本当にやりたいことを見つける3つのメソッド

「やりたいことがわからない」と感じることはありませんか? 気が付けば、何もやりたいくなしほしくない、何も期待していないという状態は必ずしもいい状態ではないのかもしれません。そこで、今回は本当にほしいもの、やりたいことを見つける方法について考えてみました。

  • 自分の選択に自信を持つためにも
  • 自分の欲求の方向性を探る
  • なりたい動物は?
  • 自分のお葬式を想像する

自分の選択に自信を持つためにも

本当にほしいものがわからないと、ないものねだりなども起きるといわれています。さしてほしいものではなかったのに、希少品だと言われるとほしくなる。これは心理実験でも確かめられた一般的な心理ですが、その根底には自分のほしいものを理解できない心理が働いていると言われています。

もちろん物欲が減っただけならあまり困ることもないかもしれませんが、人生全般に望むものがなくなると、自分の生き様が味気ないものに見えてくるかもしれません。特に就職や転職、結婚など、人生の転機に自分が何をやりたいのかまったくわからないことに気づくとと唖然とするかもしれません。

必要に迫られて選んでも、自分の選択に自信が持てず、本当にこの選択でよかったのかを考えてしまうことも……。ときには、やっぱり違うと感じて会社を辞めてしまったりすることもあるでしょう。

そんな失敗をしないためにも、自分の欲求の傾向をしっかりと把握することは重要です。

自分の欲求の方向性を探る

オハイオ州立大学のスティーブン・リース教授は、人には16個の基本的欲求があり、そのうち2つか3つに強く反応するそうです。自分の基本的欲求は自己成長の道しるべとなるもので、その欲求に従えば理想の自分に近づけるとのこと。

その16個が、以下の項目です。

「力」「独立」「好奇心」「承認」「秩序」「貯蔵」「誇り」「理想」「交流」「家族」「地位」「競争」「ロマンス」「食」「運動」「安心」

少しわかりにくいのは「貯蔵」かもしれません。これはモノをため込むたけではなく、貯金なども含みます。どうでしょうか? 自分の気になるのがありましたか? 自分の基本的欲求がわかったら、その欲求に関連するものを購入してみたり、勉強してみるのはどうでしょうか? 自分が本当にほしいもの、やりたいものが、そこからみつかるかもしれません。

なりたい動物は?

自分のほしいもの、やりたいものが真正面から浮かばないときには、自分がなりたい動物を思い浮かべるという方法があります。方法は簡単です。

①自分がなりたい動物を一つ選びます。
②その理由を3つ書き出します。
③選んだ理由から自分にとって大切な価値観を考える

では、具体的にかんがえてみましょう。

①ネコ
②「自由さ」「こびない態度」「甘え上手」
③自分のしたいことを押し通す強さや、毅然とした態度なのに、しっかり愛されているところに惹かれている。自由を確保し、思い通り生きたいと欲求が強いのかもしれません。

①ライオン
②「強い」「群れをつくる」「かっこいい」

リーダーシップを取り、集団で行動することに価値を置いているのかもしれません。

もちろん憧れが前面に出て、現在の自分の姿と合わないと感じることもあるでしょう。しかし憧れるのは、自分が価値を見出している証拠です。そうした理想近づくには、どんな生活を選択すればいいのかを考えてみるといいでしょう。

自分のお葬式を想像する

自分がお葬式を想像するという方法も、本当にほしいもの、やりたいことを見つける一つの方法です。

目をつむり、自分のお葬式を想像してみましょう。
誰に出席してもらいたいのか、どんな挨拶をしてもらいたいのか。自分のどんな功績をたたえられたいのかを考えてみましょう。じっくり考えると、自分の意外な欲求に気づくこともあるでしょう。
ずっと会っていなかった友達に出席してもらいたいとか、仕事よりも趣味のことを誉めてほしいなどなど。

自分が本当に手に入れたいものがわかれば、そのために何をすればいいのかもわかります。時間をかけて生活を変えていくことも可能です。

「何をしたいのかわからない」「何がほしいのかもわからない」といった感情が溢れ、「なんだかつまらない」と感じたら上記の方法を試してみてはいかがでしょうか?

自分の本当の欲求を知るきかっけになるかもしれません。

日々の生活に心理学の知識を活用したいと感じる方は、こちらもご覧ください。

監修:日本産業カウンセラー協会

参考:『本当に欲しいものを知りなさい―究極の自分探しができる16の欲求プロフィール』(スティーブン・リース/角川書店)/『図解 自分をアップデートする 仕事のコツ大全』(金沢悦子/講談社)/『ココロの不思議を読み解く 心理実験室』(渋谷昌三/河出書房新社)

関連記事

失敗しない目標設定!間違ってはいけない5つの方法と2つのルール... 目標設定が成功に導くとは、よく言われています。しかし目標設定は幸福にも高い関連性を持つことがわかってきました。そこで不幸にならない正しい目標設定のやり方を解説していきます。 目標の基礎となる「SMART」勉強時間をつくってる?幸福に感じる目標設定って? 目標の基礎となる「SMA...
決断できない人が抱える不安に対処する3つの方法... 決断するのが苦手、一歩を踏み出すのが難しい。そんなタイプの人はいませんか? 慎重さは大切なことですが、決断を下せないことに、自分自身で苛立ってしまっているようなら、改善する必要があるかもしれません。 やらない後悔は大きい3つの間違った考え方 やらない後悔は大きい 優柔不断...
目標達成のために行動できないときに試したい!たった1つの方法... 自分の目標に向かって、日々努力していくのは理想の姿でしょう。しかし、実際にはなかなか思い通りにならないもの。では、どのようにすればいいのでしょうか?どうやら目標設定にポイントがあるようです。 自信の源は日々の努力ワクワクするものを探す子ども時代を思い出す 自信の源は日々の努力 ...
人生の終わりに悔いを残さないための3つのルール... どんな人生を送れば納得できると思いますか?その答えをホスピスなど、死に直面している人に求めた書籍が、国内外を含め出版されています。そうしたさまざまな教訓から、若い人にとっても重要だと思えるポイントを解説していきます。 自分の人生に納得できるルールとは? 本当に悔いのない人生を歩...
決断に迷ったら「理屈」と「直感」のどちらを優先する?... 重要な決断をくだすとき、理屈と直感どちらを信じますか?理屈派も直観派も自分なりの成功体験があると思いますが、じつは結構危険な橋を渡っているのかも!?理屈と直感どちらを信じるべきなのか、理屈と直感に適したシチュエーションを調べました。 直観の的中率は90%!?直観を信じる3つの条件直観...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です