それってアピール? オフィスやSNSでつぶやく独り言の心理とは

気が付いたら独り言を言っていたそんな経験はありませんか?それは要注意のサインかもしれません。オフィスやSNSなどで独り言をつぶやく人の心理について調べてみました。

  • ストレスの増大が独り言に
  • 独り言でアピール?

ストレスの増大が独り言に

気付いたら独り言を言っていた。そんな経験がある人は多いかもしれません。無意識なだけに、そんな行動に驚いたこともあるかもしれません。

では、人はどんなときに独り言を言いやすくなるのでしょうか?

子どもを対象にした独り言の実験では、困難な問題を解決しようとするときに独り言が多くなる傾向が知られています。筑波大学大学院の岩男征樹教授は、大人でも同様な傾向があり、問題を解決しようとするときだけではなく、困難に直面してツライ気持ちを発散するために独り言を言う可能性もあると指摘しています。

じつは困難な状況での独り言は、必ずしもマイナスなことではありません。

ギリシャのテッサリア大学で独り言について研究しているアントニス・ハチジョジアディス准教授も

「人は自分で自分に語りかけることでやる気を出したり、自分を行動へと導いたり、自分の行動を評価したりする」

と分析しています。

実際、自分への語りかけをポジティブにすることで、よりよい一歩を踏み出しやすくなるといった研究も行われているのです。「頑張れ」「さあ行こう」といった独り言は、自分を叱咤する独り言で海外では推奨されているケースもあります。

ただ、多すぎる独り言が問題になるケースもあります。

松井豊筑波大助教授は、「心の不調を告げる部下のサイン」として「独りで考え込み、独り言を言う」という項目をあげています。また地震発生後の被災地で、PTSDの症状を疑われる人が、独り言を繰り返していたといった報告などもあります。

いずれにしても多すぎる独り言は、ストレスが増えている可能性があります。独り言では悩みを解消しにくいとも言われているので、友人に愚痴を言ったり、カウンセラーなどの専門家に相談するのもいいかもしれません。

独り言でアピール?

ここまでの独り言は、当人が意識していないものでした。しかし職場での悩みとして、同僚の「独り言」が取り上げられる場合、「意識的ではないか」といった声が溢れています。

じつは独り言の心理実験は、実施するのが難しいことで知られています。人前では独り言を言うべきではないという意識が働き、実験を意識すると独り言が止まってしまうケースが少なくないからです。

つまり公共の場での大人の独り言は、ややレアなケースといえそうです。

そんな独り言の心理を考える足掛かりとなりそうなのが、ツイッターの心理調査です。「大学生の独り言的ツイートは独り言なのか――発話傾向との関連から」という論文では、2012年の調査では独り言に近いものだったのに、2016年の調査では社会に向けたアピールの度合いが強くなっているといった結果が出ています。

これはツイッターを使う人が増え、プライベートな空間ではないという認識が広まっていった結果でもあるようです。逆に公共の場なのに、プライベート空間のようにつぶやく意識は、オフィスなどでの独り言の心理に近い部分があるのかもしれません。

別の論文では、ツイッターは返信を期待せずにつぶやくことができるため、場の空気を読んだ発言をする必要がないと分析しています。つまりリアルな場では口にしにくいアピールが、ツイートの中にあふれているというわけです。

こうした研究結果をそのまま実際の独り言に当てはめることはできませんが、職場での独り言の中にはツイッターと同じように、空気を読まないアピールが含まれている可能性はありそうです。

心理的な癖について興味のある方は、こちらもご覧ください。

参考:「大人はどのような人が独り言をよくいうのか?」(岩男征樹・堀洋道)/「大学生の独り言的ツイートは独り言なのか―発話傾向との関連から」(澤山郁夫/三宅幹子)/「独り言、「I」より「You」が効果的 新しい仕事では教えるような口調で」(『THE WALL STREET JOURNAL』2014年5月8日)/「部下の異変どう気づく? 職場のストレスマネジメント(過労社会)」(『朝日新聞』2003年3月18日)

関連記事

イヤな気分をスッキリさせる!心理学的手法4選... 「いつも気分良く過ごしていたい」と誰もが思うものですが、結構難しいものです。というのも、感情は些細なことで簡単に変わってしまうからです。天気が悪い、信号の巡り合わせが悪い、吹き出物ができたなどなど。落ち込んだ気持ちをプラスに切り替えられればいいのですが、それができないとイヤな気持ちのまま1日を過ご...
複雑性PTSDってどんな病気? 症状などをわかりやすく解説... 「PTSD」という単語を聞いたことがあっても、「複雑性PTSD」という言葉は知らないという人がほとんどではないでしょうか? そこで「複雑性PTSD」の原因やどのような症状なのかについてまとめました。 近年、改めて注目されている疾患社会生活に影響する症状回復は安全な環境の確保から ...
心の健康のためにネガティブ感情を丁寧に扱う4つの方法... 何となくの不安やモヤモヤした気持ちで、集中力や行動力が鈍ることは誰にでもあるでしょう。そして、ほとんどの人はネガティブな感情を振り払って、ポジティブに考えようとします。しかし、それはマイナスに働くこともあるそうです。 ネガティブな感情を丁寧に扱う ベス・カーランド博士は、ネガテ...
心のモヤモヤを晴らす3つのステップ... モヤモヤする日は誰にでもあるでしょう。何となく気乗りしないけれど理由が分からない、そんな日です。そんなイマイチの日にやる気を取り戻す方法をまとめてみました。イマイチだなと思ったら試してみてください。 モヤモヤも必要な感情モヤモヤを書き出す問題の解決方法を考えてみる嫌なことをシミュレー...
気持ちが晴れないときに試したい 心を軽くするコーピング15選... ストレスが溜まったとき、どうしていますか? 心理学には、コーピングと呼ばれる「ストレス対処スキル」があります。ストレスを解消してくれるコーピングを集めましたので、ぜひ試してみてください。 心の持ちようで現実のとらえ方が変わる自然の中で試したいコーピング自宅でやってみたいコーピング ...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です