雇用環境の変化で性格が変わる!?つらいときに試したいリラクセーション法を紹介

雇用環境の変化で性格が変わる可能性があることを知っていますか?仕事環境が不安定だと、性格も変わっていってしまいがちだという研究成果がオーストラリアで発表されました。コロナ禍で経済的地盤が不安定になる中で、どんな対処をすべきなのかを調べてみました。

  • 協調性が低くなり、落ち込みやすくなる
  • 米国では従業員の「幸福トレーニング」が増えている
  • 必要なのは古雑誌とノリと画用紙

協調性が低くなり、落ち込みやすくなる

気を付けたいのが、雇用環境が不安定になったときの自身のメンタルヘルスケアです。オーストラリアで9年にわたって、約1000人の労働者を調査した結果によれば、慢性的な不安定雇用が4~5年続くと、先行きの不安から性格が変化してしまう可能性があるというのです。

この研究によれば、ビッグファイブと呼ばれる5つの性格の要素のうち協調性と誠実性が低下し、神経症的になるリスクがあるそうです。

つまり、思いやりや献身的な行動と結びつく「協調性」と、規律や責任感、まじめさといった項目と結びつく「誠実性」が低下する傾向がみられ、感情面・情緒面で不安定さを示す「神経症的」な色合いが強まってしまうというのです。ただし積極性、社交性、明るさに通じる「外向性」には影響を及ぼさないそうです。

米国では従業員の「幸福トレーニング」が増えている

仕事の安定は会社の方針はもちろん、その国の政策とも結びついています。キャリアアップのための自己研鑽も大切ですが、キャリアアップで必ずしも雇用環境が良くなるわけではありません。むしろ雇用状況に関係なく、性格のマイナスの変化を防ぐ必要があるのではないでしょうか。

米国の心理学者であるマークトラバーズ博士は、米国の企業などが導入している、目標設定や笑いヨガ、気分認識トレーニング、瞑想などの「幸福トレーニング」を通して、雇用環境に関係なく幸福でいられる心理状態でいられるようにすべきだと指摘しています。

ここでは神経症的な傾向が強まらないユニークな方法を紹介します。

必要なのは古雑誌とノリと画用紙

用意するのは古雑誌とノリ、画用紙です。なるべくビジュアル的な雑誌を選ぶといいでしょう。1時間ぐらいで雑誌をパラパラめくって気になった写真などを切り抜き、画用紙に貼っていきましょう。

もともとセラピーとしてコラージュ療法は発展してきましたが、帝京平成大学の鵜木恵子教授は、手軽なリラクセーション方法としても効果があると書いています。

童心にかえったようで楽しいうえに、自分自身への洞察が深まるといった効果があるようです。切り抜いて貼るのを繰り返すなかで、自分の仕事のとらえ方も変わってくるかもしれません。

何だか落ち込みやすくなったなと感じたら、雑誌をめくって好きな写真を切り抜いてみてはいかがでしょう。

コラージュは、予想より出来上がりがキレイなことが多く、作品をつくった満足感も得られやすいリラクセーション法です。

今日は不安定な雇用環境が性格を変えてしまうという実験結果と、落ち込みやすくなったときに試したい、ちょっと珍しいリラクセーション法をご紹介しました。

心理学を活用したライフハックに興味のある方は、こちらもご覧ください。

監修:日本産業カウンセラー協会

参考:「神経症傾向者に対する効果的なリラクセーション法の検討 ―コラージュ制作と自律訓練法の比較―」(鵜木恵子)/「Effects of chronic job insecurity on Big Five personality change」(Chiahuei Wu/Ying (Lena) Wang/Sharon K Parker/Mark A. Griffin)/「How Job Insecurity Can Change Your Personality」(Mark Travers Ph.D./Psychology Today)

関連記事

先の見えない不安に効く「ネガティブ・ケイパビリティ」ってなに?!... 先が見えなくて不安になるといったことは、誰にでも起こるでしょう。合理的な解決がかなわない、袋小路に陥ったときにこそ活用したい能力があります。それが「ネガティブ・ケイパビリティ」。一体どんな能力なのかをまとめてみました。 答えの出ない状況に耐える困難な時代にこそネガティブ・ケイパビリテ...
イライラから解放される!ストレスの伝染を軽減させる3つ方法... 誰かが笑っているのを見ると、「つられ笑い」してしまった経験はありませんか? あるいは他人のあくびがうつったと感じたことは?じつは笑いやあくびだけではなく、ストレスも伝染します。そこでストレスの伝染防止法を紹介します! ストレスの伝染で生存率アップ 店主が怒鳴っているようなレスト...
心理学で判明!どうしてUFOに誘拐される米国人が多いのか!?... 6月24日は「UFOの日」。そこで心理学で研究対象となったUFO関連現象を調べてみました。すると意外なことに研究されていたのは「アブダクション」(宇宙人による誘拐)でした! 11人集まれば1人からは「アブダクション」体験が聞ける!?どうして曖昧な記憶が宇宙人と結びつくのか?幻覚が起き...
大注目!時間に追われている人のストレス解消って?... ストレス解消の方法は、いろいろあります。その中でも、近年、注目を集めている方法があります。特に時間が足りない、心の余裕がないと感じている人にお勧めの方法です。 キーポイントは畏怖の念時間に追われている人にも畏怖の念を覚える5つの方法 キーポイントは畏怖の念 近年、心理学の...
「ありのままの自分」で過ごせない人が気を付けたい、たった一つの事... 仕事のときは、本当の自分ではないと感じている人も少なくないかもしれません。実際は穏やかな性格なのに厳しい姿勢を崩さなかったり、実際は内気なのに外交的に振る舞ったり。そんな人にはちょっと注意してもらいたいことがあります。まとめておきましょう。 性格を決定する要素は3つ性格を変えた自分は...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です