ネガティブな想いにとらわれ続ける「反すう思考」を止める3つのステップ

ずっとネガティブな想いが頭を回り続けてしまう。そんな状態に悩んでいませんか? 気づくと同じようなことを考えて落ち込んでしまう「反すう思考」。その危険性と対策についてまとめてみました。

  • ストレスから無気力になりやすい!?
  • 反すう思考から抜け出す3つのステップ

ストレスから無気力になりやすい!?

「なぜやらなかったんだろう」
「あんない言い方しなければよかった」

「私はどうしてこんな性格なんだろう」
気づけば過去の失敗などを思い出し、自責の念や屈辱感が頭を回り続けているといった経験は、けっこうあるものです。ただ、それがあまりにも続くようなら要注意でしょう。

こうしたネガティブな想いがぐるぐると頭を巡ってしまうことを反すう思考と呼びます。

「反すう」とは、牛などが飲み込んだ食物を胃から口に戻して改めて飲み込むこと。そのため牛は長時間モグモグと口を動かし続けるのです。そんな牛たちと同じように、ネガティブな想いにとらわれてしまうのが、反すう思考なのです。

イェール大学のスーザン・ノーレンホエクセマ氏の研究によれば、「反すう思考」の傾向が強い人ほど落ち込みやすく、ストレスから無気力になりやすいのだそうです。カリフォルニアで発生した地震の後の調査でも、反すう思考傾向の強い人は抑うつ傾向が高かったと報告されています。

特に注意したいのが、「どうして自分は失敗ばかりしてしまうのか」といった自己分析に向かうのではなく、環境や他者への不満を募らせるパターンです。「こうだったらよかったのに」といった想いが、ずっと頭を回ってしまうようなら要注意でしょう。

反すう思考から抜け出す3つのステップ

アイリーン・ケネディ・ムーア博士は、反すう思考から脱するための3ステップを示しています。順番に説明していきましょう。

①反すうしているタイミングを知る
通常、反すう思考が発生する状況は決まっています。一人で食事をしているときや夜にボーっとテレビを見ているときなど、「反すう思考」が活発化する時間帯や状況が決まっています。

そのタイミングを認識することで、「反すう思考」に陥らないように対策を打てますし、人によっては「反すう思考」の時間を少なくすることができるようです。

②反すう思考を別の行動にシフトする

人は考えないようにすると、より考えてしまうというやっかいな性質を持っています。「シロクマのことを考えるな」と命令されると、「シロクマのことを覚えておくように」と言われた場合より、深く記憶に刻まれてしまうといった心理実験もあります。

これは反すう思考にも当てはまります。反すう思考から抜け出すためには、考えないようにするのではなく、考えなくて済むような行動を起こす必要があるのです。

最も手っ取り早いのが夢中になれる事。ジェットコースターに乗りながらネガティブな想いを反すうするのは容易ではないでしょう。ネガティブな想いとらわれないような行動を、反すう思考が起きやすいタイミングに実行すればいいのです。

散歩やランニングもいいでしょうし、友達と話したり、本を読んだりすることもアイリーン・ケネディ=ムーア博士は推奨しています。少し変わったところでは、切り絵を推奨している論文も発表されています。手先への集中が必要なこともあり効果が高いようです。

③問題解決に集中する
反すう思考は、「どうして〇〇なんだろう」といった答えのでない問いを繰り返すことが多いようです。だからこそ「これを解決するためには、どうすればいいんだろう」「状況を改善するために、私は何ができるんだろう」「再発しないようにするにはどうすればいいんだろう」「この経験から何を学ぶことができるんだろう」といった問題解決に向かう問いを自分に発すれば、突破口が見えてくる可能性があるそうです。

また、自分では問題に対処できないと感じたら、「誰が私を助けることができるのか?」と問うのがいいそうです。

今日はネガティブな想いにとらわれてしまう反すう思考への対処法をまとめてみました!

日々の生活に使える心理学の活用法に興味のある方は、こちらもご覧ください。

監修:日本産業カウンセラー協会

参考:「How to Stop Overthinking Things 」(Eileen Kennedy-Moore Ph.D./Psychology Today)/「高反すう傾向者をターゲットとした気晴らしの有効性についての検討―注意状態との関連から―」(石川遥至)

関連記事

ネガティブな情報の収集がやめられない「ドゥームスクローリング」の危険性... 悲惨なニュースばかりをネットで追いかけ続け、気づいたら数時間が経過している。そんな行動を繰り返していませんか?それは欧米でも話題の「ドゥームスクローリング」かもしれません。その対処法についてまとめてみました。 スマホでの不安解消が逆効果に1日10回以上の情報収集が2割も時間を制限する...
落込みがちなあなたに、自己肯定感を高める3つのメソッド... 自信がなくて、落込んでしまう。そんな気持ちになっているのは、自己肯定感が低いからかもしれません。そこで自己肯定感を高める方法を調べてみました。少しでも前向きになりたいと感じた人は試してみてくださいね。 ありのままの自分を肯定する心のゴミを捨てる心のクセを直す独り言を変える あり...
心理学を活用して衝動買いを抑える方法6選... 衝動買いをすることはありますか? じつは衝動買いは、心理学の研究対象でもあります。そこで衝動買いしやすいタイプや衝動買いを抑える方法について調べてみました。 衝動買いをしやすいタイプって?疲れているときにショッピングをしないショッピングの前にお茶やコーヒーを飲まないお金に余裕...
どんな行動が習慣化するの? 行動を習慣化させるメカニズムとポイント... 続けたいと思っているのに習慣化しなかったり、止めたいと思っているについつい繰り返してしまったり……。思い通りに習慣化するのは意外に難しいもの。そこで習慣化のメカニズムについて解説しましょう。 「きかっけ」と「報酬」が必要どうして歯が磨きたくなるの?欲求が習慣をつくる悪習慣は別の行動に...
コンプレックスを解消する4つの方法 誰にでもコンプレックスの一つや二つはあるもの。問題はそうしたコンプレックスとの付き合い方でしょう。今日は『自己評価メソッド』(クリストフ・アンドレ/紀伊國屋書店)からコンプレックスへの対処法を紹介しましょう。 やってはいけない2つのことコンプレックスを持った原因を考えるコンプレックス...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。