「人生の目的・目標」を見つけるための3つのテクニック

「目的や目標が大切だ」とは、よく言われることです。しかし自分が本当にやりたいことを知っている人は、ほとんどいないでしょう。そこで人生の目的や目標を見つける方法をまとめてみました。

  • 簡単には見つからない「人生の目的」
  • 子供時代を振り返る
  • 「やりたいことリスト」の作成
  • エネルギーの流れを観察する

簡単には見つからない「人生の目的」

英国の航空会社を持つことでも有名なヴァージン・グループの創業者、リチャード・ブランソン氏の名言に次のようなものがあります。

「成功する人は夢を追い求め、成功しない人は現実に流されている」

成功の秘訣としては、その通りなのでしょう。

質の高いやる気は、報酬や罰則によって強制されたものではなく、手段ではなく、それ自体を目的としたときに生まれてくると言われています。つまり、英語を話せないと減給になると強制されるより、英語を学ぶこと自体好きな人の方が質の高いやる気を維持できるというわけです。

これは誰もが納得することでしょう。だからといって、夢や人生の目的といったものを簡単に探せるわけではありません。

「天職」は英語で「calling」ですが、この単語は「呼び出し」や「電話」といった意味もあります。つまり英語圏では、神様から呼びだされたり、電話がかかってきて天職は授かるものなのでしょう。

一般的には夢や人生の目的も、「calling」と同じように自分では探しにくいと感じるのではないでしょうか? 例えば会社などの数値目標が明確でも、それが自分の人生と、どう結びついているのかはほとんどの人が説明できないでしょう。人生で何を達成したいのかを知りたいと思いながら、日々の生活に追われていく。それが多くの人にとっての日常だからです。

それでも、人生の目的を探す方法がないわけではありません。方法を紹介しましょう。

①子供時代を振り返る

子ども時代に好きだったことを思い出すのは、とても有効だとサンタクララ大学のダイアン・ドレーア博士は指摘しています。人生の目的に通じるものは、子どものときの経験と結びついていることが多いからだそうです。

確かに子どもの頃の「好き」には、何の忖度もないものです。心から欲していたものを思い出す可能性は高そうです。

ベストセラー『定年後 50歳からの生き方、終わり方』(中公新書)を書いた作家の楠木新氏も、定年後の生きがいを見つける方法として子ども時代の思い出を探ることを提唱しています。当時流行った曲などを聞きながら思い出すと、より思い出しやすくなるそうです。

昔のヒット曲でも聞きながら、何に夢中だったのかを思い出してみませんか? 級友に会って話したり、親に自分の子ども時代についてたずねるのもいいかもしれません。

好きだったことを思い出したら試してみましょう。また子ども時代の興味とつながる物事を、いまの生活から考えて実行するのもいいでしょう。

②「やりたいことリスト」の作成

とにかく好奇心や直観のおもむくままに、やりたいこと以前にやりたかったことを書き出しましょう。実現性など関係ありません。宇宙旅行に憧れていたのであれば、躊躇なく「宇宙旅行」とリストに加えます。

すべて書き出したなら、一つひとつ実現する方法を考えてみましょう。宇宙旅行が難しいとしても、天文観測はできるかもしれません。あるいは米国ヒューストン宇宙センターの見学ならば、可能かもしれません。

またリストに書き出したものをどうしてやりたかったのかもよく考えて、実現計画を練りましょう。例えば、高級レストランに行く夢を奥さんと一緒に考えたなら、二人で行かないと意味がないでしょう。

日程や予算などを見積り、実現できそうなものからスケジュールに組み込んでみてください。やりたいことを試していくなかで、より探求したいことが出てくるかもしれません。とにかく最低でも一つは試してみましょう。

③エネルギーの流れを観察する

日々、自分のエネルギーを観察しましょう。

何をしているときが、自分のエネルギー値が高いですか? 時間が経つのを忘れてしまうほど没頭できる習慣や仕事がありますか? そこまでいかなくても、実行しているとエネルギー値が上がると感じるものを書き出してみましょう。

すでに没頭できるものがあれば、その時間を増やす方法を考えてみましょう。またさらに集中力が高まるように課題を設定してみましょう。例えば手芸などが好きなら、ネットで販売できるぐらいまでスキルをアップさせる方法を考えてみるのです。

今日は「人生の目的」を探す方法を紹介しました。「人生の目的」に通じるヒントを見つけられるかもしれません。新年の目標を立てる前に、ぜひ試してみてください。

日々の生活に心理学の知識を活用したいと感じる方は、こちらもご覧ください。

一般社団法人 日本産業カウンセラー協会

参考:『Your Personal Renaissance: 12 Steps to Finding Your Life’s True Calling』(Diane Dreher, Ph.D.)/『成功者がしている100の習慣』(ナイジェル・カンバーランド/ダイヤモンド社)

関連記事

本当にやりたいことを見つける3つのメソッド... 「やりたいことがわからない」と感じることはありませんか? 気が付けば、何もやりたいくなしほしくない、何も期待していないという状態は必ずしもいい状態ではないのかもしれません。そこで、今回は本当にほしいもの、やりたいことを見つける方法について考えてみました。 自分の選択に自信を持つために...
失敗しない目標設定!間違ってはいけない5つの方法と2つのルール... 目標設定が成功に導くとは、よく言われています。しかし目標設定は幸福にも高い関連性を持つことがわかってきました。そこで不幸にならない正しい目標設定のやり方を解説していきます。 目標の基礎となる「SMART」勉強時間をつくってる?幸福に感じる目標設定って? 目標の基礎となる「SMA...
行動を起こすための6つのヒント 新年の目標を立てたのに、行動に移せないといったことに悩んでいる人もいるかもしれません。朝、走ると決めたのに、今日は気温が低いからと言い訳してやめてしまう。そんな人にお勧めの方法を紹介します。 行動するのが不安な人は要注意小さな行動をたくさん実行する5秒カウントダウンして動く宣言をする...
今年こそ目標を達成させる簡単メソッドを紹介!... もう新年の目標を立てましたか? 「今年こそは」と思っていたのに、早くも三日坊主になってしまった人もいるかもしれませんね。そこで年末に目標を達成したい人に向けて、正しい目標の立て方を紹介しましょう! どうしてその目標を立てたの?大切な価値観を意識する楽しみと価値観を合体させてみる ...
決断できない人が抱える不安に対処する3つの方法... 決断するのが苦手、一歩を踏み出すのが難しい。そんなタイプの人はいませんか? 慎重さは大切なことですが、決断を下せないことに、自分自身で苛立ってしまっているようなら、改善する必要があるかもしれません。 やらない後悔は大きい3つの間違った考え方 やらない後悔は大きい 優柔不断...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です