断られてもヘコまない ピンチをチャンスに変える交渉術

通常、交渉事は相手に否定されないように話を進めるものです。むしろ断りにくいように先回りして、やや無理にでも承諾するような交渉をする人もいるかもしれません。しかし交渉は「ノー」からスタートするといった説もあるようです。

  • 「ノー」が交渉の始まり!?
  • 「拒絶」にめげずに進む
  • 説得のポイントは「要約」

「ノー」が交渉の始まり!?

『逆転交渉術 まずは「ノー」から引き出せ』(早川書房)は、元FBIの人質交渉人であるクリス・ヴォスらが書いた書籍です。そもそも交渉開始時点で圧倒的に不利な人質交渉において、交渉が「ノー」から始まるのは当たり前のことかもしれません。

しかし多くの人は「ノー」を突きつけられることを避けたいと思うもの。取り付く島もないような断られ方をすると、なかなか要求を口にすることも難しくなるでしょう。

「契約を取るように言われていたけれど断られた」「大事なお願いだったのに、話も聞かずに断られた」などなど。そんなピンチにも、この本や役立ちそうです。

「ノー」は交渉の起点であって、終点ではない

「ノー」は現状を維持するための、とりわけ一時的な決定であることが多い。

この本によれば、交渉ごとの「ノー」は完全な拒絶と言えないケースもあるようです。

たしかに交渉ごとに相手が「ノー」を言う時、さまざまな要因を検討して答えを出していないケースもありそうです。営業が面倒だなと思っている場合に「無理ですね」と答えてしまうケースなどは、けっこうありそうです。

「拒絶」にめげずに進む

実際、著者であるクリス・ヴォスが人質交渉人の職を得るための交渉は、FBIの人質交渉チームの指揮官に直接自分を売り込んだものの、けんもほろろに断られ、出ていくよう命令されたところから始まっています。そのとき自殺防止ホットラインでボランティアでもするように言われたことを突破口に、実際にボランティアを経験して事務所に再訪。交渉人の地位を勝ち取ったそうです。

確かに冷たく断った志願者が、言われた通りに実行して戻ってきたら話を聴いてもいいかも思うかもしれませんね。

「ノー」と言うことで、言った人間は安全と備え主体性が確保されたと感じる。つまり「ノー」と言い放つと会話の主導権を確保することになるので、当人も安心します。だからこそ「ノー」と言われた側も、相手の懐に飛び込める可能性が高まるのです。「ノー」という答えを引き出す質問を使えば、相手はあなたをはねつけたことで、主導権を握っているのは自分だと証明できた気になる。

上記のように「ノー」を解釈できれば、確かに本当の交渉は「ノー」の後から始まると考えられるでしょう。

多くの人は拒絶に傷つきます。

営業の厳しさはノルマ達成に対するプレッシャーだけではありません。人から拒絶されることが少なくないことも大きな要因です。営業が、感情の抑制や鈍麻、緊張、忍耐などが必要になる「感情労働」に分類されることがあるのは、こうした側面があるからでしょう。

しかし、この拒絶を乗り越えたところに交渉の糸口があるなら試してみる価値はあるかもしれません。ちなみにフレデリック・ニューマン医学士は、成功の見込みを考えると、拒絶への耐性がつくと書いています。

説得のポイントは「要約」

では、実際に「ノー」と言われた人は、どうやって相手を説得することができるのでしょうか?
『逆転交渉術 まずは「ノー」から引き出せ』は、ポイントは要約だと指摘しています。要約を相手が聴いて、「そのとおりだ」と思ってくれれば交渉は成功するのだそうです。

「ノー」と言われた後に会う時とは、相手の興味のあることや情熱を傾けていることに話を振って、そこから要望や欲求を聴きだし、それを要約すればいいそうです。例えば「〇〇に情熱を傾けていらっしゃるから、〇〇のような製品が欲しいんですね」といった形で要約し、相手から「そのとおりだ!」と言われれば、商品の売り込みも難しくないそうです。

問題は相手の情熱や要望と一致するような話の展開をつくれるかでしょう。

ただし最初の「ノー」が、交渉の余地もないほどの拒絶である可能性も忘れないようにしましょう。

心理学を活用したコミュニケーションについて興味のある方は、こちらもご覧ください。

参考:『逆転交渉術 まずは「ノー」から引き出せ』(クリス・ヴォス タール・ラズ/早川書房)/『すぐ試したくなる! 実践 心理学大全』(おもしろ心理学会/青春出版社)

関連記事

交渉前に確認しておきたい4つポイント... 交渉に挑むとき、多くの人は互いの条件に注目しがちです。しかし交渉するのは人間同士、条件だけが交渉を決定する大きな要因ではないことも多いのです。そこで交渉に臨む前に注目すべき要因をまとめてみました。 条件と同じぐらい重要なことは? 困難な交渉に挑むに当たって、条件や譲歩できるポイ...
交渉を成功させる意外なポイントって?... ビジネスに交渉はつきものです。では、どんなふうに交渉すれば成功するのでしょうか? 巧みに言葉を操って、全ての利益を総取りする。そんなイメージを持っているなら要注意でしょう。それは圧力の掛け合いになる可能性が高いからです。もっと日常に取り入れやすい交渉術を活用しましょう。 相手をコント...
決断できない人が抱える不安に対処する3つの方法... 決断するのが苦手、一歩を踏み出すのが難しい。そんなタイプの人はいませんか? 慎重さは大切なことですが、決断を下せないことに、自分自身で苛立ってしまっているようなら、改善する必要があるかもしれません。 やらない後悔は大きい 優柔不断で決断を下せないタイプの人は、リスクを取ることへ...
怒りや失望など「負の感情」をコントロールする方法... 思いのほか強い自分の負の感情に振り回され、疲れを感じていたりしませんか? 「もう顔を見るのもイヤだ!」と感じたり、相手を消してしまいたいと思うほどの怒りを感じたり。そんな負の感情への対処法をお伝えしましょう。 些細な怒りを放っておいた結果 ちょっとしたイラつきや怒りなどは、誰も...
日常生活に役立つ「説得」の3ステップを修得する!... どうしても相手を説得したいとき、必死に説得できそうな材料を集めていませんか?じつは、それこそ失敗の第一歩!データで相手を説得するのは厳禁です。相手が気分よく同意してくれる方法を紹介しましょう。 説得の回避が問題を大きくするかも 「パートナーの実家に行きたくない……」「外食をした...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です