光浦靖子さんの告白した「生きづらさ」に広がる共感。で、どうする?

コロナ禍で仕事や生活などの環境が変化する中、お笑いタレントの光浦靖子さんが『文藝春秋』11月号に掲載したエッセイが評判です。そんな光浦さんの語る「もう一つの人生も回収したい」といった想いを手助けする心理学の知識を紹介します。

  • ほとんどの人ができたのに「なんで私にはできないんだろう」
  • 人生の分岐点が見つからない人に
  • 違う人格も経験してみる

ほとんどの人ができたのに「なんで私にはできないんだろう」

お笑いタレントの光浦靖子さんが『文藝春秋』に掲載した文章は赤裸々です。

40代に入った頃からかな?仕事がゆる~りと減り始めました。テレビの世界に入って、一度も手を抜いたことはありません。なのに減るのです。

そう現状を吐露します。
また大学時代にバイトを立て続けにクビになっていたことを思い出しつつ、こう嘆くのです。

なんでみんな続けられるんだろう。結婚もそう、出産もそう、ほとんどの同級生ができたのに、なんで私にはできないんだろう。

しかもテレビタレントの厳しい世界で勝ち抜いてきただけに、光浦さんには揺るぎない価値観がありました。それゆえ自分で自分を追い詰めてしまっていたそうです。

仕事がない=価値がない、としか思えなくなってしまいました。自分に満足するもしないも、他人からの評価でしか決められない。このままいくと、私はいつか、壊れるな。どうにかしなきゃ。

それがエッセイのタイトルにもなっている「もう一つの人生も回収したい」という想いにつながっていきます。
東京外国語大学時代、光浦さんは英語が話せないというコンプレックスから、勉強ではなく「お笑い」に傾倒していったそうです。だからこそ英会話に取り組まなかった人生を回収しようと留学を決意するのです。ただ、それもコロナ禍で延期となってしまいます。

それでも彼女は、

「不思議と心は穏やか」

だとつづり、さらに

「行動を起こさなくても、決心するだけで心境は変化するようです。相変わらず、金のかからない女です」

と結びます。

人生の分岐点が見つからない人に

パンデミックによって仕事や生活を見直している人も少なくないかもしれません。生活スタイルや価値観が変化していく中で、自分がどうやって生きていくのかを考えざるを得ない状況でもあるからです。

ただ、多くの人が光浦さんのように、人生の分岐点が明確ではないでしょう。また、価値観を見直すにしても、何がしたいのかわからないという人が多いのかもしれません。そんな人におすすめしたいのが、ハーバード大学の人気教授でもあるブライアン・R・リトル氏が唱える「コア・プロジェクト」という概念です。

ブライアン教授は、さまざまな個人のプロジェクトの中には、「人生そのもの」と言っていいほど大きな意味を持つ「コア・プロジェクト」があり、それは次の2つの要素を満たしていると説きます。

①「重要性」「自分の価値観と一致」「自己表現できる」と感じられるもの

②そのプロジェクトが順調なときはほかのプロジェクトもうまくいくが、不調だと他のプロジェクト全体に影響が出る

例えば家族と食事する時間を大切にするというプロジェクトがうまくいかないと、元気が出なくて仕事にまで影響が出ると感じたら、「コア・プロジェクト」の可能性が高まるというわけです。

この2つの観点から自分の生活全般を見直すと、自分なりの「コア・プロジェクト」が見つかるかもしれません。

違う人格も経験してみる

「コア・プロジェクト」が見つかっても、それを維持することが簡単ではないと思うこともあるでしょう。特に評価基準が固定されていると、「コア・プロジェクト」に取り組むことが難しくなります。光浦さんの例で言えば、「仕事がない=価値がない」といった価値観です。

そんな「評価基準」を変える方法として、ブライアン教授が推奨しているのが演技エクササイズです。それは次のような手順で行います。

①「自分がどんな人間だと思うのか」というテーマで、自分の特徴を1~2ページ程度書き出す

②自分とは違う「未知の自分」を決定する

③新しい自分として生活するときに遭遇するさまざまな状況や日常を想定して、対応できるようにリハーサルをする

④2週間、新しい自分として暮らしてみる

ここで重要なのは性格を変えることではなく、「新たな自分の可能性」を感じることだそうです。あんがい人は柔軟なので、現在の自分の評価基準を変えれば、それに沿った行動もできるそうです。

普段とは違う自分になりきることで、「コア・プロジェクト」を支える新しい「評価基準」を受け入れられたら、もっとラクに生きられるかもしれません。

新しい価値観が問われている今だからこそ、自分にとって本当に大切なものについて考える時間を取るのもいいのかもしれませんね。

もっと価値観を見直すヒントがほしいという方は、こちらもご覧ください。

参考:『自分の価値を最大にするハーバードの心理学講座』(ブライアン・R・リトル/大和書房)/『文藝春秋』(11月号)

関連記事

落ち込んだときに試したい笑いの効果... 「笑い」が心と身体を健康にすることは、よく知られています。ただ、医師からも認められるほど効果があることは知らない人も多いでしょう。そこで笑いの効果について紹介しましょう。 落語がリウマチに効いた!?脳も活性化させる笑いおすすめの笑いは? 落語がリウマチに効いた!? 「笑い...
この仕事はトラブル案件?トラブル案件の見分け方と避け方とは... トラブルに巻き込まれそうな仕事は、何となくわかったりすることがあるものです。「なんかイヤだなー」と思ったら、1か月後に「やっぱり」とか。そんな仕事を見つけ、回避する方法を紹介します。 「着地点」がわからないのは危険情報収集で避ける複数案の提示でトラブルを避ける 「着地点」がわか...
決断できない人が抱える不安に対処する3つの方法... 決断するのが苦手、一歩を踏み出すのが難しい。そんなタイプの人はいませんか? 慎重さは大切なことですが、決断を下せないことに、自分自身で苛立ってしまっているようなら、改善する必要があるかもしれません。 やらない後悔は大きい 優柔不断で決断を下せないタイプの人は、リスクを取ることへ...
怒りや失望など「負の感情」をコントロールする方法... 思いのほか強い自分の負の感情に振り回され、疲れを感じていたりしませんか? 「もう顔を見るのもイヤだ!」と感じたり、相手を消してしまいたいと思うほどの怒りを感じたり。そんな負の感情への対処法をお伝えしましょう。 些細な怒りを放っておいた結果 ちょっとしたイラつきや怒りなどは、誰も...
ワル自慢・ヤンチャ自慢をする心理とその対処法とは?... 「昔、オレは悪かった」といったヤンチャ自慢は、聞いているほとんどの人がゲンナリする話題です。ところが中高年男性の中には、そうした話題を口にする人がいます。自慢する心理と対処法をまとめてみました。 周りをドン引きさせるワル自慢 男性の「昔はワルかった自慢」を聴いたことがある人も少...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です