性格の悪い人にも有効!? 正しい行動をしたくなる3つの方法

あなたは性善説と性悪説、どちらを信じていますか? サイコパスなど、近年はもともと性格がねじ曲がっている人が話題になったりしますが、じつは環境も人の行動に大きな影響を与えることがわかっています。そこで悪事をしにくい環境についてまとめました。

  • ①死について考える
  • ②幽霊や神様を意識する
  • ③明るい場所で

①死について考える

善い行いをしたいと思うのは、どんなときかについては心理学でわかっていることがあります。それは「スクルージ効果」というもの。これはチャールズ・ディケンズの有名な小説『クリスマス・キャロル』の主人公にちなんで名づけられたもので、人は死を意識すると、善行を積みたくなるというもの。

この効果の証明を、ドイツのルードヴィッヒ・マクシミリアン大学のエヴァ・ジョーナスがしています。テストは通行人に10個のチャリティー活動について、どれだけ有益か1点~10点で評価してもらうもの。ただし場所は2つに分けました。1つは葬儀場の前、もう1つはそこから150メートル離れたところで行ったのです。

結果、葬儀場の前では平均50.75点、離れた場所では平均43.93点だったのです。ほとんど同じ地域の調査なのに、これだけ違いがでたのは、葬儀場の前でアンケートを受けた人が死を意識したからだと考察されています。

死を考えてから社会貢献に目覚めるといった行動は、皆さんも聞いたことがあるかもしれませんね。「死について考える授業」などを生徒に実施する学校もあるようです。近年では入棺体験など、死について真剣に考える大人を対象としたイベントや講演があります。より正しく生きようとするためのきっかけとして、出かけてみるのもいいかもしれませんね。

②幽霊や神様を意識する

死を意識するのではなく、幽霊を意識すると悪事をしにくくなるという研究結果もあります。

実験したのは、米国アーカンソー大学のジェシー・べリングです。
実験参加者にコンピュータで問題を解いてもらいます。ただプログラムのバグで、たまに正解が表示されることがあること。そうなったらスペースキーを、すぐに押して正解を消してほしいと伝えました。

そしてスペースキーを押すまでの時間を測ったのです。カンニングしてから押すのか、正解が出てすぐに押すのかを確かめるためでした。そして1つのグループには、「この実験室は、かつて突然死した学生の幽霊がいるといわれていますが、あまり気にせずに」と伝えました。

結果、幽霊のことを伝えたグループの平均は約4秒でスペースキーを押し、そうではないグループの人達は平均7秒でスペースキーを押したのです。

これは「神様が見ている」とか、「お天道様が見ている」と言われたときの心理と同じようなものだそうです。人間でなくても、誰かが見ていると思うと、人は不正を働かなくなるようようです。
「因果応報、お天道様は見逃さない」。今ではあまり聞くこともなくなった考え方も、人を正直にする可能性がありそうです。

③明るい場所で

真っ暗な夜に犯罪が横行することは、よく知られています。しかしちょっと暗いといった状況でも、人の行動が変化するのを知っていますか?

カナダのトロント大学のチェン・チョンは、数学の問題を解き、自己採点して、正解数に合わせて封筒からお金を抜いていく実験をしました。つまりいくらでも不正ができる状況で、封筒からすきなだけお金を抜き取れる状況を整えたのです。

その上で、1つのグループは蛍光灯が12本ついた部屋で実験し、もう1つのグループは蛍光灯を4本しかつけない部屋で実験しました。結果、明るい部屋では平均7.78問解けたと採点し、暗い部屋の人は平均11.47問解けたと採点したのです。
金額にすると、1.85ドル暗い部屋の人が明るい部屋の人より多くもらったことになるそうです。

またこのテストの後に、本人達から正解の水増しの有無を質問すると、暗い部屋では60.5%の人が、明るい部屋では24.4%の人が水増ししたと答えたそうです。

つまり証明を明るくするだけで、人は正直になるというわけです。

不正をさせないためには、監視が重要と考える人も多いでしょう。
しかし死について考えたり、幽霊や神様を意識したり、明るい場所で活動させるだけでも、人は善良になることが心理学で証明されているのです。嘘ばかりつく人や、意地悪な人の行動を変えるのに、こうした知識は役立つかもしれませんね。

人の心のしくみについて興味のある方は、こちらもご覧ください。

監修:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会

参考:『世界最先端の研究が教える もっとすごい心理学』(内藤誼人/総合法令出版)

関連記事

ウソを見破りたいなら目を閉じろ!? 人は1日に200回はウソをつくと言われています。たいがいは人を傷つけない他愛のないウソです。その中には仕事上、どうしても必要だったハッタリなども含まれます。では、そうした数多くのウソを見破るには、どうしたらいいのでしょうか? 3つのしぐさでウソを見破る脳のトラブルは声に表れる低い声で...
「ネットサーフィンで1日が過ぎてしまった」と感じたら変えたい3つの環境... 誘惑の多い環境の中で、物事をやり遂げるためにどうしたらいいのかは、現代人の大きな問題なのではないでしょうか。ネットサーフィンで休日が過ぎてしまった。そんな「後悔」を生み出さないポイントについて、解説したいと思います。 誘惑の多い現代社会経済も体重も環境が影響!?環境を変える3つのポイ...
クライアントの感情を動かしたいなら、メールより絶対電話!耳元でささやく心理効果... 頑ななクライアントを口説き落としたい、どうしても欲しい契約がある……。そんなとき、あなたはどうしますか。クライアントの感情を動かしたいなら、絶対に電話がいいと、心理学が教えてくれます。 電話詐欺に騙されてしまうのは「電話だから」! 電話でのコミュニケーションの特殊性 耳元でささや...
「時間管理」にも「コスパ重視」にも疲れたあなたが考えるべき本当の時間の使い方... コスパにも気をつけているし、時間管理もしっかりとやっている。それなのに何だか満足感が薄い。自分の時間の使い方は本当に合っている? そんな思いが募ってきているなら、「選択肢」の数を減らしてみませんか。 多様な選択肢は魅力だけど選べない ウォーレン・バフェットの教え まず優...
イヤなことを積極的に実行できるテクニック3選... 大人になると、イヤなことをしなければならない機会も出てくるものです。ただ我慢を重ねればいいというものではありません。そこでなるべく楽しく積極的に、イヤなことを実行できるような方法を調べました! ①楽しく実行する自分を思い描く ②楽しそうに実行している人を意識する ③少額...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です