなど必要ありません。わざわざテンションを上げなくても、多くの人が歯磨きができるのと同じです。

新しい習慣づくりにかかる日数は平均66日ですが、実際には18日から254日と達成に幅があることもわかっています。とにかく66日を目指して、小さな習慣を続けていくことが自分を変える最初の一歩になるでしょう。

習慣化のための6つのステップとは

それでは小さな目標を習慣化する方法をまとめてみましょう。

①身につけたい習慣をリストアップする
そのリストから2~3つの習慣を選びます。通常、習慣化は一つずつ行うことが多いのですが、小さな習慣ならば心理的な負荷も少ないため、複数選んでも問題がないそうです。

②習慣を「ばかばかしい」ほど小さくする
スティーヴン・ガイズは腹筋1回を、Dr. Foggは1本の歯だけを歯間ブラシで磨くことを目標にしました。とにかく10分以内に簡単に終わることを目標にしましょう。

③目標達成の理由を考える
正直に目標を達成したい理由を考えましょう。目標達成の理由が恥ずかしいことでも構いません。表面上の理由にこだわらないように、しつこく「なぜ」達成する必要があるのかを自分に問いかけてみましょう。

④現在の習慣に新しい習慣を結びつける
例えば1回の腹筋なら入浴前でもいいでしょうし、1個だけ単語を確認するなら就寝前でもいいでしょう。日々の習慣に小さな習慣を入れ込むことで習慣化は、より簡単になります。

⑤目標達成をチェックする
カレンダーに書き込んでもいいですし、エクセルなどでチェック表を作ってもいいので、日々進捗状況をチェックしましょう。ただしチェックマークは手書きの方がいいとスティーヴン・ガイズは書いています。

このチェック表を目に付くところに貼っておけば、忘れたときにもフォローできます。また習慣を日々続けていることが、モチベーションのアップにもつながっていきます。

⑥行動達成を祝う
Dr. Foggは間抜けな感じのお祝いがいいと書いています。勝利のポーズを取ってみるとか、自分に拍手してみるといった方法もあるでしょう。スティーヴン・ガイズ氏は、YouTubeで笑える動画を見て愉快な気持ちになることを勧めています。

自分にあったご褒美を、新習慣を達成した後に与えてください。

今日は小さな習慣で目標を達成する方法を紹介しました。

心理学を使った生活改善に興味のある方は、こちらもご覧ください。

参考:『小さな習慣』(スティーヴン・ガイズ/ダイヤモンド社)/「The Magic of Tiny Habits」(Tonya Lester LCSW/Psychology Today)

関連記事

生活習慣を変えられなくて困っているあなたに、イェール大教授からのアドバイス... 宣言をすると目標を達成しやすくなることは広く知られています。でも、その達成した生活習慣を維持することは、目標を達成するより難しいことを知っていますか?そこで習慣の維持に効果のある方法について調べてみました。 ダイエットした体重を維持できるのは5人に1人精神力を必要とする習慣は避ける定...
コミットメント契約 目標達成のための効果的な罰とごほうびとは?... 目標達成のために、ご褒美や罰を用意したことはありますか?営業などでもインセンティブといった形で、営業職を鼓舞してきました。しかし、どんな形の罰則やごほうびが効果的なのかを知っていますか?目標を達成したい人のために、行動経済学の研究結果を報告します。 慈善団体への寄付が効果的な罰になる...
今度こそ目標を達成するためにナッジ2つの原則と4つのポイントを理解する... 誘惑を避けて正しい習慣を維持するための2つの原則と、4つのポイントを今年発表された行動科学理論から紹介します。ついつい誘惑に負けてしまいがちな人にお勧めの方法です。 意志力だけでの目標達成は難しいナッジ成功2つの原則セルフナッジ作成の4つのポイント 意志力だけでの目標達成は難し...
心理学が教える!幸せになりたいなら実践したい3つのポイント... 誰もが幸せになりたいと思っていますが、なかなか幸せを実感するのが難しいのも事実です。もっとお金があれば、もう少し頭がよければ、ちょっとだけ容姿が良ければと思ってしまうかも。でも、それはすべて間違いかもしれません。本当に幸せになる方法を心理学が教えます。 お金も幸福には関係ない!? ...
元気のないときほど試したい周りの雰囲気をかえる3つの方法... 元気のないときに、おすすめしたい方法の一つが自分の周りの雰囲気を変えることです。自分の気分が変わらなくても、環境が整ってくれば状況が好転してくるからです。そこで場の雰囲気を変える3つの方法をお伝えしましょう。 人は場の雰囲気に流される3つの方法を紹介 人は場の雰囲気に流される ...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です