元気がない人に贈るモチベーションアップ4つのヒント

どうもエネルギーが足りないというときは、誰にでもあるもの。ただ、そこからどうやって抜け出すのかは、意外にわからないものです。そこで元気がでない状態にヒントになる方法を探してみました。

  • ①トラブルを解決した後の目的地を考える
  • ②意識を他人にシフトする
  • ③願望を定義する
  • ④人生のリストをつくる

①トラブルを解決した後の目的地を考える

何かしらのトラブルを抱えていることで、元気が出ないケースもあるでしょう。「なんでできないんだろう」「どうしてこうなってしまったんだろう」と、トラブルの原因を考えているときは、当たり前ですが元気など出ないでしょう。

人生が変わってしまうほどのトラブルではないにせよ、何となく心に引っかかっている小さなトラブルがある。そんなときは原因をいくら考えても気持ちが晴れません。

むしろ何が起こっているのかを、正確に把握してみましょう。実際に何が起こり、関係者は何を主張しているのか、紙に書き出してみると、少し客観的にトラブルをとらえられるようになります。

そのうえで「状況がどうなればいい?」を自分に問いかけ、トラブル解決の目的地をハッキリとさせるようにします。例えば、改めて考えてみれば悪縁を断つ絶好の機会だったと思えるようなら、この段階で悩んでいるのがバカらしくなるかもしれません。

さらに「解決したらどんな、気分になるのか」を考えて、少しでもさわやかな気持ちでトラブルに向き合うと解決法も思いつきやすくなるそうです。

②意識を他人にシフトする

「仕事もプライベートも面白くない、給料も安いし……」といった愚痴がこぼれてしまうようなら、欲しいものを手に入れようとするのをやめて、相手が欲しいものを手に入れられるように手伝ってみる。そんな方法を勧めている本があります。

自分のモチベーションを高めたいなら、まず周りの人のモチベーションを上げてみる。自分の給料を上げたいなら、クライアントの利益を上げるたり、上司の仕事がうまくいくように協力してみる。意識を自分から他人にシフトするだけで、世界が違って見えるそうです。

実際、自分のために動くより、家族やパートナーのために動くことで力が出るといったこともあるでしょう。周りの人が心地よく動けるように努力することで、自分のエネルギーが戻ってきたということもあるでしょう。

いまいちエネルギーが出ないと感じたときほど、自分から他人に意識をシフトするチャンスかもしれません。誰に何をしたいのかを考えてみましょう。

③願望を定義する

「もっと元気になりたい」「もっとお金持ちになりたい」「生活にゆとりがほしい」。こんな言葉が口をついて出てきたときに考えてもらいたいのが、「元気」や「お金持ち」「生活のゆとり」の定義です。

私たちの多くは、定義がハッキリとしない願望を持ち、それが叶わないことに不満を感じています。そうしたぼんやりしている願望をしっかりと定義することで、世界の見え方は変わってきます。というのも定義がハッキリしなければ、私たちは体験できないからです。

どれだけ稼いでも上には上がいますので、「お金持ち」の定義がハッキリしなければ、何となくお金が足りない人であり続けます。ところが年収で「お金持ち」を定義すれば、あといくら足りなくて、それを実現するためには何が必要なのかを考えることができます。

また「いい仕事がしたい」といった願望を取り上げ、「いい仕事」の定義をしっかり考えることで、現状を肯定できるようになるかもしれません。

自分の心の中にくすぶっている願望を取り上げ、具体的に考えてみることは、元気が出ない状態からの脱却に効くかもしれません。

④人生のリストをつくる

イベント前の買い出しをするとき、買い物リストをつくる人も多いでしょう。買い忘れる心配も減りますし、逆に無駄な買い物を減らすこともできます。

しかし自分の人生に必要なモノをリスト化している人は、それほど多くありません。「死ぬまでにしたいことリスト」「食べてみたい食事リスト」「一生付き合いたい人リスト」などなど。

さまざまな人生のリストを作成し、それをチェックすることでモチベーションも高まるそうです。やらなければいけない仕事を「ToDoリスト」にして整理するだけではなく、人生でやりたいこともリスト化してみましょう。

当たり前ですが、やらなければならない事だけがリスト化され、その処理に追われるより、自分がやりたいことをリスト化し達成のために動く方がエネルギーも湧いてきます。

今日はちょっと元気がないときのためのヒントを集めてみました。気になったものがあれば、すぐに試してみましょう。

人の心のしくみについて興味のある方は、こちらもご覧ください。

監修:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会

参考:『がらっと自分の「性格」を思いのままに変える方法』(山﨑拓也/サンクチュアリ出版)

関連記事

イヤなことを積極的に実行できるテクニック3選... 大人になると、イヤなことをしなければならない機会も出てくるものです。ただ我慢を重ねればいいというものではありません。そこでなるべく楽しく積極的に、イヤなことを実行できるような方法を調べました! ①楽しく実行する自分を思い描く ②楽しそうに実行している人を意識する ③少額...
成果は出るのに不幸になる「強迫的情熱」を知っていますか?... 情熱に2つの種類があるのを知っていますか? 情熱さえあれば、状況は好転できると考えているなら考え直した方がいいのかもしれません。状況も好転しない、自分をも幸福にしない情熱について考えてみました。 仕事だと見過ごされる危ない情熱成果は出るけれど笑顔が消えて、違法行為も…… 仕事だ...
「やる気が続かない」ときに活用したい感情の力... やる気はどうして続かないのでしょうか?多くの人は意志が弱いからだと考えています。しかし重要なのは感情を使い方ではないかという研究が進んでいます。紹介しましょう。 意志力の限界感謝日記をつけてみる小さな成功を祝う 意志力の限界 やる気を継続して、努力し続けることの重要性は改...
やる気を引き出す4つのステップ! どうしてもやる気が出ない。そんな日は誰でもあるもの。でも、待っていてもやる気が出てくることはないそうで?!そこでやる気を引き出す方法について調べてみました。 「やる気」なんて存在しないできるだけタスクを細かくわける報酬を設定するやることをイメージする「イエスセット」を自分に仕掛ける ...
元気を取り戻すための4つのステップって?... 落ち込んでいるとき出口が見つからないと思うことはありませんか?何をするのも面倒だし、すべきことははかどらない。何だか人と話すのも面倒だったり。そんな人にお勧めしたい元気になるための4つステップを紹介します。 落ち込んでいる人の目標の特徴って? 英国リヴァプール大学のジョアン・デ...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です